深海FCS+CIC
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

深海FCS+CIC

2016-02-17 06:59
  • 3
高難易度海域で戦艦棲姫や戦艦ル級flagship等強力な艦の随伴として登場する後期駆逐艦elite4種類。これらが共通して持っている装備に「深海FCS+CIC」というものがある。これは分類上はソナーであるが装備対空値があり航空戦の撃墜数に影響を及ぼしている可能性が考えられるため、検証を行った。

結論
個別係数の有無については不明、全体係数は1/6(0.166…)以上は存在するが具体的な数字の特定は今回は不可能。
水上偵察機の全体係数が0.2であるとされていることを考えると高角砲や電探などの一部装備に特別な値が設定されており、その他の装備は0.2倍となっている可能性がある。


検証
以下の画像のような編成で2016年冬イベントE3に水上打撃部隊で出撃、能動分岐でKマスを選択し、戦闘結果をみる。



あらかじめ他の海域に出撃させ隼鷹の2スロット目、3スロット目の搭載数を削ってある。これにより、航空戦st1で撃墜するのは龍驤の2スロット目だけになるので複数の艦攻/艦爆を装備してもどのスロットが何機の撃墜を受けたのかを特定することができる。
戦闘後母港に帰投し、隼鷹と龍驤の装備を確認したところ以下の画像の通りであった。



出撃時の装備と比較すると、隼鷹の1スロット目が12機から1機に減少、2スロット目が14機から10機に減少していることがわかる。つまり12機スロットに対して11機の撃墜が、14機スロットに対して4機の撃墜が発生している。
ここで、深海FCS+CICの全体係数を0として撃墜数を計算すると以下の画像の通りになる。



赤くしてあるセルの上の方が個別係数、下の方が全体係数である。右のスロット機数のうち12機の撃墜をみると2機、3機、10機、12機の撃墜しか発生しないはずなので実測値である11機がないことがわかる。同様に14機のスロットをみた場合も3機、10機、13機の撃墜しか発生しないはずなので実測値の4機が存在しない。
このように理論値と実測値が違うため、深海FCS+CICが艦隊防空に影響を及ぼしていると考えた。深海FCS+CICが全体係数を持っていると仮定した場合の撃墜数は以下の画像のようになる。水上偵察機の全体係数が0.2であるため初期値として深海FCS+CICの全体係数にも0.2を設定してある。



同様にスロット機数が12機の撃墜をみると2機、3機、4機、11機、13機の撃墜が発生しうることがわかる。これは実測値と一致する。
また14機のスロットでも3機、4機、11機、14機の撃墜が発生しうることがわかり、実測値とも一致している。


以上のことから深海FCS+CICは撃墜数への影響があることがわかる。駆逐イ級後期型eliteの艦隊防空が1以上になる場合に実測値と一致するので計算すると1/6以上の係数がかかっていることがわかるのだが、艦隊防空は固定撃墜のみに影響するのでこちらの編成でコントロールすることができない。範囲を考えた場合、今回のこの編成相手では全体係数が0.5未満であることまでしか絞り込めない。今後の海域の敵編成次第で範囲を絞れる可能性もあるが、本件は「深海FCS+CICは艦隊防空に影響する」「全体係数はおそらく水上偵察機などと同じで0.2」であると結論付けて終了とする。




以下雑記
この伊月とかいうやつは需要というものを全く理解していない!
こんなものを検証して誰が「なるほど」と思うのか。「だからどうした」「どうでもいい」案件であることは間違いない。やってる本人が楽しければそれでいいのだというスタンスだからしょうがないんだけどね。
なぜか前回のPT小鬼群の検証が伸びまくったけど基本的には対空関連に興味がある僕です。今回は連合艦隊の撃墜測定にいいマスがなかったから地味に気になっていた深海FCS+CICを調べてみた。しかしソナーでも対空あがるって、ちょっとその装備こちらにくれませんかね。対潜値もやばいし。あと16冬で追加された命中5水偵もくれ、触接倍率を知りたいんじゃ。敵側だから測定方法がブラックもいいとこでしかも敵編成や触接開始率から選択率の運からst1とst2の撃墜運次第で特定には至らないとかいう検証沼でつらい。現実的には多分無理。

そして、この記事と全く関係ないけど、
「今回の冬イベで新しく実装されたPT小鬼群って敵、あんまり強くないですね!!」
この記事を書いている段階ではなんの告知もきてないのに現状は(秋イベと比べて)アレだったからどうしても…これくらいは言っても許されると思ってる。
おそらく攻略する上であれに困らされるという人は多くないと思うけど、今回のイベントで改めてデータを取り直しているので補正に関してはまた後日。仕様変更に負けずちゃんと検証してます、前回と違って勝てるのとドロップに期待できるのとで実はそこまで苦痛じゃないという。
しかしこのブロマガで「次回あります」的なことを書く日がこようとは思ってもみなかった。不定期だし気分次第だしでそもそも初投稿で終わる可能性まであったし。その初投稿のビス子命中検証はちゃんと赤版を導入して出力、機械的に集計し直したので数字として一応使えるものになったはず。誰もみてないから大雑把でも大丈夫だろうとタカをくくっていたのは秘密。命中検証でたまに引用されてるのをみて慌てて直した。

そんなこんなで次回、多分PT小鬼群について。昼戦データは工作艦とか揚陸艦とかみたいな特殊艦以外は大体揃っててあとは夜戦データを揃えていくだけ。お楽しみに?
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。