おそ松さんが売れた理由をわりと真剣に考えてみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

おそ松さんが売れた理由をわりと真剣に考えてみた

2016-02-15 23:34
  • 92
  • 12


おそ松さんのBlu-ray・DVDが初動7.9万枚(2週目9.2万枚)という驚異的な売り上げを記録しました。





これがどれだけすごいのかと言うと、

歴代累計平均ランキング(テレビアニメ、OVA) (集計期間1970年頃~2016年2月8日付)
*1位 530,536 FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
*2位 203,940 新世紀エヴァンゲリオン
*3位 194,709 機動戦士ガンダムUC
*4位 174,892 The World of GOLDEN EGGS
*5位 172,432 The World of GOLDEN EGGS SEASON 2
*6位 110,502 化物語
*7位 100,350 機動戦士ガンダム
*8位 *89,404 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
*9位 *84,256 魔法少女まどか☆マギカ
10位 *83,383 機動戦士ガンダムSEED
11位 *78,606 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (更新中)
12位 *78,391 機動戦士ガンダム0083
13位 *77,154 涼宮ハルヒの憂鬱
14位 *72,603 コードギアス 反逆のルルーシュ
15位 *69,736 ウサビッチ

○TVアニメ 先発1巻売上累計10000超作品一覧 2000年以降
(2005冬) 156,892 The World of GOLDEN EGGS
(2014春) 116,266 ラブライブ! 2nd Season
(2006冬) 100,458 The World of GOLDEN EGGS SEASON 2
(2013春) *83,683 進撃の巨人
(2009夏) *82,803 化物語
(2004秋) *80,635 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
(2011冬) *80,089 魔法少女まどか☆マギカ
(2015秋) *79,108 おそ松さん
(2002秋) *71,081 機動戦士ガンダムSEED
(2013春) *65,465 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%

(引用:アニメDVD・BD売り上げ一覧表まとめWiki)

おそ松さんは初動でこれだけの売り上げを記録したのだから凄いと言わざるをえないでしょう。


さてここまで売れたとなると色んなところで話題になりますよね。

「なぜこれほどおそ松さんは売れたのか?」





人気声優を集めたから? 腐女子にウケたから? リメイクだから?
色々理由は考えられますが、どれも決め手には欠けますよね。

なので、わりと真剣に「なぜこれほどおそ松さんは売れたのか?」ということについて考えたいと思います。



※追加注記※ 2016/2/18
この記事内では、
「女性向けアニメ」 メインキャラクターの半分以上が男性キャラ、かつ女性人気の高い声優が多く起用されている深夜アニメ(日5含む)
と定義しています。
この定義が正しいかどうかについては別の問題なので、ここでは問いません。
メインキャラは公式HPのキャスト表の上位にいる人たちを指します。




いろいろ理由について書いてたらずいぶん長くなってしまったので先に内容をまとめておくと、

・もともと女性向けアニメの数が少ないことに加えて、同じ話題で盛り上がりたい女性が多いため、人気の作品に人が集中しやすい。また、好きな作品以外に興味を持たないので、女性同士で信者とアンチに分かれて叩き合うことが少ない。(ただし行き過ぎたファンの行動などがよく問題視される)

女性人気の高い声優を起用したことが大きな宣伝効果となった上に1話のつかみがよく、腐女子・夢女子を始めとする女性オタクから絶大な人気を得た。

・日本人の誰もが知っている昭和漫画を親しみやすいキャラデザ銀魂スタッフがリメイクしたことにより、女性だけでなく一般層・男性層にも幅広く支持された。

・原作を尊重しつつもオリジナルアニメとして作られているため、原作を買う人が少なく円盤を買う人が多かった。



ざっくり言うと、

声優人気 + 腐女子人気 + 夢女子人気 + 銀魂人気 + おそ松くん人気 + オリジナルアニメ (+1巻収録の完全新作3.5話) = 7.9万枚

こんな感じです。たぶん。
前例として挙げるならば、恐らくガンダムSEEDの売れ方に一番近いのかもしれません。



詳しくは↓で長々と語ってるのでお暇な方は読んでみてください。





1.なぜ女性向けコンテンツの商品が売れるのか

「おそ松さん」に関しては、円盤以前に雑誌が爆売れしたというニュースがありました。
なぜ女性向けコンテンツの商品は売れるのでしょうか。


①女性向けアニメが少ないため、購入層が集中しやすい

近年コミックマーケットでは一般参加者の男女比がおよそ7:3~6:4だそうです。(参考:調査報告 - コミックマーケット)

