UnrealEngine4にNVIDIA FleXを導入する方法メモ(error C4599/C4605 回避法+)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

UnrealEngine4にNVIDIA FleXを導入する方法メモ(error C4599/C4605 回避法+)

2017-01-08 18:12
  • 1
基本NVIDIAさんが公開している方法をそのままやっただけですが、エラー出たりややこしかったりする事と、私のパソコンスペックでは相当な時間がかかったので忘れていないうちにメモとして記録を残します。
※Windows 10です。Macでの解説はしていません。

準備

・Unreal Engine 4(バージョンは関係ありません)
・Visual Studio 2015 Update 3
(私がインストールしていたものがUpdate 3だったのでこれを使いましたが、Update 2の方が少し楽です。)
・Git For Windows

持ってない方はまずダウンロード/インストール/アカウント作成してください。


準備できたら、UE4とGitHubを関連付けます。これはEpic Gamesさんが日本語で解説しているので割愛します。
(https://www.unrealengine.com/ja/ue4-on-github)



ダウンロード
Windowsを検索 から「Git Bash」を探して下さい。あるはずです。
これを起動し、以下のコマンドを入力します。
git init

エンターを押して、次を入力します。[]はいりません。
ここでFleX用のプロジェクトをダウンロードします。
git clone https://github.com/NvPhysX/UnrealEngine.git [ダウンロード先アドレス]
この時、エラーを吐いたりする人はUE4とGitHubとの関連付けがうまくいってません。
試しにここにアクセスしてみてください。「404 Error」が出れば関連付け出来てません。
404 Errorが出なかった人はダウンロードが完了するまで待機して下さい。
※ここで使ったGit Bashウィンドウは閉じないで下さい。あとで使います。



インストール
ダウンロードが終わったら、そのフォルダを開いて「setup.bat」を実行して下さい。
終わったら「GenerateProjectFiles.bat」を実行して下さい。

GenerateProjectFiles.batの方はすぐ終わったとおもいます。
フォルダの中に「UE4.sln」が出来ていると思います。ダブルクリックしてVisual Studio 2015で開いて下さい。
※読み込みが完了してから次の手順に移って下さい。VS2015の下に青い帯があると思います。そこに「準備完了」と出てからです。

次にソリューション構成をDevelopment Editorに、ソリューションプラットフォームをWin64に、スタートアッププロジェクトをUE4にします。(私はデフォルトでそうなっていました。)
そしてVS2015内のソリューションエクスプローラーから、「UE4」を右クリックして、「ビルド」を選択して下さい。


ビルドが終わったら、同じく「UE4」をクリックで選択して、キーボード「F5」を押してデバッグを開始して下さい。
終わったらUE4が起動すると思いますが、閉じて下さい。

ここから Git Bash ウィンドウに戻ります。
以下のコマンドを入力、エンターで実行します。
git branch –t FleX origin/FleX
(ここでエラー出た人は下※1へ)


次に以下を入力、実行します。
git checkout FleX
(ここで「fatal: Unable to create」と出た人は下※2へ)


終わったら、先程も使った「GenerateProjectFiles.bat」を実行してください。
次に、先程と同様にUE4.slnを開いてビルドを行って下さい。(デバッグはしません。)
(エラー出た人は下※3へ)

ここまでで導入は終わりです。
Epic Games Launcherを開くと、マイプロジェクトに「FleXProject」が追加されています。



UnrealLightmassをビルドする
Lightingをビルドしたら「Swarmに接続できません」とかでやがったので対処法をメモしておきます。出なかった人は大丈夫です。お疲れ様でした。
Swarmのログを見てみると、UnrealLightmass.exeとやらが見つからないらしい。
エクスプローラーでフォルダを見てもないようです。

さて、これはUnrealLightmassをビルドすれば治ります。
またUE4.slnをVS2015で開いて下さい。
今度はソリューションエクスプローラーから下の方にある「UnrealLightmass」を右クリックしてビルドを選択します。
ビルドが終わるとLightingのビルドが通ります。

終わりです。お疲れ様でした。



※1 git branch –t FleX origin/FleXでエラーが出た人
恐らく作業ディレクトリがうまく設定できてない?git initしてない可能性。
cd [ダウンロード先アドレス]/UnrealEngine
これを入力、実行し、再度git branch –t FleX origin/FleXを入力、実行します。

※2 fatal: Unable to createが出た人
rm [ダウンロード先アドレス]/UnrealEngine/UnrealEngine/.git/index.lock


これを実行してから「git checkout FleX」を入力します。

※3
error C4605 か error C4599 が大量に出た場合、以下の方法を試して下さい。
(原因はVS2015 Update 3 のせいらしいのでUpdate 2にダウングレードすれば解決しますが、私は面倒なので違う方法をとりました。)

[ダウンロード先アドレス]/UnrealEngine/Engine/Source/Runtime/Core/Public/Windows/WindowsPlatformCompilerSetup.h
を開きます。
29,30行目あたりにある「4599」と「4605」を消します。
デバッグし直してみて下さい。私はこれで通りました。

広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。