• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • 【後編】泉和良「自作ゲームは一生自分の体から離れないものになった」(代表作:『自給自足』『エレGY』)

    2013-02-27 14:42  
    6
    ※『エレGY』は星海社のWebメディア「最前線」でコミカライズ作品(作/大岩賢次)が無料掲載中。 小説本編も随時公開中。
     泉和良Twitterはコチラ。 泉和良さんのホームページ「あばたえくぼ」はコチラ。
    前編はコチラ⇒【前編】泉和良「自作ゲームしかなくなっちゃったんですよ」
    ファンの『エレGY』への反応
    ―――『エレGY』のテーマを泉さんご自身とアンディー・メンテ(泉さんが主宰する自作ゲーム制作サークル)にされた理由はなんだったのでしょうか。
    泉 『エレGY』を書くことで、自作ゲームに区切りをつけたかったんです。だからこそ、真っ先に自分のゲームを好きだと言ってくれるファンの人たちの存在にアンサーを返さないといけないと考えていました。
    ―――ファンの方へのけじめというか。
    泉 そうです。自作ゲームだけで生活していたころに、「自分はお金を払ってくれるファンに生かされているんだ」という意識が

    記事を読む»

  • 【前編】泉和良「自作ゲームしかなくなっちゃったんですよ」(代表作:『自給自足』『エレGY』)

    2013-02-24 12:30  
    20
    ※『エレGY』は星海社のWebメディア「最前線」でコミカライズ作品(作/大岩賢次)が無料掲載中。 小説本編も随時公開中。
     泉和良Twitterはコチラ。 泉和良さんのホームページ「あばたえくぼ」はコチラ。中学校時代の夢を叶えゲーム会社へ
    ―――『エレGY』を読んでいても、アンディー・メンテのホームページで発表されている自作ゲームの多さを見ても、「なんで泉さんはなんでそこまで自作ゲーム作りにこだわっていたんだろう」と疑問に思っていました。そこで今回は「自作ゲーム制作者としての泉和良さん」について、根掘り葉掘りお聞きしたいと思います。
    泉 ははは。わかりました。
    ―――では、泉さんが最初にゲームを作ったのはいつごろだったんでしょうか?
    泉 中学生のころでした。四角いブロックと丸い敵がいるだけのシューティングを作ったのがはじめてだと思います。MSXで作ったんですけど、それからゲーム作りにはすぐ

    記事を読む»