【S13使用構築】トリル始動!!ノオートドンサマヨール【最高レート2093/最終レート2000】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【S13使用構築】トリル始動!!ノオートドンサマヨール【最高レート2093/最終レート2000】

2016-01-18 01:12
  • 4
  • 1
はじめまして普段はニコニコ動画で動画投稿をしているカフカと申します。
最高レートは2093まで行きましたが最終レートは溶かしてしまい2000まで落ちてしまって需要があるかは分かりませんが、今回シーズン13での自分の足跡を残す意味も込めて使用構築を記事にさせていただきました。
興味がある方は最後まで読んでいただければ幸いです。

【メンバー】


エンテイ
@こだわりハチマキ
意地っ張り
実数値:207-183-106-×-108-123
努力値:H132 A252 B4 D100 S20 (D>B)
技:聖なる炎、ストーンエッジ、じならし、アイアンヘッド
いつも使っている相棒枠
これまでの記事でもこのポケモンだけは詳しく説明してきたので特筆することはないです。
雑に聖なる炎を連打しているだけで本来不利なポケモンに対しても5割の火傷をひいて後続のポケモンに負担をかけずに突破することを可能にしてくれました。
構築を組み始めた当初は別の個体を使っていて選出率が著しく低かったため鉢巻に落ち着きました。
選出は基本的に初手でしか出しませんでした。これに関しては後でパーティコンセプトと立ち回りについて話すときに書きます。
【役割対象】
ゲンガー、ナットレイ、ハッサム、リザードンY、クチート、ファイアローなど




ユキノオー
@ユキノオナイト
れいせい
実数値:191-113-104-144-116-72
努力値:H204 A4 B68 C148 D84 (6V個体)
技:吹雪、ギガドレイン、こおりのつぶて、地震
このパーティの軸であり第1のメガ枠。
エンテイは私がパーティを組むうえで確定枠だったので、それの相方として採用したのがユキノオーとの出会いでした。ユキノオー自体はだいぶ前から使っていましたが、トリックルームをすれば環境上位にいるポケモン達に先に攻撃できて強いのでは?と思いトリル軸となりました。
仮にトリックルームを貼っていない状態でも有利対面で広い技範囲から技選択ができて交代読みの時に有利な技を当てて一気に試合を有利にしたりと技範囲の広さは本当に優秀でした。
自慢の耐久から不一致の炎技などは余裕で耐えられるのも魅力的でした。
環境にあまりいないメガ枠なので対策されてるパーティも少なくて通りが良いパーティが多いのでユキノオーを使ったことのない人には是非使ってほしいです。
【役割対象】
スイクン、ボルトロス、ランドロス、ボーマンダ、ナットレイなど



サマヨール
@進化の輝石
のんき(図太い推奨) プレッシャー
実数値:147-×-200-×-151-×
努力値:H252 B252 D4
技:トリックルーム、呪い、痛み分け、道連れ
ポケモン界最強の物理受けでこのパーティの看板
構築を考え始めた当初トリックルーム始動役は誰が良いかと考えてる段階ではブルンゲルを採用しようと考えていたがいくつか微妙な点があった。
1.自主退場技がなく地味にHPが残りトリルエースが動けるトリルターンが減ってしまう。
2.火力が強いポケモンを受けきれない
そこで、ポケモン図鑑を眺めてて見つけたのがサマヨールであった。
呪いという自主退場技を持ちつつ過剰な耐久を持つというブルンゲルにはない要素を兼ね備えていた。鉢巻を持っていないポケモンや中途半端な火力な特殊ポケモンも受けられ環境に何故サマヨールはいないのか?というほど強かった。
主な立ち回りは、物理ポケモンがでてきたら受け出して残りHPと相談しながら1ターン目にトリル、2ターン目に残りの3つの技から選択する。道連れは成功することが少ないので極力うたなくて済む立ち回りをオススメします。サマヨールを出して2ターン目以降は択が発生することも少なくないので経験を積んで勘を磨いてほしい。
特性がおみとおしではないのは、オニゴーリと対面したとき最悪エンテイと2匹で4発中2回被弾しなければサマヨールの場合は呪い→道連れ、エンテイの場合は鉢巻アイアンヘッドでB6段階上昇で乱数、5段階上昇で確定で身代わりを壊せるので初手TODも加えれば行動回数を制限できてオニゴーリを突破できる可能性はグンと上がる。Cも上手く上がらなければ8回の氷の息吹のPPも枯らせるから敢えてプレッシャーにしてる。別にお見通しにしなくても相手の火力から持ち物は予想できたので私のパーティは状態異常も撒かないので困ることはなかった。
仮に電磁波などを多用するパーティやオニゴーリ対策が完璧ならばお見通しを推薦する。
【役割対象】
ガルーラ、バシャーモ、ヘラクロス、ボーマンダ、リザードンX、その他多くのアタッカー



