ランチャーで配信できないときのまとめ(9/24更新)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ランチャーで配信できないときのまとめ(9/24更新)

2015-09-24 09:50
  • 5
  • 4
ランチャーで配信できないときの確認すべきことをまとめました。

9月24日 更新
●XSplit_Broadcaster Ver 2.5.1509.0820リリース

 仮想カメラと仮想オーディオの64bit出力は正常に機能するようになりました。
 32/64bit版FFmpeg.exeはいずれも問題なく利用出来ました。
 (64bit版Windows10で確認)
●XSplit Broadcaster Ver2.1 ~ Ver2.4 では下記の不具合があります。

 ・Windowsが64bit版
 ・ビルドしたFFMPEG.EXEが32bit版
 ・ランチャーの音声デバイスでXSplitBroadcasterを指定

 ランチャーで配信を開始しますと、

 Could not find output pin from audio capture device.
 というエラーで落ちます。



・FFMPEG.EXEが正常にビルド出来たかの確認

 WEBの説明通り、正常にビルドにされました。が表示されればOKです。
 ただし、ビルドしたFFMPEG.EXEのバージョンが安定版以外では一部機能が動作しない
 こともあります。安定版/最新安定版でビルドすることをお勧めします。

・ランチャー実行時にFFMPEG.EXEがエラーになって動作しない

 →FFMPEG.EXEのパス設定を忘れているか、パスが違う
 →FFMpegの設定、オプションで値が範囲外や利用できない組み合わせを指定
 →MP3、FDK-AAC以外の音声コーディックを利用
 →映像エンコードで実装されていない機能を利用
 →プリセット指定の記述違い、値が範囲外、利用できない組み合わせを指定
  (特にX.264非公式拡張コマンドを利用しているプリセット)
 →指定したカメラなどのVideoデバイスが先に他のアプリで利用されている
 →設定した映像エンコード+オプションでは配信サイト側が許可せずに接続拒否
 →音声サンプリングを44.1KHz以外に設定して配信サイト側が接続拒否
 →配信サイト側サーバーが不具合発生などで停止中
 →ビルドしたパソコン以外での利用
 →仮想カメラが64bit出力に対応していないのに64bit版FFMPEGを使った

 ※最新安定版ではないバージョンでビルドしたときは最新安定版で再ビルドを推奨
 ※上記の利用できない組み合わせは数が多いのでGoogle検索などで確認を

・FFMLでの確認すべきこと

 この部分はご自身で解決すべき問題です。ビルドツール作成者、ランチャー作成者の
 サポートすべき問題ではありませんのでご承知ください。

 
 赤で囲われた部分にエラー内容が記載されます。
 この例ではカメラ”HD-5000”がすでに使われており映像デバイスとしては使うことが
 出来ないため配信エラーになっています。

 FFMLの設定で下記にチェックを入れればlogファイルとして保存できます。
 

 レポート出力(logファイル)の保存先は下記の通りです。(FFMLの解凍先フォルダ)


 上記レポート出力(logファイル)の見本です。エラーは最終行付近です。
 
配信できないときに設定内容の再確認が必要です。最終的にはこの部分がわからないと解決することは出来ず、誰もアドバイスのしようがありません。最初にも書きましたが、このエラーはご自分で解決するものです。もし、配信などでお聞きになる場合はこの部分を明確にしてください。

広告
×
XSplit Broadcaster Ver2.1でのエラーで途方にくれていた所、こちらの記事を参考に再ビルドしなおしました。
以前ビルドを行った時は、自分で様々なファイルをDLしなくてはならなくて苦労をしたのですが
ワンクリックでビルドできるとは、大変助かりました。
今後ともお体に気をつけて頑張ってください。
本当にありがとうございました。
34ヶ月前
×
>>1
ご利用&コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

コメントに気付かなくてスイマセンm(._.)m
34ヶ月前
×
こんにちはエビスです。さきほどの続きです。よろしくお願いします。
dshow passing through packet of type video size 221184 timestamp 111833520000 orig timestamp 111834197347
dshow passing through packet of type audio size 35280 timestamp 111831540000 orig timestamp 111831540000
[libx264 @ 00000000003b5f40] frame=2832 QP=38.88 NAL=0 Slice:B Poc:160 I:0 P:31 SKIP:545 size=55 bytes
frame= 2853 fps= 30 q=36.0 size= 1248kB time=00:01:35.43 bitrate= 107.1kbits/s
dshow passing through packet of type video size 221184 timestamp 111833860000 orig timestamp 111834530680
[libx264 @ 00000000003b5f40] frame=2833 QP=41.63 NAL=0 Slice:B Poc:164 I:0 P:32 SKIP:544 size=58 bytes
31ヶ月前
×
>>3
WEBからの問い合わせは「コミュ掲示板」にお願いしますとしてありますが・・・

Ver 2.5.5で再ビルドしてください。その上でFFMLの手動モードを解除して以前の方法で配信をお試しください。なお、FDK-AACは一旦バージョンアップされていれば0.1.4は維持されます。
31ヶ月前
×
>>3
ダウングレードの仕方は下記の通りです。

http://ch.nicovideo.jp/inepee/blomaga/ar389003
2.FFmpegをダウングレードする
31ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。