しかしながら深夜アニメはまだまだ男性向けの作品が圧倒的に多い。

例えば2015年の深夜アニメ約150作品のうち、女性向けと思われるアニメ(メインキャラの半分以上が男性キャラ、かつ女性人気の高い声優が起用されている)は20作品ほどで、全体の1割程度です。

つまり1クールで女性向けのアニメは5作品ほどしかないんです。

2015年秋アニメで言えば、

おそ松さん
スタミュ
Dance with Devils
ハイキュー!! セカンドシーズン
K RETURN OF KINGS
終わりのセラフ(第2クール)
DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD
(ヤングブラック・ジャックとワンパンマンはメインキャラが少ないので除外。ノラガミは男女半々くらいなので一応除外)

の7作品でいつものクールよりも多めでしたが、おそ松さん・スタミュ・ダンデビ以外は2期ものなので新規層はほぼないと言っていいでしょう。となれば、女性はたった3つの作品から自分の見るアニメを決めるだけでいいんです。

もちろん他にも女性が楽しめるアニメはたくさんありますが、恐らく女性は男性と違って、重度のオタクであっても何本もアニメを見ることはせず気にいった作品だけをひたすら追いかけるという人が多く、キャラや声優を見て興味を持った数本のみをチェックしているのではないかと思います。

深夜アニメが増えても「女性をメインターゲットとして作られている」=「女性が興味を持ちやすい」作品はまだこれだけしかないことと、女性は好きな作品だけを楽しむ傾向があるということを考慮すると、人気の出る作品はクール内で1つか2つに絞られる上に、その作品に女性視聴者の大半が集中するので購入者数が膨れ上がると考えられます。



②女性は流行りのアニメを見たがる

あくまで偏見ですが、男性は流行りのアニメほど叩きたがる傾向があると思います。自分は周りとは違うアピールをしたがる人が多いといいますか。

しかし女性は逆に流行りのアニメほど見たがる人が多いのではないでしょうか。

みんなが見ているから自分も見る。
みんなが雑誌を買うから自分も買う。
みんながグッズを集めているから自分も集める。

このような同調性の高さが女性の特徴なのです。

Twitterでよく女性が「ジャンルの住み分け」について揉めたりしていますが、つまりは自分のTLを同じ話題で埋めたい人が多いということではないかと思います。

グループ内で友達がアニメの話で盛り上がっているなら、当然自分も見なければ話についていけません。
男性のオタクはとにかく数多くのアニメを見てどのアニメが面白いかを重視すると思いますが、前述のように女性オタクは「アニメを見る」ことよりも「好きなアニメを見る」ことに重きを置く傾向があるので、好きな作品についてだけわいわいおしゃべりできればいいのだと考えられますし、逆に言えば「みんなが好きな作品」を見ていなければ話題に取り残されます
そのため流行りのアニメを見る女性がどんどん増えていくのではないかと思います。

また、女性の多くは好きなものにしか興味がわかないので、男性オタクの間でよく起こるアンチと信者による叩きあいみたいなこともほとんどありません
ただし、先日も話題になったようにコンビニで商品の奪い合いが起こるなど、ファンの中でのマナー問題はよく騒がれています。アンチの作品叩きよりも、行き過ぎたファンの行動が問題視されるのが女性向けアニメの特徴かもしれません。



③女性は好きなものに貢ぐ人が多い

キャラの生誕祭での「祭壇」や「痛バッグ」など、女性はとにかく好きなキャラにお金を使いたがる人が目立ちます。

ジャラライバーのような男性もいますがあくまであれは外で周りにアピールするためのもの。同じグッズを大量に集めて家の中で飾っていたりするのは女性に多い傾向があると思います。

