• このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご注意】このチャンネルは、現在新規入会を受け付けておりません。

【1月5日「市民連合」街宣でスピーチしました】香山リカの第一診察室 vol.70
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【1月5日「市民連合」街宣でスピーチしました】香山リカの第一診察室 vol.70

2016-01-07 17:15
  • 9
________________________________________
1月5日「市民連合」街宣でスピーチしました
 香山リカの第一診察室  vol.70       2016/1/7
________________________________________

 どうぞお入りください、お待たせしました。
 ココロのおかげんはいかがですか…?
 
 安全保障関連法の廃止を求め「SEALDs」や「ママの会」などの市民団体の有志が、この夏に予定されている参院選で野党統一候補を支援するために昨年末、「市民連合」を結成しました。その初の街頭演説会が1月5日、東京・新宿駅前で行われ、平日の昼間にもかかわらず、5千人もの人が集まったことは、報道などでご存じかと思います。私もゲストスピーカーのひとりとしてスピーチしたのですが、当日、時間の関係で省いた部分も含め、その全文をここで公開させていただきます。

 私自身は「市民連合」の世話人などではなく、どちらかというと外野の応援団なのですが、みなさんから「もっとこうしたら?」「こんなことやって」などのご要望やご意見があれば、“中の人”たちに伝えたいと思います。どしどしご意見お寄せください!


**********


 この年末年始も、私は、北海道・小樽市の実家にもどり、母とふたりですごしました。ほかの地方都市と同じように小樽も景気はよくありませんが、窓の外にはいつもながらの静かな雪景色が広がっていました。「穏やかなお正月ね」と母は言い、私は一応、「そうね」と答えましたが、目を閉じてちょっと記憶力や想像力を働かせるとその穏やかさは今やとてももろいものでしかないことを知っています。日本はすでに集団的自衛権の行使を容認する戦争法を持つ国になり、この穏やかさや平和は、一瞬で消えてしまうかもしれないのです。

 精神科医の私の診察室には、ひとよりまじめで繊細なため、働きすぎたり人間関係で気をつかいすぎたりして、傷つき疲れた人たちが大勢やって来ます。社会の空気にも敏感なその人たちは、私に「先生、これから世の中はどうなってしまうのでしょう。なんだかすごく怖いんです」と言います。私は、以前ならそうしていたように、「大丈夫、心配はいりませんよ」と言ってあげることができず、「そうですよね。でも考えすぎても仕方ないから、今は目の前のことだけ見て暮らしましょう」と伝えます。

 近年の脳研究の進歩は目覚ましく、人間の多くの心の働きについても、科学の光があてられるようになってきました。しかし、肝心なこと、「人間にはなぜ意識つまり人間らしい心が備わっているのか」については、実はまだほとんどわかっていません。ただ、意識や心は、生きものが地球に誕生して以来、何百万年ものたいへんな苦労や犠牲を経ながら進化し、ようやく手に入れた奇跡であることがわかってきました。ところが、なぜか進化はそこで止まり、私たちはいまだに自分以外の誰かの意識や心の中にアクセスすることはできずにいます。親子でも親友でも恋人でも、その人がいま本当は何を考えているのか、まったくわからないのです。でもだからこそ私たちは悩み、苦しみ、そして他の人の心の中を一生懸命、想像して理解しようとし、まだ言葉や身振りでなんとか自分の気持ちを伝えようとするのではないでしょうか。

 安倍政権が誕生してから、秘密保護法の制定、生活保護法や派遣法の改悪、原発再稼働、沖縄辺野古本体工事への強制着工そして解釈改憲による戦争法の制定など、ひとりひとりの暮らしと気持ちと命を踏みにじるような政策がどんどん実行されています。マスメディアへの公権力の介入も露骨に行われ、何が起きているのか、知ることさえむずかしくなりつつあります。また、そういった政権の雰囲気に後押しされて、在日外国人へのヘイトスピーチ、生活保護受給者へのバッシングを平気で行う人たちもあとを絶ちません。

