• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【2018/9/11 Part1】 トライアル重賞回顧01 紫苑S
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【2018/9/11 Part1】 トライアル重賞回顧01 紫苑S

2018-09-11 18:50
  • 4
競馬王マガジンWebマガジン 2018/9/11 Part1

競馬王Webマガジンの配信サンプル
ご利用料金は月額540円(税込)で、今なら継続入会で月額会員費が1か月分無料になります。決済手段は、クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いがご利用いただけます。なお、都度課金をご利用の場合はニコニコポイントがご利用いただけます。



今すぐ競馬王チャンネルに入会
PCで閲覧されている方
この画面の右下&下に表示されている『チャンネルに入会して購読』から入会手続きにお進みください。ご利用はPC・スマホ両方可能です。

スマートフォンで閲覧されている方
この画面下に表示されている『チャンネルに入会して購読』から入会手続きにお進みください。ご利用はPC・スマホ両方可能です。



【競馬王9月号は好評発売中】


8/8(水)発売の競馬王9月号』の特集は「競馬の復習 完全版」となっております。屋台の二代目氏も登場します

4dac829ec90e8601f4ffb6a724061aa16a7c15dc



【次回のニコ生・リアル競馬王】
9/14(金)21時より「リアル競馬王」を放送します。【ローズS展望】順当に決まることの少ない3歳牝馬の秋初戦。今年穴をあける馬はコレ!

【メインMC】伊吹雅也




秋のGⅠシリーズに向けて、期間限定でトライアル重賞回顧を公開します。分析は「土曜日の馬場傾向と日曜日の狙い馬」でお馴染みの屋台の二代目氏です。

トライアル重賞回顧01 紫苑S
(分析&文=屋台の二代目)

トライアルシーズンも始まりました。ここからGⅠへと進める馬もたくさんいますが、トライアルのレースが行われた直後だからこそしっかりレースの中身を検証して、GⅠで馬券になるのかどうなのか?を考えていきたいと思います。

まずは紫苑Sのラップから見ていきましょう。

12.1-10.8-12.2-12.3-12.7-11.9-11.8-11.5-11.5-11.2 前半1000M通過1.00.1 走破タイム1.58.0

ラップを見ると分かりやすいのですが、前半はスローで流れて、後半1000Mの持続力勝負になった、というレースでした。開幕週の馬場で速い馬場だったとはいえ、当日の中山は向正面で向かい風が吹いていて、他のレースではやや抑え気味なところもあっただけに、速い脚の持続力が存分に必要になったレースと言えるのではないでしょうか。しかも、最後の5ハロン目からどんどんラップが速くなっていったことから、速い流れの中でもさらに切れる脚も兼備していないと勝つことができなかったレースと言えます。

勝ったノームコアは道中4、5番手で進んで、残り1000MからのペースUPにも対応して、上がり3ハロン最速の33秒6をマークして2着に3馬身差をつける快勝でした。春のフラワーカップ、フローラSでは先行するものの、切れ負けていた同馬にとって、持続力を生かしつつ速い上がりを使えたのは収穫と言えそうです。走破タイムも2016年にビッシュがマークした1分59秒7を1秒7も更新するレースレコードはかなり優秀で、同じく高速馬場になりそうな秋華賞でも似たようなレースができそうです。力関係で考えても、春の実績馬で、桜花賞、オークス5着だったマウレアを3馬身突き放しているので、力関係はマウレアよりも上になったと言えるでしょう。それに、桜花賞、オークスで2、3着だったラッキーライラックは不調、リリーノーブルは秋華賞不出走という状況なので、秋華賞ではアーモンドアイへの対抗一番手とも言えそうです。問題は今回騎乗したルメール騎手が本番では乗れない可能性が高いという点でしょうか。あと、今回優先出走権を取らなければいけない立場だったので疲労という面も気になります。2着のマウレアも脚元に不安が出たようですしね。速いタイムでの決着で反動が出なければいいのですが。現状では本領を発揮すれば秋華賞でも馬券圏内は十分ありそうですが、鞍上と体調に注目というところでしょうか。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
屋台の二代目さん、