最近は特にそういう人が目立ってきているので、円盤はともかく雑誌の完売は1人で何冊も買っていたりするからかもしれません。



以上の理由により、女性向けコンテンツで人気の出た作品は売れやすいと考えられます。

ラブライブやガンダムSEEDなど、男性向けのアニメでも女性の人気を高く得たものほど売れているのもその証拠の一つではないでしょうか。




2. なぜおそ松さんがうたプリや黒子のバスケよりも売れたのか

女性向けアニメで人気の出た作品は今までたくさんありましたが、おそ松さんは何故それらの売り上げを塗り替えることができたのでしょうか。また、女性向けだけでなくその他の人気作品以上に売れたのはなぜでしょうか。


①腐女子にウケた

男性キャラ同士をカップリングさせることを楽しむ腐女子は女性アニメファンの最大勢力と言っていいでしょう。(実際の割合はそんなに多くないかもしれませんが、女性オタクの中では一番声がでかく集団で盛り上がるタイプ)  
なので彼女たちからの支持を得ることは良くも悪くも大きな話題を呼ぶことになります。
二次創作(同人活動)が盛んであることが特徴で、最近のアニメでは黒子のバスケ・ハイキュー・Free!・タイバニなど主にジャンプ漫画やスポーツものが挙げられます。

おそ松さんは、

六つ子の男の子たちが兄弟同士でいろいろやっている。
キャラ一人ひとりの性格が際立っている。
声優の個性が活かされている。
女の子キャラが邪魔ではない。

このあたりが腐女子人気の理由でしょうか。

因みに乙女ゲー原作のうたプリは意外と腐女子人気は高くありません。もちろん腐女子の方で好きな人も多いと思いますが、二次創作では人気のジャンルとは言えません。3期放送直後のC88でもBASARAやジョジョと同じくらいのサークル数でした。

おそ松さんのキャラについて、イケメン同士でなくていいのかという疑問があるかもしれませんが、腐女子のようなオタク女性はイケメンでなくとも好きなキャラならいくらでも萌えられる人種。忍たまなどの腐女子人気の高さからしても、女性にとって男キャラの外見はさほど重要ではないことがわかります。

もしイケメンがいいのであれば、二次創作でイケメンにすればいいだけの話。昔も今もコミケでは女性のサークル数のほうが多いように、同人活動が盛んな女性だからこそむしろイケメンでないほうが自分の絵にしやすく(かつ自分好みの絵を探しやすく)なるのかもしれません。



②夢女子(乙女ゲー好き)にウケた

夢女子はキャラと自分を恋愛させる人のこと、乙女ゲーム好きに多いと言われています。キャラに恋するタイプでアイドルものと相性がよく、最近のアニメではうたプリ一強でしょうか。

おそ松さんが彼女たちの人気を得た理由はEDにあります。

EDで六つ子たちが「今彼氏いるの?」「キミって笑顔が可愛いよね~」「俺を、養わないか?」などなど語りかけており、見ている女性はまるで彼らの彼女になったような気分を味わえるのです。しかも週替わりで一人ずつ言葉が変わるのだから当然自分の好きなキャラが何を言ってくれるのかと期待もする。

これが夢女子人気に繋がっているとtwitterで見かけてなるほどなと納得しました。

また、六つ子たちがニートのダメ男というのも女心を上手くつかんでいます。
普通ならイケメンのアイドルキャラに貢ぐんですが、彼らには養ってあげたいと思わせるダメダメなかわいさがある。そこがニクいところですね。
因みに貢ぐ・養う系の人はお金も持っている(そのために働いている)ので惜しみなくグッズや円盤につぎ込みます。



③ライト層・一般層・男性層にウケた

おそ松さんは女性人気だけではなく、男性やあまり熱心にアニメを見るタイプでない人からの支持も、他の女性向けアニメに比べて高いと思われます。

なぜこういう人たちに人気が出たのか。

・原作の人気の高さ
シェーが社会現象ともいえるムーブメントを巻き起こした誰もが知っている原作なので、「とりあえず見てみよう」という人が多かったはずです。
しかも60年代・80年代と2回もアニメ化されているので好きだったという世代はかなり広いでしょう。

