• このエントリーをはてなブックマークに追加
序盤の構想 vol.5
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

序盤の構想 vol.5

2017-06-18 15:00

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    c45fc883e3a00670617a64f0c6568051750f99ec
    牌譜

    麻雀の選択基準は常に○○と××の比較

    先制リーチは非常に有効な手段です。
    手段とは目的を達成するための方法であり、手段自体が目的となってはならない。

    リーチをかけることを目的とするのではなく、打点を上げることを目的とするでもない。
    この手材料で、どのような選択をすれば期待ポイントが最大になるのか――

    e9c7dbb8167fec33691518fe918c28725e0d6f55

    好形変化は打点を上げる

    門前リーチの場合、ツモで打点が上がります。
    まだ2巡目、この牌姿ならば テンパイ → テンパイ の変化以外にも

    ツモ5p7p3sでテンパイを外すことを視野に入れてもいいかと思います。

    44a5db04763f4397596696c4787e93dcb3f112d3

    巡目が早けりゃ何でもできる

    2巡目も5巡目も先制リーチの効果はたいして変わらないのではないでしょうか?

    だとしたらこの場合、数巡だけでも
    打点アップの変化を求めたほうが期待ポイントは上がるのではないかと思います。

    6a8c34850b34821af26fc1af7043346fb8fb7bcb

    仮に打点十分だとしても巡目によって判断は変わります。
    この牌姿でも2~3巡目ならテンパイを外し、

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2017/08/18
      型を意識しないこと
    • 2017/08/31
      特南
    • 2017/08/31
      先制愚形リーチ100本ノック
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。