クチート@クチートナイト
意地っ張り
実数値:157-150-105-×-76-70
努力値:H252 A252 D4
技:じゃれつく、不意打ち、炎の牙、はたき落とす(最終日のみ、炎の牙→ストーンエッジ)
パーティの第2のメガ枠でトリルエース
ユキノオーではガルーラを倒すだけの火力がなかったため採用した。この枠は、クチートとガルーラで迷っていたがトリルパということでクチートにした。
既にサマヨールとクチートの並びは有名だったので単純にこの並びは使ってみても強かったです。
【役割対象】
ガルーラ、クレセリア、ギルガルド、ナットレイ、ボーマンダなど



トリトドン@突撃チョッキ
ひかえめ
実数値:215-×-101-148-102-45
努力値:H228 B100 C180
B<D
Sは最遅ガルドより遅くするため個体値27以下推奨
技:熱湯、大地の力、冷凍ビーム、地割れ
このパーティで最後まで悩んでた枠に採用されたポケモン
元々は、マリルリや水ロトムを採用していて選出率もいまいちだったので中々形が固まらないときに、クチートとサマヨールとトリトドンの並びを使っている人のブログを読み採用を決めた。タイプと特性は優秀だが種族値が足りないイメージを持っている人が多いかもしれないが、環境上位のポケモンに強く使ってみてはじめて強さが分かるポケモンだと思った。
主に初手に投げて広い技範囲から1匹倒すのが仕事だったが、シーズン終盤は本来役割対象のはずのゲンガーに初手催眠術で突破されて悲しみに包まれていたためラムもありだと感じた。そうすると、耐久が不安になるのが悩みどころです。
1匹倒して生き残ってた場合はサマヨールにひいて第2のトリルエースになってくれたのも強かった。
【役割対象】
ゲンガー、ギルガルド、ランドロス、ボーマンダ、ガブリアスなど



ギャラドス@ゴツゴツメット
わんぱく
実数値:201-146-143-×-121-103
努力値:H244 A4 B244 D4 S12
技:滝登り、氷の牙、ストーンエッジ、地震
シーズンが終わる直前に加わったポケモン。
終わる数日前まではガブリアスを採用してノオーガブの並びで使っていたが選出率がいまいちでパーティ全体がファイアローに弱かったため拘らずに岩技も受けられて且つ物理受けのできるポケモンとして採用した。
ゴツメギャラにしては珍しい4ウェポンだが、これは技範囲を広くして見れるポケモンをできるだけ多くしようというと思ったからです。
そのおかげで助かった試合もあったので正直4ウェポンで良かったと思います。
選出率は控えめです。
【役割対象】
ファイアロー、リザードン、クチート

選出パターン
Aパターン:(初手)エンテイorトリトドンorギャラドス+サマヨール+ユキノオーorクチート
初手に出すポケモンは相手のパーティに1番刺さってるポケモンを選出します。
次にサマヨールは99%選出していたので確定で選出します。
メガ枠に関しては、これも初手に出すポケモンとのバランスと刺さってる方のポケモンを選出します。
立ち回りにも関係しているので、8割この選出パターンです。

Bパターン:(初手)ユキノオーorクチート+サマヨール+エンテイorトリトドンorギャラドス
よっぽどユキノオーかクチートの通りが良いときのみこの選出をします。
しかし、コンセプトに反するためこのパターンではあまり選出しないです。

立ち回り
初手のポケモン(メガ+サマヨールを除くポケモン達)で有利対面をできるだけ作ることを理想として1匹目の相手のポケモンをorメガ枠で倒せ圏内までいれる。
続いて2匹目のポケモンに対してサマヨールを受け出してトリックルームをして、残りHPと相談しながら技を選択して道連れor負荷をかける。
そして、サマヨールが倒れて相手の残ポケ1体or削れた1体とラスト1体をメガ枠で倒すというのが理想です。
この立ち回りが出来ない試合も多かったですが、サマヨールさえ事故死しなければ対戦中何回でもリカバリーは効くのでサマヨールだけは大切に扱ってください。

パーティの欠陥と課題
辛いポケモンが数体存在する。
・催眠ゲンガー
これは、運命力を信じるしかなかった。このパーティ自体はこれからも改造して使う予定なのでラム枠をいれて対策していきたい。
・噛み砕くガルーラ
PGLのガルーラの技ランキングに入ってないくせに終盤クチート対面でもドヤ顔で噛み砕くを撃ってくる糞ポケモン。
サマヨールを使っている以上このポケモンだけは切るしかないかもしれない。
これらポケモン以外は立ち回りでどうにでもなったのでプレイングスキルでカバーしていく。

構築完成までの経緯
第0期 エンテイ+ユキノオー+トリル始動役

始めに考えていたコンセプトは、トリックルームをしたユキノオーは環境上位に強いのではないか?というふとした閃きだった。PGL見てもガブボルトランドスイクンとタイプ相性的にも有利でサブウェポンも搭載すれば地震でバシャーモ,ゲンガーにも強い。次にトリル始動役はだれにするか?という課題だったがガルーラに強く相性補完も良いブルンゲルを採用した。しかし、ブルンゲルは中途半端に耐久があり自主退場技がなく退場時に残りトリルターンが1ターンとかで取り敢えず弱かった(私の立ち回りが悪いのかもしれない)。そこで、次に悩んだ結果呪いで退場できる且つガルーラに強いサマヨールかデスカーンが思い浮かんだ。結論から言うと攻撃する気はなかったので過剰なほどに耐久があるサマヨールを選んだ。