・過度なイケメンではなく誰もが見やすいキャラクターデザイン
うたプリのようなイケメンキャラのアニメは、それだけで「女性オタクのためのアニメ」というレッテルが貼られ一般層や男性層からは避けられます
しかしおそ松さんは原作準拠のキャラデザなので、女性向けの雰囲気を弱めています。
かつ今風のゆるめのかわいさが、ライト層の女性にもウケやすいデザインになっていると思われます。

・銀魂スタッフ
ジャンプ漫画の銀魂の人気を加速させたとも言われるアニメ。これを手がけたスタッフが作っているのだから、どうすれば視聴者に楽しんでもらえるかを心得ているはず。銀魂は少年漫画なので男の子向けにも一般向けにも見やすくなるよう作っている印象が強いです。それがおそ松さんにも活かされているのではないでしょうか。
パロディーが多かったり、1エピソードが短かったり、誰でも気軽に楽しめる要素の多さも人気の秘訣だと思います。

このような理由により、女性向けでありながらも幅広い層で楽しめる作品になったのではないかと考えられます。



④宣伝効果抜群の人気声優を起用した

どれほど面白いものを作ったとしても、そもそも多くの人に見てもらわなければ面白さは伝わりません。
いくらおそ松くんが有名だとはいえこのアニメを女性が見たがるかと聞かれれば当然NO。同クールで30年ぶりに新シリーズを放送したルパンがその良い例です。

そこで、女性人気の高い声優のキャスティングです。

人気の声優を起用するのは、ただ人気を得たいためというより、まず見るアニメとして選んでもらうためといっていいでしょう。
また、人気声優を集めるとニュースやまとめ系サイトで取り上げられるため、CMを流すよりもずっと簡単に高い宣伝効果を期待できます。ジブリがよく有名俳優を使うのもそのためです。

人気声優を起用することで放送前から話題を集めると同時に、女性に対して大きな「エサ」を用意したことが、人気を呼ぶ布石となっていたのです。



⑤1話のつかみがよかった




いくら原作が有名で人気声優が起用されたとはいえ、昭和のギャグアニメがここまで人気になるとは誰も予想していませんでした、1話が放送されるまでは。

女性向けアニメのパロディーをふんだんに取り入れたこの1話は、人気声優に釣られて見た人たちに、この作品が「オタクのためのアニメ(特に女性向け)」であることをわかりやすく示してくれました。
そうなると女性たちは当然、学校やtwitterのTLで「すごく面白いアニメが始まったよ!」と話題にします。そうすれば前述したとおり、興味を持っていなかった人たちまでもが一斉に見始め、そしてハマる。

この流れを見事に生み出した1話は最高のつかみだったと言えるでしょう。

いくら美味しそうな「エサ」が用意されても「釣り針」がよくなければ「魚」は引っかかりません。人気声優(大きなエサ)を使ったうえで、引きのよい1話(大きな釣り針)が用意されたからこそ、女性ファン(大量の魚)が食いついたというわけです。

女性だけでなくとも、わかりやすいパロディーのオンパレード、しかも際どいネタばかりと、男性たちの間でも大きな話題になったので、やはりアニメの1話として完璧な構成だったと思います。

もちろんこれによって男性の中でアンチも格段に増えたわけですが、かわいい女の子キャラが皆無に近い状態では男性の円盤購入層まで取り込むなんてもとより不可能なので、男性の間でどれだけ荒れようとも関係ありません。男性アンチの声がいくらでかくても、女性層や一般・ライト層に届かないでしょうしね。
ここらへんが男性人気を集める作品との違いでしょうか。

