• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

2017年3月21日号。<敢えて病気の老残をさらした男、作家・慎太郎に、都議ごときが太刀打ちできるものか>。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2017年3月21日号。<敢えて病気の老残をさらした男、作家・慎太郎に、都議ごときが太刀打ちできるものか>。

2017-03-21 09:26

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    2017年3月21日号。<敢えて病気の老残をさらした男、作家・慎太郎に、都議ごときが太刀打ちできるものか>。


     4時起床。
     東京は雨。
     「春雨じゃ濡れて参ろう」は新国劇の月形半平太の名セリフだが、最近ではそう行ってもきょとんとする女性の方が多くなった。まあ、言う方がジジイなのだが。
     http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1423942564
     この時期、呑み屋から出て小雨が降っていると、傘を準備していなかったことを誤魔化すために一緒にいた女の子によく言ったものだ。これは呑んでいて一軒目から次に行く時には似合うが、電車を降りて四ツ谷駅で外が降っていたからといって、呟いてはいけない。ただの馬鹿である。
     呑み屋でも、やはり京都だな。高瀬川沿いの柳がそぼ濡れるのを眺め、店々に灯が入る風情を味わいながら言うべき科白である。そう思
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。