• 【アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ】(ミリシタ)に自分が期待すること

    2017-06-11 22:07
    おはこんにちばんは。バウアーです。

    アイマス界隈で話題を呼んだ、ミリオンライブの新作アプリ、
    通称ミリシタの発表。
    事前登録者が100万人を突破し、PVだけでなく、
    紹介記事がゲーム雑誌に掲載されて徐々に盛り上がってきている。
    当然、ツイッターのTLにも様々なPの皆様の反応が呟かれている。

    自分も呟きたいことはある。
    だけど、それはとてもシンプルなこと。

    「良きゲームであってくれ」

    追加キャラクターの「桜守歌織」と「白石紬」。
    この二人が参加することで、ミリオンオリジナルのキャラは39人。
    丁度サンキュー(39)の人数になった。
    さらに劇場の事務員として、「青葉美咲」も登場。
    まあこれらは狙っていたとしても。

    現時点での紹介VTRを見る感じだと、デレステのようなリズムゲームと、
    Pとアイドルとのコミュニケーションがミックスされている印象。
    本家原作を強く意識している印象がとても強いです。



    で、これらのPVや現時点での情報を聞いてのバウアーの印象ですが、
    自分の中で思い描いたミリオンのゲームに近い、と感じています。

    自分はアーケード時代からアイマスコンテンツに触れてきました。
    毎週のプロデュースに100円玉を投じ、
    毎週必死にレッスンやオーディションを
    勝ち抜いていた懐かしい記憶があります。

    そんな記憶があるせいか、シンデレラガールズやミリオンライブでも
    本家ゲームのシステムベースでゲームが出ないかと思っていました。
    特に、CGで動いているアイドルを目の前に
    コミュニケーションを図るというのがポイントです。

    いくら選択式のコミュパートがあっても、相手がイラストベースだと、
    自分はどうしても二次元感を強く感じてしまいます。
    ですが本家アイマスは、3Dキャラで動いてくれる。
    立体感があって、そこに本人がいるという感覚を味わうことができる、
    3Dの魅力を最初に押してくれたゲームでした。
    その感触を、このミリシタが自分に与えてくれると自分は期待しています。

    と、つらつらと書きましたが、現実がその通りになるとは思っていません。
    バンナムの開発陣の匙加減一つでゲームはどうとても転ぶのですから。
    考えたくもないですが、クソゲーになることだって十分に考えられます。

    だから自分はシンプルに、このゲームに期待するの

    「良きゲームであってくれ」

    それだけです。
  • 広告
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 大阪公演二日目感想

    2017-06-11 22:061
    おはこんにちばんは。バウアーです。

    大阪城ホールと言えば、
    自分にとってはボクシング等の格闘技イベントが行われるイメージがあります。
    最大収容人数は16,000人と、万単位で人が入る大型の箱では
    全国的にも大き目の大きい部類の会場だそうです。
    なお、今回の大阪公演が金土の日程になってしまったのは、
    既に日曜日に新日本プロレスのイベントが先に予約されていたことが
    原因だと言われています。

    そんな大阪城ホールに初見参のバウアー。
    噴水前でフェイスペイント付きで団扇を持って名刺交換のバウアー。
    SSA抽選がすべて外れてしまい、テンションがおかしいまま名刺交換を続けたバウアー。
    でも何だかんだでミスドでドーナッツを食べるバウアー。
    個人的に色々と面白いことがあった今回の大阪公演でした。

    今回もこれまでと同様にバウアー独自視点による三賞とMVPを
    勝手に表彰させていただきます。

    殊勲賞:千菅春香さん

    実は自分はこの大阪公演でまた千菅さんが宮城公演で初披露した、
    「One Life」が見れるのでは期待していましたが、
    実際は合同曲のメンバーに入ってのパフォーマンスでした。
    ですがそのパフォーマンスは、千菅さんの力量の高さを随所に感じさせました。
    特に「Lunatic Show」と「Wonder goes on!!」連投は、
    連続で参加と言うのに持ち前の力強い歌声が衰えませんでした。
    あと、例のキレ芸に巻き込まれたことについては、あえてノーコメントで。

    敢闘賞:佳村はるかさん

    現地ライブ参加でこの方の歌を何度も聞いてきた自分ですが、
    今回参加して分かったことがあります。
    「るるきゃんは5番バッター」ということです。
    というのも、ソロステージと合同曲の両方で質の高さを毎回披露しているからです。
    大阪公演一日目の感想を他の方々のTLで覗くと、
    「NUDIE★」の艶めかしさに関してのツイートが散見されました。
    実際この目で見ても、ダンスの切れやポーズから、
    セクシーさが垣間見れました。これは一級品だと。
    そしてウィッグが取れてしまうアクシデントや、
    歌う歌詞の内容を沼倉さんに相談したエピソードの紹介と、
    随所に盛り上げ要素を散りばめていました。
    感想レポネタの大量の提供に、感謝いたします。