また、この1話はパロディーが良かっただけではありません。
1話の絵コンテを担当した本多康之さんという方は、神回と名高いグレンラガン11話(シモン復活回)や、絶賛されている神様はじめました7話(参考:神様はじめましたの7話がやべーぞ!!!!)、アイカツ!20話(参考:そうだ アイカツ!20話Aパート、観よう。)などのコンテを担当している人なんです(正確に言うと山本航さんとの共同絵コンテですがこれまで作監しかされてない人のようなので)
つまり演出に定評のある人をわざわざ起用し、よりインパクトのある1話を作りだしたということでしょう。因みに本多さんは今のところこの1話しか参加していません。

(参考:演出@wiki - 本多康之)


ところで、この1話が円盤には収録されず、完全新作の3.5話が1巻に収録されているというのは案外重要なことかもしれません。

地デジ化が進んで久しい昨今、気に入ったアニメは録画したものをディスクに焼くだけで円盤は買わないという人も多いでしょう。しかし丸々1話分が新規収録されるとなると、この1巻だけでも買いたいという人が増えた可能性があります。

もちろんギャグアニメなのでそこまでこだわらない人がほとんどという場合も考えられるので、これについては2巻の結果待ちということで。

ただ何となくですが、女性ってあんまり録画をディスクに焼いたりせずDVD買ってそうです。
グッズを集めるのと同じ感覚というか。
あと一応イベチケ効果もあると思いますが最近のアニメの円盤には大体ついてるので、ここまでおそ松さんが特別に売れた要素には加点しづらいかと思っています。



⑥超有名原作なのにオリジナルストーリー



通常、漫画原作のアニメはコミックスに購買層が流れてしまうため、円盤売り上げで覇権をとることがほとんどありません。1万枚は超えても2万までいくことはほとんどない。原作が4コマ漫画のけいおんと、原作よりも絵のクオリティーが高かった進撃の巨人という例外があるくらいです。
その点では同クールのワンパンマンの円盤も、原作(村田版)の完成度の高さやweb上で無料でほとんど読めてしまうというハンデを考えるとかなり売れた方だと思います。アニメーターの努力の賜物ですね。(夏目監督の作品が売れてくれてほんとよかった…)

それに対しておそ松さんは、原作が有名すぎるにもかからず全編オリジナルストーリーです。おそ松くんの漫画を買ったという人もいるかもしれませんが、アニメを好きな人は円盤を買わざるを得ません。オリジナルアニメに近いと言っていいでしょう。
だから黒子のバスケなどのジャンプ漫画原作のアニメよりも円盤の売り上げがよかったのだと考えられます。

また、これだけオリジナルであってもきちんと原作ファンが楽しめているということが大きいです。
話自体が面白く作られているというのもありますが、何より「おそ松さん」とタイトルを変更したこと、六つ子たちが大人になった設定にしたこと、キャラデザを変更したことにより、ある程度原作とは別物として捉えようという寛容な心を生まれさせたのも上手いやり方だったと思います。
まぁ原作自体もはやイヤミが主人公みたいになっていたりするので柔軟性が高いんですよね。

原作尊重の心を忘れずオリジナルアニメとして作られていることが円盤の売り上げ増大に繋がったんだろうと思います。



以上の理由により、今までの女性向けアニメやその他の人気作品よりも売り上げが伸びたのではないでしょうか。




一番上に書いているので繰り返しになりますが内容をまとめると、

・もともと女性向けアニメの数が少ないことに加えて、同じ話題で盛り上がりたい女性が多いため、人気の作品に人が集中しやすい。また、好きな作品以外に興味を持たないので、女性同士で信者とアンチに分かれて叩き合うことが少ない。

・女性人気の高い声優を起用したことが大きな宣伝効果となった上に1話のつかみがよく、腐女子・夢女子を始めとする女性オタクから絶大な人気を得た。

・日本人の誰もが知っている昭和漫画を親しみやすいキャラデザで銀魂スタッフがリメイクしたことにより、女性だけでなく一般層・男性層にも幅広く支持された。

・原作を尊重しつつもオリジナルアニメとして作られているため、原作を買う人が少なく円盤を買う人が多かった。

こんな感じじゃないでしょうか。



オリジナルアニメは円盤が売れやすいけれどアニメ開始前のファンがいない分人気を得づらい。

原作つきアニメは原作ファンが多いほど人気を得やすいが、原作購入に流れるため円盤が売れづらい。(しかも原作信者がアニメアンチになりやすく荒れやすいリスクがある)

