自殺を巡る力学
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自殺を巡る力学

2013-01-28 17:20
  • 33
  • 33
ブロマガ記事の一発目がこんな辛気くさい話で申し訳ない。

朝、早くに目が覚めてしまったとき、なにかつらつらと考えてしまったのだからしょうがない。

高校生のときに下校時にバスに乗らずにわざわざ駅まで30分かけて歩いて帰ったのは、友達と無駄話をするためだ。無駄話といっても、理系だからか、若かったからか、理屈っぽい議論によくなった。そのひとつは自殺は本当に悪いことか?だ。

僕の親友が言った。「なんで死ぬことがいけないのかが、いくら考えてもわからない」

もちろん彼自身は自殺する気もなければ、人生に思い悩んでいたわけでもなく、たんに理屈として人間が自分の意志として死ぬことが絶対にいけないと先生とかがいっていることが、理解できないという話だ。

人間がもつ自由意思と自己責任という原則を組み合わせて考えれば、犯罪をやって捕まる、ということすらも社会的制裁をも覚悟してやるなら個人の自由じゃないか。自由意志の選択の結果としての自殺も、やっぱり突き詰めて考えると個人の自由としかいいようがないのじゃないか。そんな主張をぼくの親友はした。

それに対するぼくらの意見はいろいろ分かれたのだが、だいたい、次のような派閥があったように思う。

(1)自分を殺す権利は自分にはない派
 親から貰った命を自分勝手に奪うことはできない。自分を殺すことは殺人と同じで、他人を殺すのと同じぐらいにいけない犯罪であるという立場
(2)まわりの人間が悲しむから自殺してはいけない派
 どんなひとであれ、人間が死ぬということは悲しいことで、親とか友達とか悲しむから、自殺してはいけない。
(3)社会的なルールでそう決まっているだけ派
 自殺を推奨すると社会が成り立たないから、社会のルールとして自殺を禁止しているだけである。
(4)なにかぼくらにはまだ分からない深い理由があるんじゃないか派
 自殺がだめな理由がいまいち納得できないんだけど、かといって自殺がいいとも思えないから、上記の3つ以外に、なにか自殺してはいけない深い理由があるかもしれない。

 理系的な理屈で考えると(1)と(2)は根拠としては成立していないとしか考えられない。(1)はほとんど理由というよりは定義として自殺はだめだと決めつけているだけだし、(2)についてはじゃあだれからも悲しまれないひとは死んでもいいのかという疑問が残る。そこで死んで悲しくない人なんてこの世にいないという反論がくるわけだが、それはそれで(1)と同じく、事実というよりはただの定義だろとしか思えない。

 したがって理屈としては(3)しかないだろうという恐ろしい結論になる。つまり人間は死ぬのだって個人の自由であるはずだ、ということになる。でも、そのわりには自殺してはいけない、命を粗末にしてはいけないという大人たちが真剣にいうのはなぜなんだろう。理屈的には(3)しかないように思うのだけど、なんであれほどまでに必死で否定するひとたちがいるのだろう、というわけで(4)の立場が生まれるのだ。ぼくたちはだいたい(3)か(4)の立場から、いろいろな可能性を話し合ったのだ。

 そのときも納得できる自殺してはいけない理由はみつからず、大人になってみたのだが、やはり理屈としては高校生のときと結論は変わらない。人間が死んではいけない理由なんて、生きる理由と同じぐらいに本当はないんだということがさらにはっきり分かってきた。

 ただ言えるのは進化の上ですぐに死にたがる生物は死滅するだろうし、生きようとする生物は生き残る確率が高いだろうということだ。ぼくら人間は生き残ってきた生物の末裔だから、生きようとしない人間を排除しようとするのはあたりまえだし、生きなくてもいいなんて考えは有害でしかない。

 視点を変えて、人間はどんなときに死にたがるのだろうか。

(a) 生きるのが肉体的に辛いとき
(b) 生きるのが精神的に辛いとき
(c) プライドが傷つくとき
(d) 罪悪感を感じたとき
(e) 幸せになったとき
(f) 他人にかまってほしいとき