    技能賞:内田真礼さん

    昨年の4thライブで久しぶりにシンデレラライブに参加となりました。
    そしてこのツアーでは、大阪公演にしか出られないということで、
    このライブに急きょ参加できたのは自分自身にとってとても大きなことでした。
    バウアーとしては、1stライブで披露した「華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~」を
    何としてもこの目に焼き付けたいと思っていたので、最高の気分でした。
    そして真礼さんのソロステージのレベルは、やはり高かったです。
    格好良い蘭子がそこにいると思わせるぐらいの、
    鋭さが要所要所に感じ取ることができました。
    MCで蘭子になるための努力の数々を喋っていましたが、
    それらは余すことなく実っていたと思います。

    MVP:都丸ちよさん

    自分はこの人に別段注目していたわけではありません。
    あくまで、新たに声が付いた声優さんの一人と言うポジションでした。
    ただ椎名法子の担当声優として、ようやくステージデビューを果たし、
    この日まで色々と悩みながらライブに臨んだというエピソード自体は、
    涙腺を大いに刺激しました。
    しかし自分は何故か、この人から目を離すことができませんでした。
    帽子の羽が誰よりも垂直気味に立っていて目立ったのもありますが、
    この人が参加されるステージではちよさんに自然と目が行きました。
    そしてご本人の歌声の通りの良さ。
    合同曲に参加して、ちよさんが歌っている個所が自然と分かりました。
    MCでも会話に積極的に参加して、存在をアピールしていました。
    ある意味、ガツガツしていたとも言えるでしょう。
    しかし、参加が後半の声優さんが皆に覚えてもらうために、
    この二日目のアピールはバッチリ自分に伝わりました。
    今後のこの人の明るい未来と、ちよさんの地力の高さが見えました。

    新しい声優さんの披露がとても多い子のシンデレラ5thライブ全国ツアー。
    各地でお披露目される声優の皆さんは、
    どの方も初々しさが見られますが、
    同時にこの方に担当してもらってよかったと毎回思えることが多いです。
    元々、キャラクターが先行して広まっているシンデレラガールズに、
    後から声が付いたキャラクターが続々と登場しています。
    ある意味、後輩が次々と登場している環境が出来上がっているといえるでしょう。
    シンデレラガールズ自体は5年が経過し、
    ステージ経験地の差が出てくる人が今後も出てくるでしょう。
    しかし自分は心配していません。
    どの声優さんも、キャラクターになりきるための努力、
    工夫を幾重にも重ねています。
    そしてそれがステージの上で、幸いにも花開くことができています。
    今後もこれが続けば、シンデレラガールズの未来は末永く明るいこととなるだろう、
    と帰りの深夜バスの中で思ったバウアーでした。
  • バウアーの顔にご注目(シンデレラ5th大阪遠征前)

    2017-06-09 21:54
    おはこんにちばんは。バウアーです。

    これから自分はシンデレラ5th大阪公演二日目に行ってきます。
    まさか行けると思っていなかった公演に行けるのは、
    また格別というものです。
    今回、大阪公演のチケットを融通してくださり、
    いつもお世話になっているじょうさん(@jou_hain)、
    ありがとうございます。

    個人的に注目している出演者は、松嵜麗さん。
    仙台公演で見事に座長を務めあげ、
    二つ目の個人曲である「にょわにょわーるど☆」を披露した。
    大阪一日目でも歌われたようで、
    生で聞けるのがとても楽しみだ。
    ヤクルトスワローズはまだまだ連敗が続いているが、
    そんなことを忘れさせてくれるくらいのステージを期待します。

    そして歌唱力ではシンデレラガールズで一位二位を争う、
    さっつんこと松田颯水さん。
    ついに二つ目の個人曲、
    「PANDEMIC ALONE」が披露されました。
    初めてステージを見たその日から、
    シンデレラガールズの中でも尖りまくりのステージに
    自分は魅了されてしまいました。
    当日はフェイスペイントもしていくので、
    是非バウアーの顔に注目してください。

    そしてこの公演でデビューとなる、椎名法子役の都丸ちよさんと、
    道明寺歌鈴役の新田ひよりさんを忘れてはならない。
    共にデレアニで声が付いたが、
    ステージデビューまで時間がかかってしまった。
    この大阪公演が、お二人にとって最高の晴れ舞台となることを祈ります。

    それでは自分は、これから大阪に行ってきます。
    いつものように、心を落ち着かせて、挑みたいと思います。

    いってきます。