• このエントリーをはてなブックマークに追加
終局間際のリーチ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

終局間際のリーチ

2017-08-11 15:00
    cb306d10f51976b3bdf22007e5f95f130521a13e

    昨日の生放送でのワンシーン。この巡目にテンパイするも待ちは愚形です。

    ・どうせアガれないだろうからダマテン
    ・危険牌を掴んだらバカバカしいのでダマテン
    ・リーチ棒がもったいないからダマテン

    そのような印象を抱く人もよく考えて見てください。
    残りのツモ番は2回です。確かにアガリは難しそうに見えますね。

    c7f8cbdb989102a969b41290820c938463b76bc5

    これは天鳳名人戦第1節のワンシーン。2枚切れのカンチャン
    愚形中の愚形ですが、リーチに踏み切った理由の一つに巡目の深さがあります。

    例えばこれが8巡目だとしたら
    当然追いかけもせず、1pも勝負せずに違う牌を抜くでしょう。

    巡目が深ければ振込みにくい

    愚形中の愚形ですから、めくり合いが長ければ長いほど不利になります。
    では巡目が深く、めくり合いの機会が少なかったらとしたらどうでしょうか?

    5dba6eb72bfe52203bb5a17e127c6dae1ec35fdd

    トップとは8100点差、3着とは20600点差の2着目です。
    いくら3着目が親といっても、この巡目なら勝負するリスクに見合うかと思います
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2017/10/21
      放送対局を観戦するトレーニング
    • 2017/10/31
      特南
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。