(a)、(b)のように人間には死んだほうがましと思うような現実がある。爪を1枚ずつはがされ、指を一本ずつハンマーで叩き潰され、いきながら、解剖されるような拷問を受けるくらいなら、僕は死ぬ。どんなことがあっても自ら死んではいけませんといくら愛するひと、尊敬するひとに説教されたとしても、ムリなものはムリだから死ぬ。そこまでいかなくても、手術でメスを入れられるなんて思った瞬間に死にたくなるし、会社や学校いって友達もひとりもいなくて、仲間はずれにされたら、猛烈に死にたくなるのは間違いない。
(a)と(b)は現実からの逃避であるなら、(c)と(d)は自分という現実の否定だ。自分を保ちながら生きていくことができないと感じたら、人間は死ぬしかないと思い詰める。実際は(a)(b)(c)(d)の4つは組み合わさって起こることが多いのだろう。

2ちゃんねるで有名なコピペを以下に貼る。

ーーーーーーコピペ引用ーーーーーー
京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
「すまんな」と謝ると、母は
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言い、強く抱きしめた。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
自分も包丁で首を切って自殺を図った。
冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、
眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。
ーーーーーーーコピペ終了ーーーーーーー


この2ちゃんねるでよく貼られるコピペが実際にあったことなのかどうかは知らないし、知りたくもないのだが、自殺するひとを弱虫、犯罪者と罵ったり馬鹿にする権利なんてだれも持たないと思うし、現実に介入できないし、介入する気もないひとが安易にがんばれと応援することのむなしさみたいなものも、ぼくは感じる。
そしてもうひとつ思うことは社会の中で極限状態にさらされたとき、人間は誇り高い人間から死んでいく、ということだ。

(e)については共感が得られないかもしれない。人間は長く生きると、まして長いトラウマや辛いことが克服されたときは、もう死んでもいいや、という気持ちになる。積極的な意志ではないにせよ、そういう気分になる。

(f)というのは最悪だ。人間は他人にかまってほしい自己表現の究極の形として自殺を試みることがある。最初は手首を切ったりすることからエスカレートしていき、ついには本当に死ぬところまでやってしまったりする。

これらの理由が複合して人間は死にたいと思う。たぶん、現代人はおおかれすくなかれほとんどの人間が程度の差こそあれ、死にたいという衝動を感じながら生きているのではないかとぼくは思う。

では、なんで死なないのか。人間が死なない理由はなんなのか?
たぶん、3つぐらいしかない。

(一)生きるの楽しい
(二)死ぬのが怖いから
(三)自分が必要とされているから

生きるのが楽しくなくて、自分が世の中で必要とされてないと思うような人間にとって、最後のよりどころは死に対する恐怖でしかなくて、そんな危ういところで生きているひとはきっと現代の日本には多いのだろう。

なんか中途半端ではあるけれど、ここで今回の記事は終わることにする。


広告
他23件のコメントを表示
×
死んだあとの後始末がめんどい。あとは、死ぬと決めたあとに自暴自棄になって迷惑かける可能性があるから。税収減ったら困る。人口が減ると国家として困る。自殺にみせかけて殺人しやすくなる。本当に自殺なのか見分けるのは難しい。
40ヶ月前
×
>>18
ぼくも他に何か方法があったはずだと思います。それから、3年も生きれない、と医師に言われたとのこと。3年もあれば結構いろんなことができます。ぼくは「あるものを探してできることをする」を習慣にしています。そのせいか、生きるのがそこそこ楽しいです。たとえば、マクドナルドの期間限定のマックシェイクをご存知でしょうか。ブルーベリー味です。とても美味しいです。オススメします。
40ヶ月前
×
>>25
負債で死ねないというのは、たしかにありますね。
でも、親に迷惑かけてるから死にたい、って気持ちもあります。

