• ブログ休止 ※2017/10/12おまけ追記

    2017-10-11 23:57
    色々忙しいため、休止することにした。

    ユーザイベント(ユーザイベントの起きやすいシステムとはとか)、
    UI(メニューをループするべきでないときとか)、演出
    バランス等の話を続けて書こうと思っていたが……。

    まあ昔と違い、驚くほど今はゲームに対する情熱のようなものはないので
    ちょうどいいのかもしれない。

    おまけ(偉そうな書き方になっていたので若干修正)

    最初に書くか迷ったのだが……
    (私が書いてきた内容を参考にするかどうかはともかく)
    例えシステムが精錬された所でMMOが昔の全盛期の活気を取り戻すことはまずない※1

    それこそコンシューマゲームが昔のように売れる時代が来るかという問いに
    明確に「NO」と答えるのと同じレベルである※2※3
    ※どちらのほうが可能性があるかと問われれば、MMOの方がまだありえる。
    ※あえて書く必要もないと思うが、
     MMOの衰退とコンシューマが売れなくなった理由は、全く別のベクトルである※4

    一応〆ということで追記。

    ※1 ゲームの評価はあがるかもしれない。
       (ブラウザゲーの「かんぱに」とか見てても、
        UIのダメな所20箇所くらい上げれそう)

    ※2 おそらく遠からずやってくるであろう「仮想化社会」の時代に入れば別。

    ※3 ちなみに私なら昔Twitterか何かで書いたとおもうが、
       日本のアニメキャラが世界的に受け入れられる時代がやってくると思っているので
       おそらくそこを軸に世界相手に商売を展開していくかなあ~と。
       →理由は猫が万国共通で”かわいい”と言われている感情論理的な話から。
       
       まあ色々手法はあるとは思う。

    ※4 音楽が売れなくなった大きな理由の一つに
       「娯楽的な価値が下がったから」というのがあるが、
       コンシューマゲームも似たような構図を抱えている。
       そういう意味では付加価値を高めて音楽を売りに出した
       秋元氏の手腕はすばらしいなと、当時から思っている。
       
       ……最も私自身はゲーム音楽メインでしか聞かないため、
       48系のグループの人名を誰ひとりとして知らないわけだが。

  • 広告
  • MMOについて思うこと③

    2017-10-10 02:17
    話を入れ替えて運営主体のゲーム内イベントを先に書くことにした。
    ※固定イベントのことではなく、限定イベントの方


    まずちょっとした歴史から。

    MMOが流行り始めた当初、ゲーム内のイベントは
    ゲームマスターを通して行われるのが主流だった。

    しかしMMOが荒れはじめてきた頃、
    運営が矢面に立つと何かと叩かれ事が増えたことから
    ゲームマスターの存在自体があまり見かけなくなっていった。

    そして現在、オンラインゲームにこなれてきた業界は
    数字(同時接続人数だとアクティブユーザとか)ばかり見るようになり、
    時間限定イベントやログインボーナスなどに走り
    ユーザとの溝はますます広がるのだった……※1


    とまあ小話はともかく、イベントをやる目的はなんだろうか?
    ざっと思いつくのが、下記のようなことだろう。

    1.新規ユーザの獲得&休眠ユーザの復活
    2.ゲーム内コミュニティの活性化
    3.サービス&マンネリ化の防止
    4.上の人間に数字を見せるため※2

    おもにユーザに関係するのは2、3だろう。
    ※というより1と4はゲーム内容的に掘り下げようがない。

    さてではどんなイベントが「良イベント」といえるだろうか?
    最近あった中で良い例が(MMOとちょっと違うが)スマホの某Fateのゲームだろう。
    ※私はプレイしていないのでアレだが。

    というより正直MMOでこそ実現してほしかったイベントである……。

    MMOではソロ専の方もたくさんいるが※3、
    そういう方でも長くプレイし続けているのは
    「ゲームに参加しているという感覚」があるからと言ってもいいだろう。
    そこで重要になってくるのがイベントである。※4

    そういう意味では完全にソロでプレイするイベントにはあまり意味が無いと思っている。

    (時間がなくなってきたので、後日追記orz)



    ※1
    運営を一方的に悪いと決めつけるつもりはない。
    なにかあるとすぐ叩かれ、
    まともな論議すらできない今の日本のネット事情はヤバイ状態と言える。

    ※2
    手段と目的が入れ替わっているような運営は
    少なからずダメ運営のレッテルを貼られても仕方ないだろう。

    ※3
    私はだいたい半々くらい(ギルド5:ソロ5)だった。

    ※4
    この後に書く予定のユーザイベントも同様。
  • 仕事的雑談

    2017-10-02 02:05
    2017/10/9 追記
    タイトル変更し、記事を分割

    2017/10/4 追記
    なんだかんだでこの手のものを書くのに30分位かかるので
    時間ががが……。

    なのでちょっと小話でも書いてお茶を濁してみる(筆記15分ほどだった)


    個人的に仕事において重要なことはモチベーションであり、
    その次に集中力だと思っている。

    モチベーションのある人とない人ではまったく生産性が違う。
    クリエイティブな仕事であれば2倍も3倍も変わってくるだろう。

    集中力についても同様。
    そもそも人間が1日に集中できる時間は限られており
    集中を持続できる時間に至っては40分程度である。
    #だからポモドーロ・テクニックのようなものも存在している※1

    ましてや日本人は限られたリソース内で作業を得意としている民族でもある。

    ……こう考えれば考える程、残業して作業することが
    どれだけ無意味で仕事の効率を下げているのかとしみじみ感じる今日このごろである。

    しかし一度染み付いた価値観というのはそうそう変えることは出来ず……
    制服を着て仕事をしたほうが効率が上がるとのたまっているのも同様だろう※2

    ※1
    ちなみにこのテクニックは90年初頭に発明された。
    ……どれだけ日本が仕事環境に対する考え方が遅れているのかと思うと……

    ※2
    もし本当に効率が上がるのなら、基本私服な諸外国と比べて
    なぜこんなに生産性が低いのかと突っ込みたい。