• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • cutlass「これからのノベルゲーム文化を自分が背負わないで誰が背負うんだ!」(代表作:『NOeSIS~嘘を吐いた記憶の物語~』)

    2013-10-01 12:00  
    41 9
    特設サイトはコチラTwitterはコチラ
    ノベルゲームにドキドキしていた
    ―――本日は『NOeSIS』(11年)を通して、ノベルゲームとの出会いから、今ノベルゲーム作る理由、cutlassさんのノベルゲームへの思いをお聞きしたいと思っておりますが……。
    cutlass 今は、自分がノベルゲーム文化を作っていくしかないと思っています。『月姫』(00年)『ひぐらしのなく頃に』(02~06年)以降、ノベルゲーム文化は衰退の一途をたどっていると思っています。だからこそ、自分がやらなきゃ誰がやるという感じで活動しています。
    ―――おお。cutlassさんがそこまでノベルゲームに思いを込める一番の理由はなんなのでしょうか。
    cutlass 難しい質問ですね……今思うと“あの時代”が猛烈に好きだったんだと思います。ログインという雑誌で『MOON』(97年)の記事を見つけて、なんじゃこりゃ! と思ってから

    記事を読む»