>>26
死んだ後のことなんて、多分、自殺する決断をした時点で考えてないでしょう。

電車で人身事故という名の「轢死」を選択する人は、普段電車を使っている人で、会社に行きたくない、とか、今日の仕事で失敗した、もしくは、うつで休職中だけど習慣から電車に乗った、という人だと思います。
本人にとっては切羽詰まった状態なんで、他人に迷惑をかけるとか考えてないはずです。
まぁ、完全に狂ってる状態ですよね。
# と書いてたら、灰羽連盟のレキを思い出したり。

自殺で税収とかは関係ないと思いますよ。
他人が自殺しても、知人が自殺しても、僕の人生にはあんまり影響がない。
そもそも、景気がいいときに大量の子供を産み、その頃の人生モデルやルールだけが残っている世の中なので、多分、自殺にしろ他殺にしろ、雇用や税収で考えると、人が減ることは寧ろ歓迎されるのかもしれない。

あと、
>>4
お前は死ね。
40ヶ月前
×
>>29
わかりました死にます
40ヶ月前
×
「ニコニコ超会議2」の中止を求めます

株式会社ドワンゴ
代表取締役会長 川上量生 様

私は、幕張メッセに戦車や政党を呼んだり、クッキーを無料で配布したりするために、年間6300円を株式会社ドワンゴに支払っているのではありません。よって、私は「ニコニコ超会議2」というイベントの開催中止を求めます。また、私は、今回の請求を実のあるものにするために、3月〜5月にかけての3ヶ月間、プレミアム会員を退会します。
39ヶ月前
×
「ニコニコ超会議2」の中止を求めます

株式会社ドワンゴ
代表取締役会長 川上量生 様

ニコニコ超会議2には、多くのスポンサーがついています。そのうちのひとつに、株式会社ローソンがあります。そして、ローソンの完全子会社の株式会社九九プラスは、ブラック企業です。

事実関係をまとめます。

2011年5月31日、株式会社九九プラスが運営するSHOP99(元ローソンストア100)の元店長が、権限のない「名ばかり管理職」による残業代なしの過酷な長時間労働で健康を壊したとして、未払い残業代と慰謝料の支払いを認める判決を受けました。判決は、この店長が「名ばかり管理職」だったと認め、会社側に対し、残業代44万8376円と付加金20万円、慰謝料100万円の計164万8376円を支払うよう命じるものでした。

この店長は、2006年入社後、わずか9カ月で店長となりました。しかし、「管理監督者」扱いで残業代は払われず、店員時代より賃金は8万円も下がりました。37日連続勤務など過酷な労働が原因で、うつ状態と診断され、入社から1年2カ月で休職に追い込まれました。

ブラック企業を完全子会社するローソンをスポンサーにつけたイベントを開催することは、人間が人間らしく生きていく世の中に対する冒涜です。

ニコニコ超会議2の開催を中止してください。


【参考】
ブラック企業大賞: ノミネート企業一覧&選考理由
http://blackcorpaward.blogspot.jp/p/blog-page_12.html
ブラック企業大賞2012 シンポジウム
http://live.nicovideo.jp/watch/lv101666847
39ヶ月前
×
こいつただの荒しじゃねーかwwwwwww
37ヶ月前
×
下記のブロマガに「振り込め詐欺」を目的としたと思われる記事が投稿されました。それゆえ、インターネットホットラインセンターへ通報しました。

ichimannetnokaiのブロマガ
http://ch.nicovideo.jp/ichimanninnetworknokai

インターネットホットラインセンター
http://www.internethotline.jp
36ヶ月前
×
僕は死後の世界、つまり天国や地獄があるって信じている方なんですよね。


で、もしあるなら、自殺した人は天国には行けなさそうだし、それが自殺してはいけない理由だと思ってます。ちょっと趣旨が変わってしまいますけど。 

22ヶ月前
×
昨日生きてたから死なないのかと思ってます
22ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。