はじめまして。
マーブルローズと申します。
いつも素晴らしい情報ありがとうございます!
二代目さんの記事は「欲しかった」内容ズバリですので、
いつも楽しみにしております。

皆さんと意見交換ができるとのことですので、
私の感想を書かせて頂きます。

まず、レースレベルですが、私独自のゲージでは「並」と判断しました。
時計は速くても前半が遅く、重賞ではハイレベルレースとして扱うには物足りない内容だったと思います。
ビッシュが勝った時は時計がかかる馬場でしたので、単純な比較はできませんが、私は今年の方がレベルが低いと感じます。

肝心な秋華賞で馬券になる馬ですが、
勝ち馬のノームコアしかいないのではと思います。
勝ち方が楽でしたし、なんたって一度3着以内に入ると好走が続く「デピュティ系」ですからね。
その他の馬は、あのペースであの結果なら、本番のG1では厳しそうです。

私が期待しているのはローズSに登録しているオールフォラヴです。
新馬戦をハイレベルレースで勝ち、忘れな草賞ではノームコアの3着にきたランドネに先着しております。
また、オークスでは初重賞にもかかわらず、トライヤル勝利馬らと差の無い内容でした。

もし、ローズSをハイレベルレースで勝つならば、秋華賞は本命にしたいと今から入れ込んでおります。

では、よろしくお願い致します!
2ヶ月前
userPhoto
競馬王編集部
×
マーブルローズさんへ、コメントありがとうございます。重賞回顧自体は先代こと真里谷さん(東方紅海夜などでおなじみ)が『WINS東方』で始めたもので、私もそれを引き継いで予想動画でやってましたが、自分なりにアレンジしたものです。やっぱり『実際の競馬予想で使えるものにしたい』という気持ちでやってきましたからね。マーブルローズさんからそういうコメントが来ると大変うれしいです。ありがとうございます。で、意見交換について申しわけないのですが、私以外は正直あてがありません。なので、たくさんの方にコメントしてもらえればと思ってます。『合っている、合っていない』は二の次で、皆さんでいろんな方面から意見を出すことで理解が深まると思っていますので、皆様よろしくお願いします。
2ヶ月前
userPhoto
競馬王編集部
×
で、マーブルローズさんのご意見に対しての私の意見を述べますと、紫苑Sのレースレベルについては高速馬場の恩恵が大きく、レベルとしては低かった。という事ですね。私はレースレベルに関しては自分ではそこまで格付けしておらず、正直なところ、グリー○チャン○ルの、先○の結果○析(伏字ですみません)という番組のタイムランクをそのまま参考にしていまして、確かにビッシュの年の時の方が時計がかかっている判定でした(今年の方が約1秒速い馬場)ので、確かに今年の馬場は高速馬場の恩恵が大きかったと思ってます。次の秋華賞、その次のレースにつながるか?という点ではビッシュの年の方がレベルが高かったと言えそうですね。ただ、今年のレベルを考えた時に、アーモンドアイ以外のレベルと照らし合わせるとどうなんだろう?というところですね。ローズSが外回りで瞬発力勝負になりそうなだけに、紫苑S組の方がコースや馬場、展開の恩恵を受けそうかな?というところでしょうか。ローズSの回顧でも書くつもりですが、『もしマウレアがローズSに出ていたらどういう結果だったかな?』という点も踏まえてローズSを見たいと思います。あと、オールフォーラブに関してですが、アルメリア賞はかなり強い内容だったので、ローズSはかなり有力視していいと思いますが、忘れな草賞ではHペースを追いかけて勝ったのはよかったですが、最後詰め寄られた点から距離が長いという声もありましたので、その点で成長が見られれば本番でもと思いますよ。それでは長くなりましたが今後ともよろしくお願いします。
2ヶ月前
×
屋台の二代目さん、


早速のお返事ありがとうございます。
ローズSは見応えがあるレースになりそうですね。
レース回顧を楽しみにしております。

皆で意見交換しあって、秋のG1完全制覇を目指しましょう!
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。