おそ松さんはそれぞれのいいとこどりをしているので爆発的に売れたんだと思います。

恐らくガンダム作品がこういう形で売れやすく、特にガンダムSEEDが売れた状況に近いと思いますが、当時今ほどネットが盛んではなかったのが大きかったでしょう。ガンダムシリーズは年々ガノタ同士の叩きあいが激しくなっているようなので、最近はなかなか新作が売れづらいじゃないかなと。(UCとか売れているから違うのかも)


女性向けアニメの中だと腐女子と夢女子(乙女ゲー好き)のどちらにも人気が出たというのが奇跡的ですね。
同じく2015年に圧倒的に人気を出した刀剣乱舞もこれが理由です。(ただこちらはアニメ化されてもどちらも狙うってのは難しそう)


それに加えて銀魂を好きな人にもおそ松くんを好きな人にも受け入れられて、しかも普段なら女性向けアニメに興味を持たない男性も見る人が多かったとなると、総数はかなりのものになると思います。

前述のとおり1エピソードが短いので、そこまで深くハマらなくても楽しめますし。

それだけ人気の出た作品で、しかも原作が超有名なのに原作を買っても意味がないオリジナルアニメってそりゃ円盤買うでしょうよ皆さん。



あと、たまたまここまで当たっただけで恐らく計算したわけじゃないんですよね。

もちろん女性人気の高い声優を集めたことは完全に「狙った」ものでしょうが、それを逆手にとって1話で自らネタにしているので視聴者は批判できずに笑うしかない。ずるいやり方ですよまったく。

そして腐女子にも夢女子にもウケがよかったのは確実に偶然。銀魂の人気を考えると、スタッフのカンが相当いいんだろうなと思います。



因みに、これを読まれた方の中には「いやいや、自分は女だけど全然違う!」という人もいるかと思いますが、当然です。私がまずまったく当てはまらないですから。

何となくtwitterやらまとめサイトやら周りの女の子たちやらを見た上での考察であり、偏見も多いです。
実際、私の周りでアニメを見ている女友達はロウきゅーぶが好きだったりSF好きだったり女性声優を偏愛していたりライト層だったり、むしろ腐女子のほうが少ないくらいですし、私自身も腐女子夢女子界隈にはまったく明るくないので、色々間違っていたら申し訳ないです。

ただ、色んなアニメを見るタイプの女性の中にも少なからずおそ松さんにハマっている人はいますしね。やっぱり作品自体が面白いんだろうなと思います。



さてこれだけ長々と語ったのだからさぞかしこいつはおそ松さんをよく見ているんだろうなと思われたかもしれません。

しかしながらまたまた申し訳ないですが、ほぼリアルタイムで3話まで見て、切ってしまいました。

念のため言っておきますが作品を批判したいわけではなく、単純に自分には合わなかったからです。
一応切った理由を挙げておくと、

・六つ子の顔が覚えられない。(もともと洋画を観ながら「あれ、この人さっき死なんかったっけ?え、違う人?」とドアホな混乱に陥るくらい顔を見分けるのが苦手)
・六つ子の名前が覚えられない。(もともと洋画を観ながら「○○って言われても誰やねん…主人公?」とドアホな疑問を浮かべるくらい名前を覚えるのが苦手)
・ギャグのノリが合わない。(もともと銀魂系のギャグが苦手)

以上です。

こういうギャグものってどうも昔から苦手なんですよね。ドラマやアニメばかり見ていて、お笑い芸人が出るようなバラエティーをあまり見てこなかったからかもしれません。(記憶に残っているテレビ番組は学校へいこう・炎のチャレンジャー・伊東家の食卓くらい)

いじられているキャラを見てかわいそうって思ったり、デカパンマンの黄金ボールを見て(自分にはないのに)「痛い!死ぬ!」って思ったりしている時点で、このアニメを楽しむ性質が自分には備わっていないんだろうなと。クレヨンしんちゃんも一度もちゃんと見たことないですし。