第1期 ノオーサマヨール

からりん杯の時期に使用した構築でノオーカバの並びを作り相性補完をとっていた。しかし、弱点もありそれは「裏選出がなくユキノオーを選出しないとパワーに欠ける」だった。今でもファイアローがいるだけでユキノオーの選出をためらうのにこれだと相手のパワーに押し負けてたいした勝率を上げることができなかった。今考えると当たり前のことである。

第2期 ノオーガブサマヨール

私の動画を見たとある生主さんがノオーサマヨール+ガブリアスで使っていて魅力的に感じて逆輸入させていただいた。ここで今の戦い方が固まった。「初手のポケモンで1体倒し、2体目をサマヨールで削り、残り1.5体をトリルエースで倒す」だ。この時は真似をして意地っ張り鉢巻の最高火力の逆鱗で受けに来る耐久ポケモンを倒してトリルして戦っていた。そしてこの時期に加入したのがメガ進化の中でもパワーなら負けないクチートだった。サマヨクチートは元々存在する並びだったので採用したところ裏選出として活躍してくれてシーズン12の中期はこれで戦った。しかし、零度スイクンでサマヨールもユキノオーも1撃で倒されて成すすべもなく普通のガルーラスタンに私は逃げた。

第3期 ノオートドンサマヨール

シーズン12はガルーラスタンに逃げて何も残るものがないシーズンになってしまい非常に後悔しか残らないシーズンとなった。この時期ポケモンのモチベーション自体が同じようなパーティにしかマッチングしない今の環境に嫌気がさして低下していた。そこで、自分は誰とも被らない構築で対面構築なんかに負けない構築で戦おうと決意して零度スイクンの消えた環境で再びサマヨールに力を借りることにした。シーズン13初期は第2期と同じノオーガブサマヨールで戦っていたがイマイチ成績が振るわず悩んでるときにとあるポケモンと出会った。それが、「トリトドン」だった。サマヨールを使ってシングルを過去に戦っていた人はいるのだろうか?という疑問に駆られたときにサマヨクチートにトリトドンを入れて戦っていた人がいて、「ユキノオーとトリトドンの補完は完璧じゃないか?」とアイデアが閃いてトリトドンが加入することが決まった。取り敢えずトリル前にユキノオーが辛いボーマンダ、ゲンガー、バシャーモに強い方がチョッキにしてBもある程度振り且つ仮想敵を倒せる最低限の火力が必要だったためチョッキトリトドンの調整を調べてそのまま採用した。トリトドンを入れた後にガブリアスだった枠をストーンエッジを搭載して鬼火を入れられてもファイアローに強いギャラドスに変更して、エンテイの個体を私が一番信頼する鉢巻エンテイに変えて2093までいくことができた。

最後に
最終日の1日前に1900前半まで溶かしてしまい最後は2000まで上げなおしたが、それまでは安定して2ROMとも2000台に居座り続けられたのでこの構築を参考にしたいという方がいれば2100を目指して貰いたいです。
シーズン14こそは2100目指して頑張っていきたいです。
最後まで記事を読んで下さりありがとうございました。
レートでTNカフカor★Death zone★とマッチングした方は対戦ありがとうございました。
質問はTwitter:kfk_pokeかコメント欄にどうぞ!

【立ち回り参考動画】




【2093達成時】


広告
×
キノガッサにはどう対応するんですか?
6ヶ月前
×
S13の時点では環境に今ほどキノガッサが多くなかったためユキノオーで対面処理をしたり、胞子読みユキノオーを出したりして処理していました。
このシーズンが終わって以降に剣舞キノガッサが増えたためモジャンボを採用して対応してました。
6ヶ月前
×
エンテイの代わりになるORASで入手可能はポケモンはいますか?
4ヶ月前
×
>>3
私のパーティでのエンテイの役割がいくつかあって、1番は好きなポケモンであることですがその他に
・ファイアローに勝てる→岩技の所持
・ヒードランに勝てる→地面技の所持
・ニンフィアやサーナイトのハイボを受けられるて一撃で倒せる→炎タイプ
・ウルガモスのめざ地2発で落ちない且つ一撃で倒せる→炎単タイプ
と4つほどあげられます。
これらの条件を満たすポケモンが他に1匹も存在しないです。
妥協点を上げるなら、
・ヒードラン→めざ地を持ったポケモンのケアを他でする。
・ファイアロー→ヒードランとめざ岩を持ったポケモンのケアを他でする。
この2匹が考えられると思います。
似たポケモンでウインディがいますが、フレドラやワイルドボルトのHP消費が多いのでオススメはしません。
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。