• MMOについて思うこと①

    2017-09-19 00:32
    ようやく落ち着いてきたので
    暫くの間、MMOについて思うことをダラダラ書いていこうと思う。
    (できればUnityの記事の続きも書いていきたいが)

    といっても15年以上も前に思っていたことなので
    かなりカビの生えた話になってしまうかもしれない。


    まずゲームの内容ではなく、基本的なところから。


    1.MMOはサービスである
      →これは今となっては一般的な認識となったが、
       昔はその意識がかなり薄かった(とくにCS業界は)
       どうでもいいことのように感じるかもしれないが、とても重要なことである。
       ※特に会社側にとっては。


    2.プレイヤーを束縛する期間が長い
      →一般的なゲームであれば1~2ヶ月も遊べば次のゲームに移るが、
       MMOの場合短くて3ヶ月、長ければ1~3年は遊ぶ続けることになる。
       これは商品サイクルのことを考えればデメリットである。

       さらに悪いことに日本人は新しいゲームへあまり移行したがらない。
       ※どの記事だったか失念しまったため、ポインタを示せないが
        2016年度のMMOのランキングで日本は古いゲームが上位を占めている

       このことは日本がアイテム課金に向かった要因の一つとなっている。


    3.βテストは長くても1~2週間が限度
      →これも今となっては一般的である。
       しかしMMOが登場したてのころは(手探りだったこともあるが)
       ラグナロクオンラインの大成功もあって、
       やたらβテストが長いMMOだらけだった。

       結果的に後年『無料厨』と言われる層を大量に生み出すことになり
       2と同じくアイテム課金に向かった要因に繋がった。
       ※アイテム課金に向かった要因はたくさんあって他にも
        ・韓国産のMMOが人気を占めたため
        ・日本でのMMOのイメージ戦略に大失敗したため
        ・もともと日本人はサービスに対するお金の意識が薄いため
        などなどがある。
        私はどうあがいても日本はアイテム課金の道に行っていたと思う。


    4.ゲーム性に特化する意味は薄い
      →どんなゲームだろうと1、2ヶ月も遊べば飽きてしまうものである。
       ※面白いのゲームデザインの本によると人は
        考えうるあらゆる局面を学んだときに飽きてくるんだそうだ。
        (実際著書で述べられているのはもっと複雑な話だが)

       ゲーム性で長期に渡って遊ばせるには
       『PvP』や『PvE』などの多人数プレイにするのがもっとも手軽だろう。
       (カードゲームのように無数のパターンを用意する方法もあるが
        RPGなどのゲームに応用するのは難しい……)
       ※それゆえ昨今のMMOは、ほぼ『MMOの名前を関したMO』である。

      純粋(というのも変だが)なMMOで長期的に遊ばせるには
      やはりコミュニケーションツールとしての道が妥当だろう。
      ※実際サービス5年後に行われたラグナロクオンラインの
       アンケート「なぜ今もゲームを続けているのか」の質問では
       8割近い人が『ゲーム内に仲間がいるから』と答えている。
      

    とりあえず適当に書いてみた。
    ※ちょくちょく加筆するかも。

    しかし昔に比べれば状況が変わったとは言え
    未だに上記内容のことですら業界の中の人は勘違しているのではないかと
    思われるフシが多々ある。

    次回はエモーションについて触れてみたいと思う。


  • 広告
  • ゲーム的雑談

    2017-08-15 05:48
    今更ながらWiiの「ラストストーリー」をプレイしている。

    流石に長年RPGを制作してきた人が作っているだけあって、
    細かいところが良く出来ている。
    (キャラの演出がおかしいところがところどころあるが)
    #キャラクターの演出に関しては本当に洋ゲーは細かいなあと思う今日このごろ

    そのまえにプレイしていた「インフィニット・アンディスカバリー」とはえらい違いである。
    (こちらは未完成品というよりは全くブラッシュアップされていない出来だった)

    特に気に入ったのはチュートリアルとNPCの会話である。

    チュートリアルに関しては最近のRPGにも見習ってほしいくらい。
    (ブルードラゴンも良かった)

    話が少し逸れるが、私はラグナロクオンラインのサービス開始2年後くらいに
    MMO(敷いてはゲーム全般)とはどうあるべきか?
    みたいなことを考え、まとめていた時期があった。
    #ウルティマオンラインの中に人が書いた、
    #『おもしろいのゲームデザイン』などを読んだりしていた。

    そのときに考えたことの一つとして
    ”NPCと会話をする際、コマンドボタンを押す必要性はあるのか?”
    というのがある。
    #その派生として会話”イベント”はキーワード用いたほうが分かりやすいというのもある

    なぜそんな発想に至ったのかは簡単で
    MMOをプレイしている際、町中で周りのプレイヤーがチャットで会話をしているわけだが
    それなりの速度でログが流れていても、気になった話題なら
    立ち止まって話の内容を聞いていることに気づいたからである。

    そこから考えるとNPCの近くまで接近したらボタンを押すまでもなく
    ウインドに会話テキストを表示させてしまった方が、ユーザフレンドリーなのでは?
    と思ったのである。
    #実際NPCに会話を聞くのは億劫だという人はいっぱいいるだろう

    ラストストーリーはNPCの近くによると会話を聞くこと出来るシステムを採用している。
    #まあ最もエルダースクロールシリーズを始めとする洋ゲーの影響だと思うが


    せっかくなので次回のブログのテーマは
    昔考えていたMMOについて思うことを適当に書いていく予定。

  • PS NowにPS4のタイトル追加

    2017-07-21 05:34
    PS Now にPS4のタイトルが追加された。
    ついでにいうとゴールデンウイーク時にもやっていた、
    ディスカウントキャンペーンも実施している。
    (3ヶ月で2950円)

    ……最もDL専用(インディー)系が多数を占めているわけだが。
    #Gravity Dazeくらいしかやってみたいのがない

    いやまあインディー系が悪いというわけではない。
    ただ正直Steamで食傷気味であり、それになりの値段を払って
    クラウドでやりたいものでもないというのが本音である。

    しかしまあPS3の資産を活かすために、このサービスを始めたと思っていたので、
    こんな早期にPS4のタイトルを追加してくるのは、ちょっと意外だったなあ。