ギャグアニメで好きだったのは、うたプリ・幕末Rock・野崎くん・日常みたいな斜め上にぶっ飛んでる系のものばかり。こういうのはボケが予想つかないし自分でツッコミを入れられるので楽しかったです。(因みに最近気になってるものはキンプリとガム彼)




切ったアニメが売れたことに対してよく好意的でいられるなぁと思われそうですが、それはひとえにおそ松さんがスタジオぴえろ制作だからです。

この会社はここ最近テレビアニメで売れているのがあんまりなかったんですよね。
でも個人的に、森田修平監督の芸術センスを取り入れた東京喰種(原作ファンからはめちゃくちゃ批判されてましたが)、少女漫画なのにアクション作画演出に力を入れた暁のヨナと、好きな作品を作ってくれているところなので応援しています。
アニメーションとしての表現にこだわっている会社は好きなんですが、そういう作品ほど売れなかったりしますし。(マングローブ倒産はショックでした…)

まぁNARUTOの劇場版で稼いでるとは思うんですが原作終わっちゃったし。
おそ松さんの売り上げで潤った分、ヨナの2期作ってくれると嬉しいですマジで。



因みにおそ松さんの円盤1巻が発売された日に私が買ったのは

スペース☆ダンディ Blu-rayBOX(3000枚近く売れたよ!やったね!)です。




無駄な自分語りで蛇足がすぎてしましましたが、そろそろフォトカツにいそしむ生活に戻りたいと思います。

なにかしらご意見ご批判ありましたらご自由にどうぞ。





追記 2016/2/18
誰も読まんやろと高をくくっていたら、どえらく伸びていてびびりました。
コメント下さった方、ありがとうございます。
参考にしつつ、疑問に持たれていたところやわかりづらいところなど追記・修正しました。


広告
他82件のコメントを表示
×
気に入らない作品を蹴落としたいなら文句を言うより気に入った作品にお金落とせばええんやぞ
3ヶ月前
×
OPEDを女性歌手が歌ってたら男性向け、男性歌手が歌ってたら女性向けって聞いたことがある。
この捉え方だとおそ松さんは両方になるな。
3ヶ月前
×
自己責任アニメと銘打つほどだから、作品の完成度が高くないのは公式見解みたいなものだしな。作品の中身じゃなくて、パラメーターや話題性で売れたというのは個人的にはぞっとしない所。
3ヶ月前
×
記事の中では「女性の方が一つの作品を追っかける」とはあるけど、同時に女性のほうがミーハーが多い気も・・・
3ヶ月前
×
おそ松さんは客のほうを見ながらも作品の面白さを追求したって点も成功した理由だと思う
今は客のほうを見すぎて面白さを見失っていたり
面白さを追求しようとして客を向いていなかったりする
3ヶ月前
×
>>90
ここまで売れないだろうけど二番煎じ目当てで似たような方向性のが出てきそう。それが続いたのが今のソシャゲ業界
3ヶ月前
×
古本もテレビ放送連載が終わったら売れなくなるとか
だから少女コミックは買い取りたがらない
3ヶ月前
×
初めて知った時
「だからさぁ、どこにあるぅ?例のアニメェ~」
現在
「どうでもいいやあんなアニメ~」
3ヶ月前
×
>>90
増えるに決まってんだろ
一つの会社が全てのアニメ作ってんじゃないから、俺が俺が状態でいろんなところが手を出す
日常系アニメやら萌え系やら異世界系ラノベやら、一つ流行るとバカみたいに増えてきたのに分からないのか?
3ヶ月前
×
>>99
そう思います。
何処も生き残りに必死なアニメ会社
ましてや放送局が違うわけで他局に負けたくないと我も我もとなるテレビ局
その両者が組んで放送する日本のアニメ界…

けいおんが当たったその後に怒涛のように女子グループユルフワ日常系アニメのオンパという

ブーム延命、特定商法の確立など考える秩序も無い(なんなら考えてる奴は馬鹿で無能)
出涸らしになるまでそのシステムを使うのがサブカルビジネスですわな。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。