• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その12
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その12

2018-07-25 00:00
    392dc54ce0a39523a52d6e7d12d2a2ff5b0cfdbb

    [本号の目次]
    1. 調査三年目の奇跡 – 上がってきた触腕
    2. 調査三年目の奇跡 – 巨大な吸盤
    3. 調査三年目の奇跡 – 船上のインタビュー
    4. 調査三年目の奇跡 – ロガーの静止画

    調査三年目の奇跡 – 上がってきた触腕

     太さ2.5㎜ほどの赤褐色のナイロン・テトロン幹縄が、ラインホイラーのローラーに巻き上げられて籠の中にぐるぐると溜まってくる。磯部さんは巻き上げるスピードを慎重に調整した。秒速0.8mほどで、漁業用縦延縄を巻き上げるときの約半分の速さである。私はラインホイラーの横に立って、海の中から揚がってくる幹縄を見つめていた。20分ほどたって、幹縄が終わると磯部さんはその下のナイロンテグスを素手で手繰り始めた。

     「先生なんか変なものが付いているよ! ダ、 ダイオウイカの足だ!!」

    海中を覗き込むと、白いロープのようなものがロガーの下のイカ針にかかって上がってくる。私も思わず

     「ダイオウイカの足だ! いや、触腕だ!!」

    と叫んだ。その声を聞きつけて、NHKのスタッフが舳先のほうから飛んできた。磯部さんはゆっくりと仕掛けを引揚げると、イカ針にかかった触腕を慎重に引き上げ始めた。手繰っても、手繰ってもなかなか最後までたどり着かない。甲板には太くて長いゴムチューブのような触腕がトグロを巻いた。船上は興奮の渦に巻き込まれた。

     「ひえー、ダイオウイカの触腕が、釣れちまった・・」

    4c0f802c79e78bbcfaf7d3db7bc158dc2fd5ed38
    調査用旗流し縦延縄の旗竿と浮き球を取り込む

    83f8ca435b1de139dc34177bcab346dacd4f99ea
    幹縄をラインホイラーで巻き上げる

    ed9e20678213a1468ffc43636756c7c2837c6dbf
    船上に取り込まれた長い触腕とイカ針
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。