 「一億総活躍」などという単純きわまりない言葉で国民をひとくくりにしようとする安倍政権は、私たちが労働マシーン、さらには戦闘マシーンとして国家に奉仕することを求めているかのようです。それはつまり、もう自分以外の誰かの胸のうちなど想像しなくてよい、意識を、心を捨ててよい、人間であることをやめてよい、ということにほかなりません。
 意識や心があるからこそ、私たちは、目をあければ現実を見ることができ、目を閉じれば果てしない記憶や想像の旅に出ることができます。何百万年もの進化の結果、手に入れたこのすばらしい人間としての心を、権力によって奪われることなどあってよいわけはありません。

 みなさん、私たちがやろうとしているのは政治の闘いではありません。文化や文明の闘いでもない、と私は思っている。これは人間としての闘い、人間であることを守る闘いです。私たちから言葉を奪わないで。私たちから心を奪わないで。人間であることをやめろ、と言わないで。私は、安倍政権にそう言いたい。

 ここにはいろいろな人が集まっていると思います。いろいろな世代、職業、国籍、宗教、いろいろな思想や価値観の人がいると思う。でも、この闘いに連なる条件はたったひとつ、「人間であること」だけです。いろいろな違いもあると思うけれど、私たちはお互いに絶対に手を離してはなりません。私もみなさんの手を離しません。だから、私の手も離さないでください。タイムリミットは迫っているけれど、勇気を持って、安倍政権から人間としての心を守る闘いを、いっしょに闘っていきましょう。

 
では、おだいじに~!!


チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
香山リカの第一診察室
更新頻度: 毎週配信
最終更新日:
チャンネル月額: ¥540 (税込)
現在、入会を受け付けておりません。
×
もう、ほとぼりが冷めたとでも思ってるのかな?ネット時代を舐めない方がいいと思いますよ。
4ヶ月前
userPhoto
KS
×
>私たちはお互いに絶対に手を離してはなりません。私もみなさんの手を離しません。

この文章にぞっとします。突然に手をひっつかまれて仲間になることを強要される・・・・・
同調圧力を通り越して全体主義といっても過言ではないでしょう。
私は秘密保護法や集団的自衛権に賛同しています。社会で活躍しようと頑張っています。
でもそんな私は香山さんにとって、安倍に操られ人間性すら捨てた頭のおかしい大馬鹿者で人間扱いしてやる価値もないんでしょうかね。

ああそうそう、民主党とかいう政党が一億層活躍は自分たちの政策のパクリだと憤慨してましたよ。
そっちにも何か一言ないんでしょうか。嫌なら別に強要はしませんが。
4ヶ月前
×
この精神病の精神科医ってまだ需要あんの?
4ヶ月前
×
虎ノ門ニュースの一件で大恥かいてしばらく大人しいと思ったら、いつの間にかツイッター再開して絶賛開き直り&大暴れ中、文中じゃ「外野の応援団」なんて言ってるけど、それこそ本当に外野から見れば香山本人も立派に仲間。
4ヶ月前
×
ではまず、Twitter乗っ取りの件について被害届を出したほうがいいのでは?決着つけてくださいよ。
で、次に要望です。
ネットやめたら?また虎ノ門ニュースの件と同じように、大恥かくだけじゃすまなくなりますよ?
4ヶ月前
×
ツイッターのアカウントが乗っ取られたと仰ってるのでこの放送も乗っ取りアカウントかもしれませんね(棒
4ヶ月前
×
私は香山さんのこのスピーチの内容に賛同し、支持します。ネットの上では、つまらぬ中傷をチクチク言って喜んでいる人もいると思いますが、そんな彼らには、5千人の聴衆の前で堂々とスピーチする勇気も能力もありません。
4ヶ月前
×
ようするに、人間対非人間の戦い。
安倍政権支持者は人間じゃないって事ですね。
4ヶ月前
×
倒錯した医者が診断するとこうなる。

3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。