オレ流シンプルFFmpegランチャー(2016/11/4更新)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オレ流シンプルFFmpegランチャー(2016/11/4更新)

2016-11-04 03:50
  • 4
【留意事項】
・初心者の方にはまったく不親切なランチャー
・FFmpegコマンドラインオプションは手書き
ブラウザのクッキーは使いません
・配布/サポート情報はこのブロマガのみ

1.ダウンロード

 オレ流シンプルFFmpegランチャー Ver 0.93にアップデートしました。

 Ver 0.93
 ・一部の設定が即時反映しない問題を解消
 ・生放送用URLなどを手入力して配信スタートできるように変更
 (設定箇所空欄の確認が甘いところあり)
 ・以前の settings.ini は削除してからお使い下さい。
 Ver 0.92
 ・細かいバグの改修
 Ver 0.91
 ・DOS窓起動をやめ、GUI画面でFFmpegのログを表示するようにしました。
 ・いくらか使いやすく・・ゲフンゲフン

 下記からダウンロードして下さい。(既存のEXEに上書きしてもOK)

 こちらからダウンロードして適当なところに保存・解凍してください。
 中身はore_FFLauncher.exeとDLLが一つです。このexeを起動してください。

 ※同梱のDirectShowLib-2005.dllはLGPLにより下記から公開、配布されています。
  http://directshownet.sourceforge.net/

 必要動作環境:.NET Framework 4.5.2が動作する環境

2.使い方

  ニコ生での配信を中心に説明します。
  
 ・映像デバイスを選択する
 ・音声デバイスを選択する
 ・FFmpeg.exe $0 にffmpeg.exeのフルパスを入力する(参照可能)
 ・コマンドラインを入力する
-rtbufsize 16MB -f dshow -audio_buffer_size 100 -r 30 -i video="$1":audio="$2" -threads 0 -qmin 10 -qsquish 1 -pix_fmt yuv420p -maxrate 256k -bufsize 256k -crf 24.0 -vcodec libx264 -acodec libfdk_aac -profile:a aac_he -signaling implicit -ar 44100 -ab 128k -ac 2 -f flv "$4/$5"
  ※私が使っている配信用の見本です。ご自分で書き換えてください。
  ※$1から$6はデバイス、ファイル名などを書かなくてもいい略号です。
   画面上に記載してあります。なお、見本のように必ず ”” で囲ってください。
  ※今回から"$0"の指定は不要にしました。(あっても大丈夫)
-i "$3" -y "$6"
  ※こちらはファイル変換用の見本です。ラジオボタンをファイルにしてください。
  ※上記見本の意味が不明な方はあきらめてください。

 ・ニコ生オートスタートにチェックを入れます。
  
 ・ニコ生で配信開始の手続きをして下さい。
 ・「外部ツール配信」で本番開始をクリックします。(本番中の表示を確認すること)
  
 ・XMLファイルのダウンロードをクリックして、ファイルをデスクトップに保存します。
  保存先は必ずデスクトップにして下さい。それ以外ではオートスタートできません。
  (ファイル名は変更しないで下さい)
  (2回目以降は上書きになりますので上書きして下さい)

 ・保存後、FFmpegが自動起動して配信が開始されます。
  
  Ver 0.91より配信/録画が開始されると表示が切り替わり上記ログが表示されます。
  「表示切替」をクリックするとログ/出力の表示が入れ替わります。

 ・枠終了時、配信中断は上図右上の「終了」をクリックして下さい。

 ランチャー終了時にお使いの画面内容が自動的に保存され次回起動時に復元します。
 (名前を付けて保存という機能はございません)

2.ヒント

 ・枠内で配信を停止した場合、「配信/録画スタート」をクリックすればすぐに配信を
  再開します。(勝手に配信が停止したときなど)

 ・録画/ファイル変換を開始するときは、出力のラジオボタン/ファイルをクリックし、
  「配信/録画スタート」をクリックして下さい。
  注意!録画/変換中にランチャーの×で強制終了するとファイルは保存されません。
  録画/変換を中断するときは、必ず「終了」をクリックして止めて下さい。

 ・XMLファイルの監視は「ニコ生オートスタート」にチェックを入れた最初だけです。
  チェックを入れ直す(外してまた入れる)をすれば監視を再開し、XMLが再度
  ダウンロードで上書きされると配信を開始します。

3.最後に

 ・FFmpegコマンドラインオプションについての質問は承れません。
 ・それ以外のご質問などはこのブロマガのコメント欄へお願いします。

 FFmpegコマンドラインオプションの書き方によってはPCシステムを壊す場合も
 想定されます。くれぐれもよくご確認の上お使い下さい。
 お約束で申し訳ないですがご自身の判断と責任でお願い致します。m(._.)m

広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。