• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その15
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その15

2018-10-04 15:01
    89a4532c326a89e99a3468f94ea991b7e0d418c9

    [本号の目次]
    1.特別展「パール」
    2.大騒動のニュース・メディア
    3.日本のニュース・メディア
    4.ナショナルジオグラフィックの嬉しい評価

    特別展「パール」

     英国の生物系学術誌、ロイヤルソサエティー、シリーズBからダイオウイカ論文が公表される予定の2005年9月27日の前夜、私は特別展「パール」の開催に向けて、上野の国立科学博物館・地球館地下3階にある特別展会場準備室でその準備に忙殺されていた。10月7日(金)に関係者内覧会とセレモニー、そして10月8日(土)からは一般公開が始まるのだ。特別展担当責任者として、各々の展示品と解説パネルなどの確認、配布する資料や図録の準備、会場整備とオープニングに向けた最終調整など、やらなければならないことが山ほど残されていた。
     その時、交換台から英国から国際電話が入っていると連絡があった。何事かと受話器をとると、よく聞き取れないがロンドンのラジオ局のスタッフと名乗る男からインタビューをお願いしたいとのことのようである。何のことかと聞き返すと早口の英語で、ジャイアントスクイッド・ファーストタイムを何度も繰り返した。どうも論文公表の前に内容が漏れたようである。適当にごまかして電話を切ったが、また直ぐにかかってきた。仕方がないので、脂汗をかきながら拙い英語で質問に答えてなんとかその場を凌いだ。自分で聞くことは出来なかったが、深夜のロンドンでラジオから私の声が流れたのかもしれない。取材解禁前のフライイング気味だが、彼にとっては大スクープになったに違いない。その後も何度か交換台から国際電話の知らせがはいったが、交換手さんに「クボデラはこちらにはいない」と伝えるようにお願いして、二度と受話器を取ることはなかった。

    4cd9deb7167c820506f191742799a36edae18deb
    「パール」展に出品する美術品を事前に調べる。

    56023605f7cab888fa57d2d131bf414dd728fc42
    ジョー・ディマジオがマリリン・モンローに贈ったといわれる伝説のパールのネックレス。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。