フライング(ペナルティ)を考える
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

フライング(ペナルティ)を考える

2016-08-10 22:50
    時事ネタに被せるのいいぞ~コレ


    じゃなくてこっちか(^^;



    http://www30.atwiki.jp/niconicomugen/pages/1736.html
    これはニコwikiのフライングページ

    とりあえず記事にあたってまず

    お前が言うなというのは一先ず置いといて
    ※(フラペナを搭載していた過去があった為)


    意図的なフライング攻撃、もしくは大規模などで稀に見るフライング攻撃
    制作者も星の数いるわけでフライングを起こしてしまっているのも仕方がないかと
    で、このフライングに対しての報復行為ですがこれに関して今現在私の考えは否定的です。

    まず意図的なフライングに関しては
    そういう風に動くよう作っているからであってこれに関しては取り上げません。

    次に制作者も意図していないフライングですが
    ニコMUGENの歴史を遡りAIの教科書とかAIの製作指南とか世に出たのは
    2008とか2009でしたかな?
    で、問題のフライングですがこれに関しての制御が書かれていないってのが
    フライングの原因の1つとい考えています。
    その頃から今日まで活動を続けられている制作者であればフライングに関しては制御出来ているとは思いますが
    2008や2009に活動して2011くらいにこの界隈を卒業された先輩方のAIは多分フライングを起こしてしまっていると思います。

    問題のフライングですがこれを引き起こす原因として
    AIの条件に『roundstate=2』という大雑把に言うと試合中
    いわゆるラウンドコールのファイト!とかレディーゴー!とかの後に動かしますよ
    って命令なのですが、これが大きな原因と考えられます。

    文字だけで説明しますと

    ①ラウンドワン(コール開始)
    ②ラウンド『ワン』部分のコールが終える
    ③ファイト

    で、roundstate=2は②の時点で成立してしまいますので
    条件式をあやふやのまま(ctrl制御)にしておくとフライングを起こしてしまいます。


    ここまでフライングの原因を解説しましたが
    次に何故、フライングが問題となっているのか…
    ってこれは語るまでもないですね。


    じゃあこのフライングという行為に対して何らかの罰(報復、仕返し、対抗措置)を与えようってのが

    フライングペナルティ(スマステのナレーションっぽく)

    私が知る限りでは以下の2つ
    性能が上がる
    単純にフライングに対しての専用攻撃

    当時の私の考えは単純に報復ですね
    ちなみにやっていたのは専用攻撃。確か超必ぶっぱでしたかな、サムライなら雷鳴剣で水坂憐なら拡散波動砲

    先ほど今現在は否定的と書き一部のキャラ(旧戯画勢)を除いて今は報復行為を行っていません。
    フラペナの削除をした心境の変化としては
    『これそんなふじこふじこ言って仕返す程か?』
    『イントロ演出による攻撃を受けたい』
    『そうまでして勝ちたいか?』ってのが主な理由。

    あー!フライングした!卑怯だ卑怯だ!じゃあ罰を受けなきゃね(ニッコリ)
    って当時はそう考えていました。

    確かにフライングは卑怯ですよ。
    現実でもそれがもしもまかり通ってしまったら100m走の世界記録は9.5秒を切るでしょうし
    何より競技者全員がフライングをする自体にもなるだろうし
    (ここまでいくともうフライングの意味わかんねぇな)
    以前つぶやいた事もありますがフライングに対してのペナorカウンターor報復はふっとばしの100ダメくらいならいいんじゃないかな
    と、今ではそう考えています。

    それ以上は過剰防衛なんじゃないかな、と
    いわゆる『ぶっとんだ階級』なら思う存分仕返しをしてもいいとは思うのですが
    競技性が残るであろう階級であれば、まだ試合が成立するようなカウンターでいいんジャマイカな

    フライング攻撃に対して試合開始までは無敵という方法もありますが
    これをしてしまうとイントロ演出での攻撃(ダメージなし)に対しても無敵になってしまいますので
    完全無敵にしてしまうとこれが成立しません。

    ※試合前のポジション取り(ラウンド開始前に攻撃は出来ないが動ける事)
    これに関しては全然有りと考えています。

    Q1:MUGENトーナメントにおいて動画主側でフライングを制御出来ないか?
    A:可能

    問題点
    1,あまのじゃく的な考えですが制作者側でフライングは意図した行動であり
    それを制御してしまうのは越権行為である

    2,参加数にもよりますが特定のキャラに対して特別扱いは出来ない(時間的キリがない)
    例:撮影開始→フライング確認→撮影停止→cns制御処理→最撮影

    Q2:MUGENアドオンで全キャラ一括でフライングを制御出来ないか?
    A:可能

    可能なのですがラウンドコールを省かなければなりません。
    いわゆるラウンドワンとかラウンドツーのコール部分


    ラウンドコールを省いているこの方式ならフライングが出ませんね


    14:00~
    フライングで起きるドラマがそこにはある

    あとがき
    フラペナに関して熟々と書き綴りましたが
    これを搭載している制作者を貶す意図は全くありません。
    多分搭載しているのはフライング攻撃で試合が決してしまうような面々を相手にするようなキャラクターであってそれに対しての対策を講じるのは当然だとは思いますし
    仮に並強で搭載したとしても、いわゆる○Pカラーでそういった面々を相手に出来るようなキャラだけだと思います。

    フライングペナルティ…ご利用は計画的に(´∀`)
    公開前にしっかり計画しましょう。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。