• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • オガワコウサク「それはもう、祁答院が作るゲームが面白いからですよね」(代表作:『コープスパーティー』)

    2013-03-29 19:40  
    2 2

    ■チームグリグリ公式サイト http://www.gris2.com/
    たまたま同じゲーム会社に転職!?
    ―――オガワさんと『コープスパーティー』(96年)との接点はいつからあったんでしょうか?
    オガワ 祁答院や音楽担当の濱本(麻央)と同じ大学だったので、そこからですね。Dante98で制作された最初の『コープスパーティー』にも、テストプレイヤーとして参加はしていたんです。
    ―――では、祁答院さんが『コープスパーティー』を作る過程も近くからご覧になられていたということですか?
    オガワ そうですね。祁答院は大学に行かずゲームを作っていたので、代返(休んだ人の代わりに出席点呼の返事をすること)とかもしていたように思います。学科も同じだったんでね。これは言っていいのかわかりませんけどね。
    ―――いやあ、もうそれは重要なスタッフのひとりですよ。
    オガワ ははは。でも僕はプログラムみたいな直接的な

    記事を読む»

  • ZUN「『東方Project』は自分のライフワークみたいなものになっている」(代表作:『東方』シリーズ)

    2013-03-25 22:05  
    39 86

    「アマチュアゲーム」だった『東方Project』
    (生放送「超会議2特番 超ZUNビール~ひろゆきを添えて、今年のビールの仕込み状況の報告編~」の本番前控え室。ZUNさんの机に缶ビールとおつまみが運ばれる)
    ZUN いいね。飲んじゃってもいいのかな?
    ―――ははは、もちろんです。今回ZUNさんにお話をお伺いするということで、自作ゲームのなかでも、特に例外的な発展の仕方をしてきた『東方Project』について、その足跡をたどりつつ、ZUNさんの自作ゲーム制作者としてのポリシーみたいなものを探っていければなと思っています。
    ZUN はい。わかりました。
    ―――『東方Project』シリーズは大学時代に制作されたブロック崩しゲーム『東方靈異伝』(96年)からスタートし、2作目の『東方封魔録』(97年)からはシューティングゲームに。その後も何作か発表され『東方怪綺談』(98年)で、シリーズとして

    記事を読む»

  • SmokingWOLF「2Dゲームでできることはほぼなんでもできてしまうんですよ」(代表作:『シルフェイド見聞録』)

    2013-03-09 12:00  
    8

    Twitter:@WO_LF
    【ウディタ】WOLF RPGエディター紹介動画


    「RPGツクール」でゲーム制作に惹かれる
    ―――SmokingWOLFさんが最初にゲームコンストラクションツールに触れられたのは?
    SmokingWOLF スーパーファミコンの「RPGツクール SUPER DANTE」が最初でした。12歳ごろだったかと思います。中古ゲーム屋さんで見つけて、「ゲームが制作できる」という宣伝文句に妙に惹かれてしまいました。なけなしのお小遣いで買ったことを覚えています。
    ―――元々RPGはお好きだったんでしょうか。
    SmokingWOLF うーん、どうなんでしょうね。ゲームは人並みに好きで、当時は『メタルマックス2』などを好んでやっていたんですけど……『ドラゴンクエスト4』は戦闘が面倒くさくなって投げてしまうぐらいですから、特別に好きだったとかではなかった気がします(笑)。やっぱ

    記事を読む»