• このエントリーをはてなブックマークに追加
リーチ後の仕掛け判断
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

リーチ後の仕掛け判断

2017-03-20 15:00

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    fc895446d1a94a6cab35b7cf6d6b7551ebca8084
    牌譜

    先手の仕掛けとは違い、リーチ後の仕掛け判断は非常に難しい。
    例えばこの2p、仕掛ける人も仕掛けない人もいるかと思います(牌図A)

    何が難しいか?というと、この判断だけで優劣を決められないということ。既にテンパイ確定者がいるのに、現状この3シャンテンを仕掛けずに追いつくのは至難の業。

    しかし仕掛けてしまうと打点的に全く見合いません。とはいえこのまま黙っていても、被ツモやノーテン罰符などで失点してしまう可能性も高いです。

    6c594de6f71a2789a7b59a217b263c41fcfe3a02

    手牌を短くすればするほど放銃率は上がる

    手牌が13枚よりも10枚のほうが、
    手牌が10枚よりも7枚のほうが放銃率は高くなります(牌図B)

    そのリスクに見合うアガリ確率、打点があるか
    アガリを諦めた時に失点する可能性との比較で判断してください。

    ほら!難しいでしょう?

    僕は(牌図A)2pは仕掛けても、(牌図B)2sは仕掛けない方が良いと思います。
    そうすると「一貫性」とかの話に発展しそうです

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2017/06/01
      特南
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。