独断と偏見によるプリセット解釈 その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

独断と偏見によるプリセット解釈 その1

2013-10-06 21:06
  • 10
その2
------------------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------
x264のオプションの解説その1になります。
よく数値を変えそうな項目や覚えておくといいかもしれない項目、デフォルトではない数値に変えることを推奨する項目を複数回に分けてほんの少しだけ踏み込んで解説しています。
解説で触れているデフォルトの値は、mediumの数値を指しています。
解説は項目によってはある程度の予備知識が必要になるものもあります。
あくまでも自分の中での解釈込みなので、正しいという保証はしかねます。
おすすめする数値は基本的にニコ生をターゲットとしているので、普通のエンコード等には向かない可能性があります。
参考程度にしていただき、興味を持った項目はさらに自分で調べてみることをお勧めします。
------------------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------
このページは間違い等が見つかり次第順次更新していきます。
もし間違っている項目や解説がありましたら、教えていただけると非常に助かります!

------------------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------
aq-mode (0,1,2 デフォルト1)

本来Adaptive Quantization(AQ)を使わないx264では、ディテールが多い部分(高周波…髪の毛や草の輪郭部等)には多くのビットを。ディテールが少ない部分(低周波…肌や滑らかな壁等)には少ないビットを配分する傾向にある。

しかし低周波部分は高周波部分に比べ、比較的少ないビットで見た目の画質向上が大幅に期待できる場合がある。
よって多少ビットを削っても劣化が目立ちづらい高周波部分から低周波部分にフレーム内でビットを再配分し、総合的な画質をあげようというオプション。

0…AQを無効
1…AQを有効にし、フレーム内でのビット再配分を許可する。
2…1のフレーム内ビット再配分の強弱をさらにはっきりさせたもの。

------------------------------------------------------------------------------------------------
aq-strength (0.0~3.0 デフォルト1.0)

上記のaq-modeにおける強度。0にするとaq-mode無効と同様の結果になる。
強くすればするほどビット再配分の強度が上がる。

アニメのように質感が比較的均一に近くディテールが少ない場合、比較的低めにすると輪郭部の劣化を抑えられる場合がある。(0.8~0.9程度)
FPS等のゲームで細かなオブジェクトが多い場合、強度を上げることによって地面等のブロックノイズに効果がある場合があるが、上げ過ぎると今度は細かな草や煙、岩肌等の劣化が激しくなり逆効果になる場合もある。

対象によってデフォルトの値から少しだけ変えてみるのがいい。(0.9~1.3程度)

------------------------------------------------------------------------------------------------
b-adapt (0,1,2 デフォルト1)

Bフレームの連続配置方式を決めるオプション。
0にすると常に指定した数のBフレームを連続して配置するためBフレームが1などの非常に少ない場合以外は非推奨。

1や2にすると連続数が指定内で自動的に決定されるが1はBフレームが16の時に使用することが推奨されている。よってそれ未満の場合、2を使うことを推奨。

0…無効。常に指定したBフレーム数を連続して配置する。
1…高速なアルゴリズム。Bフレーム数が16の時に使用する。
2…最適なアルゴリズム。速度は遅いが、一般的にはこれを指定する。

------------------------------------------------------------------------------------------------
b-pyramid (none,strict,normal デフォルトnormal)

このオプションを詳しく説明すると非常に長くなるため、おおまかな要点のみの解説。
興味のある方はフレーム間予測と合わせて自分で調べてみるのがいいかも。

まず、x264で作られる動画はI、P、Bのフレームに分かれる。
フレームとは一枚の絵のようなもので、これが連続して動画になる。

→ i p b b p b p b b b i p b b →

本来Bフレームは参照フレームとして利用することはできないが、このオプションを有効にするとBフレームをエンコードする際に他のBフレームを参照フレームとして利用することが出来るようになる。
そうすることによって、時間軸的に離れたフレームであるIやPフレームからのみの参照に比べ、時間軸的に近いBフレームから参照することが出来るため、予測誤差の発生を抑えることができる可能性がある。

Bフレームが2以上連続しないと意味が無いため、bframes1の場合は無効になる。
よってこの項目を使用する場合はbframesを2以上に設定する。
bframesが3のときに効率が良くなる傾向があると言われているが、要検証。
遅延を減らす目的の場合、bframes1、pyramidをnoneにするのが有効な場合がある。

none…無効。
strict…Blu-Rayに適した規格。
normal…基本的にはこれを指定する。bframes2以上必要。

------------------------------------------------------------------------------------------------
bframes (0~16 デフォルト3)

Bフレームの最大連続数を指定するオプション。
BフレームはIPBフレームの中で最も容量が小さいものであり、これを多くすることによって圧縮効率を上げることが出来る。
ビットを節約することができるので、低ビットレートでは効果が高い。

またBフレームの性質上、フレーム前後の差が小さく動きの少ない映像のほうが効果的で綺麗な圧縮を期待できる。

動きの激しいFPS等のゲームの場合、Bフレームは5程度まで連続で入ることはよくあるため、6などに指定することは無駄ではないが、Bフレームは後方参照するフレームであるために多くし過ぎると遅延の原因にもなるため、ニコ生では基本は3を推奨として多くても6程度に抑えるのがいい。

機器によってはBフレームの連続数が4以上になると視聴できない可能性があることに注意。

ニコ生のTSはbframes設定値が多いほどフレームレートが下がりかくつきが出る。
bframesが0の場合、実際の放送とほぼ遜色ないフレームレートのTSになる。
(映像のBフレームを一部除去して再エンコードしている?実際のところは不明)

------------------------------------------------------------------------------------------------
cqm (flat,jvt デフォルトflat)

jvtはprofileがhigh以上で使用できる。
カスタム量子化マトリクスのことで、大まかに言えばこれによって指定される行列によって圧縮時の元映像データをどの程度破棄するかが決まる。

flatは高周波成分から低周波成分まで同じ係数の破棄率。基本的にはflatを推奨。
jvtは高周波成分に高い係数を用いて細かなディテールを多く破棄し、全体的にスムースに。
低周波成分には低い係数を用いて劣化を抑える。
AQと似た効果が得られるため、jvtにする場合はaq-strengthを小さな値にするのがいい。

flat…高周波成分から低周波成分まで同じ係数の破棄率。デフォルトで推奨。
jvt…高周波成分を多く破棄、低周波成分の劣化を抑える。profileがhigh以上必要。

------------------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------

その2はこちら


広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。