• I'm back on ブロマガ!!

    2017-12-11 22:51

    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    「I'm back on ブロマガ!!」

    端的に言えば、ブロマガ投稿の再開を宣言したいと思います。

    仕事で間がそれなりに空きました。
    そしてその間に好きなアイドルマスターミリオンライブのイベントが進み、
    最終公演が終わったと思ったら小籠包を探す旅に出る超人アイドル達のイベントが発生。
    ミリオンライブ慣れした自分ですらFワード使ってしまうほど驚きました。
    最後に爪痕を残そうとああいうシナリオを作ったのでしょうが、
    まあ鼬の最後っ屁じゃないですが、
    ミリオンの最後の暴れっぷりを帰国してエンジョイしています。

    シンデレラはどうかというと、
    既に来年のドーム公演発表は終わりましたし、
    6周年記念イベントも佐藤利奈さんご本人がようやく登場するサプライズ。
    来年以降も色々と仕掛けてきそうな匂いをぷんぷんさせている様子。
    どれも出張前の出来事なので、
    これといって大きな動きは無かったようですが、
    それでもその存在感は忘れることはありませんでした。

    そして本家。
    来年の新年早々から仕掛けてくる攻めの姿勢。
    しかも本家メンバー単独でのライブが実現。
    今年のプロミでミンゴスが願いを込めて叫んだことが、
    来年のライブで実を結ぶという腕力の強さはさすがバンナムといったところか。
    PS4でステラステージがリリースされてコンシューマーでのアピールもありますが、
    やはりライブ好きの自分としては本家ライブがあることが
    どれだけ嬉しいことか。
    披露していない曲が溜まっていることもあるので、
    これを機会に一気に放出して、
    溜まっていたものをスッキリさせるのがいいでしょう。

    SideMに関しては、
    基本的にアニメを追い続けてその感想を毎エピソード溜めているという感じです。
    流石にSideMにまで手を出してしまったら、
    お財布事情がとんでもないことになってしまうのは間違いないので、
    遠目にコンテンツの行方を追うスタンスは変わらないと思います。

    個人的に気になるのはブラウザゲーとして展開予定の新コンテンツ。
    過去の記事でも書きましたが、
    これまでブラウザーゲームに手を出していなかったこともそうですが、
    デザインも一新して声優さんのオーディションも行われて、
    来年の春頃にはお披露目という噂もあります。
    こっちに手を出すかどうかは、
    新コンテンツが未知数というのもあって手を出すか迷っています。
    既に本家、シンデレラ、ミリオンと三コンテンツに手を出している以上、
    四つ目はやはりキツイです。
    ですが好みのキャラクターやコンテンツの出来次第では、
    恐らくいつものようにハマってしまうはずです。
    まあコンテンツが良ければの話ではありますが。

    いつも通りアイマスコンテンツ中心のブロマガは、
    今後も変わらないで投稿する予定です。
    ライブ現地参加感想についても変わらず。
    オタクコンテンツに部類されるようなネタはこっちに不定期で
    投稿する予定ですので、乞うご期待!!とバウアーは締めさせていただきます。


  • 広告
  • ブロマガ更新一時停止のお知らせ

    2017-11-20 23:01
    おはこんにちばんは。
    バウアーです。

    ちょっと海外に行ってきますので、
    ブログ更新を一時停止致します。

    単純な話、仕事の都合で海外に出ることになりまして、
    その都合上、ブロマガ更新ができなくなることを
    予めお伝えしておきます。

    早ければ12月初旬には更新を再開しますので、
    それまでは暫くお待ちくださいませ。
  • コンテンツを愛する者同士、仲良くするべきなのにエラそうな態度を取るクズ連中は一体何なのだ。

    2017-11-19 22:07

    おはこんにちばんは。バウアーです。

    飲み会や食事会などの会話の中で盛り上がるシーンの中に、
    あるコンテンツの熱烈なファンの人が、
    コンテンツのことを喋りまくることがあると思います。
    その人がコンテンツに対しての熱を振りまいているだけなら、
    ただ聞くだけで事は済みますが、
    もし話の方向が「ファンはこうあるべき」のような、
    ファンの理想像についての話に及んだら要注意です。

    大抵のそういう人って、
    コンテンツへの愛の表現としてコレクションをどれだけ持っているとか、
    知識をものすごく蓄えていることを自慢し始めて、
    徐々に面倒くさくなることが関の山です。
    でもってこの場に同じコンテンツを愛する別の人がいた場合、
    話し始めた人と後から現れた人同士でどちらがより熱を持つファンであるかを
    競い始める最悪のシナリオが始まる危険性があります。
    こうなったら熱を持っている同士が掛け合わされるので、
    度を越えた熱を周りに振りまいてしまう迷惑行為へと発展してしまうのです。

    こんなことはツイッターやSNSでもよく発生することでしょうが、
    その度に思うことがあります。

    「ファン同士でどっちが偉いとかあるの?」





    どのコンテンツにも少なからずファンというものは存在すると自分は思っていて、
    そしてそのファンの中を探るとどこにでも中心人物的な有名ファンがどこかしらに
    いると思っています。
    名前こそ挙げませんが、
    アイマスコンテンツでも有名なプロデューサーの人は何人か存在して、
    そのプロデューサー主催の飲み会は何十人と人が集まっているようです。
    まあ大概はライブ終わりの打ち上げなのですが、
    時にコミュニティ内のリーダー的な人がコンテンツ論をつらつらと話して、
    さも偉そうにしているのです。
    そして周りの人間はその人の話を大事に聞いている。
    まるで新興宗教の教主とその信者です。

    自分は最近ではめっきり少なくなったアイマスコンテンツの古株のPです。
    アーケード時代からアイマスに触れていますと自己紹介すると、
    突如として大先輩扱いされることも時々あります。
    ただ自分は好きでアイマスコンテンツにずっとついてきただけで、
    それは自分の意思でしかありません。
    他のPの人たちだって、好きでアイマスイベントに参加しているはずです。

    そしてそういう人たちと出会う度に、
    その人たちなりのコンテンツへの愛の表現方法の幅の広さに驚かされます。
    先日のハッチポッチフェスティバルで見掛けたのは、
    自らにボール紙で作ったと思われる四角型のコスチュームを着た桃子のPの人が、
    自らを桃子の使う踏み台と化することで愛を表現していました。
    これは考えたことが無かった表現方法として、とても印象的でした。

    また福田のり子役の浜崎奈々さん宛てのプレゼント企画をやっていた集団の方々は、
    どの人も水道橋駅あたりにいそうなプロレスファンと一見して分かる服装をしていました。
    ケンドー・カシンの覆面を被った方や、プロレスユニットの服を着ている方など、
    プロレス会場にそのまま参加できそうな格好をしていました。
    自分はアメリカンプロレスファンなので、
    こういった日本のプロレスファンの方々と交流をするのは新鮮でした。

    こんな感じで他のファン同士と色々と交流が出来れば最高なのですが、
    何故かこの世には自分の優位性を主張しようとしすぎる輩が存在するのが残念です。
    古株だろうが新参だろうが、そのコンテンツを愛していることに変わりはないはずです。
    なのになぜかカースト制度のような上下関係を築こうとする人が、
    どこかしらに一定数存在するファンの中の一群。
    こういう困った連中がいなくなれば、
    住みやすい環境が作られるのではと時々ばバウアーは思うのです。

    今後もいろんな会場に現れるバウアーですが、宜しくお願い致します。
    そしてお互いに健全なお付き合いができることを願っております。