• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2017/01/25
      Q&A
    • 2017/01/26
      九段坂奮闘記4

    九段坂奮闘記4 vol.25

    2017-01-24 15:0015時間前
    108pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    特南の歩き方 生放送version は木曜21:00~開催予定です(未定)
    何事もなければ明日の記事で対戦者の募集をかけます!

    先週は珍しくリアルでの麻雀が多かった。
    スリアロの放送対局を1回、マーチャオ1回、セット麻雀を2回。

    9ccb7e4276c6c7b5d1c95b4e1d8d8c4578093b61
    牌譜

    トップボーナスが高い、素点もポイントとなる麻雀ならこれくらいのヤンチャはします。
    いわゆる禁断のリャンシャンテンプッシュです(牌図A)

    7e9415e71ed93189dbe6efc3e97f3e9254c6ff82

    それなりに見返りの見込めそうな手牌、特に平坦な点数状況の東場であれば
    天鳳以外の麻雀では真っ先に押す理由を探すようにしています。

    通ってない牌が多すぎる。いけやゴラァ!!(゜д゜)

    みたいな(笑)しかし我に返って考えてみると、ここは鳳凰卓でした。

    ラスペナルティが大きなルールだと、このプッシュはかなり微妙ですよね?

    とはいえ真っ先にオリる理由までは考えませんが
    天鳳以外で打つ麻雀の押し引きよりも1歩引くような感覚で打ってます。

    リアマでもギリギリプッシ

  • 統計の罠

    2017-01-23 16:501

    55853a12a724d0d9a5b77fbdef899e268f815be2

    まずはこちらの表(表A)をご覧いただきたい。
    天鳳の段位別アクティブユーザー数です。

    ※参照 段位戦4人打ち平均成績

    総アクティブユーザー数276367人に対して
    7段以上のプレイヤーは2607人しかいません。この統計データを元に

    鳳凰卓に到達している人は全体の1%もいない

    と主張されたらあなたはどう思いますか?
    決して間違ったことを言っているわけではないのですが

    ん? そんなに7段って難しいか??

    と思ったとしても極々自然な反応かと思います。

    01f71f2c77143a397df3ef6f118e5ff01d87f3d4

    これは天鳳の段位別ポイント増減表です。トップ率2割、2着3割、3着率2割、ラス率3割の激弱雀士が、天鳳で上級卓東南戦の初段に挑んだとしましょう。

    (60×0.2)+(15×0.3)-(45×0.3)

    これでも1戦毎の期待ポイントはプラスになります。つまりある一定の段位までは
    数多く打てば誰でも到達することが可能なシステムということです。

    (表A)における初段以下の人は明らかに
    途中で飽きて止めてしまったプレイヤーであることは間違いありません。

    鳳凰卓に到達している人は全体の1%もいないかもしれませんが
    鳳凰卓に到達している人は全体の実力上位1%のプレイヤーであるわけではないのです。



    全体の統計データを元に結論を出す手法は必ずしも正しいとは言い切れません。
    より正確なデータを入手したければ母集団の選別は必須なのです。

    一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国五萬:麻雀王国七萬:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国一索:麻雀王国一索:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国北:麻雀王国

    例えばドラも何もないこのような牌姿(牌姿A)時は既に7巡目です。

    全体のアガリ役の中でチートイツの出現率は2.5%だから狙わないほうが良い

    と主張されたら ??? となりますよね。そんな統計データは完全に無意味です。

    7巡目4トイツからのチートイツ成就率は○○%

    この手牌に役立つ統計データを入手したかったら
    アガリ役全体のデータではなく、せめてこの程度の母集団の選別は必須でしょう。

    チートイツイーシャンテンからの平均テンパイ巡目は○○巡

    といったデータもあまり参考にはなりません。
    麻雀の選択基準は常に選択Aと選択Bまたは選択Cとの比較なのです。

    その手牌をチートイツにしたときの成就率と打点、メンツ手にしたときの成就率と打点の比較。それぞれの手組にしたときの失点率なども判断基準に入るでしょう。

    ちなみに(牌姿A)アガリが特別重要な局面、カンチャン受けに手応えがある局面以外はチートイツに決め打って、全員に対する無筋を今のうちに切っておくことも多いです。

    どちらにせよアガリにくいですよね? 
    ならば将来危険になりそうな牌を今のうちに
    打っておいて

    場況を睨みながら安全そうな牌を溜め込み
    カウンターを狙うほうが攻守のバランスが良いのではないでしょうか?



    自分の主張を固めたいがために数字を使う人はよくいます。
    (表A)持ち出して「鳳凰卓はとても難しいところなんだよー」とか――

    メンツ手にすることを主張したいがために
    チートイツの出現率とか平均テンパイ巡目とか――

    その数字、母集団の選別はできていますか?
    他の選択を選んだときの数字と比較できていますか?

    統計の罠に騙されるな

    統計データを軽んじている訳ではないですよ。
    ただ数字による結論を何でも鵜呑みにするのはいかがなものか?という話です。



  • 次の一手

    2017-01-22 15:00
    108pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    b2f1f21fc3d9f202aa4cb029f2c9e5e0acc6b6e0
    牌譜

    先制リーチを受けてこの手牌
    ここから追いつくことはもう難しそうです。上家から出た3mは当然――

    1c5df2fb19a70415a6e2a2501fdffaeead7ab887

    この手牌から仕掛けるに至った判断要素は次の一手です。
    4sと現物があること。8sが早くに切られているため筋の7sの安全度が高いこと。

    85eca37746bda0726c25638a9885ad738d821fe8
    (牌図A)

    余剰牌の安全度によって判断を変えるということです。
    ここでは余剰牌に安全牌はありません。よってこのはスルーします。

    7801f1e5a278e9afe779e2b0fe430fc952224f12
    (牌図B)

    が2枚安全牌です。よってこの9mはポン?
    余剰牌の安全度が高いといいました。は余剰牌ではありませんから!

    5d3babe9f3e51569b20ea120f763cb463978245f

    余剰牌9mが安全牌、無筋を引けば連打で凌げます。ここはポン。

    f06908e212431602d676f183cc06502ffc345446

    仕掛けてテンパイなら余剰牌の心配はいらないですね。
    対リーチに形不十分から向かっていくことは基本的に御法度です。

    仕掛けた後にうまく選択できない。例えば
    (牌図A)(牌図B)で仕掛けるかどうかを悩んでしまう人は、むしろ最初から仕掛けないほうが良いでしょう。

    仕掛けるか仕掛け