赤松健先生新連載。『UQ HOLDER!』Stage.7 UQホルダー の感想・推測・考察
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

赤松健先生新連載。『UQ HOLDER!』Stage.7 UQホルダー の感想・推測・考察

2013-10-10 19:16
    『UQ HOLDER!』Stage.7 UQホルダー の感想・推測・考察

    この記事はバリバリにネタバレを書いているので単行本派の人などはお気をつけください。

    「Stage.7 UQホルダー」のだいたいのあらすじ

    田舎暮らしで都に行き一旗挙げることを夢みる刀太は雪姫(エヴァ)の血を飲み不老不死となった。刀太と雪姫(エヴァ)は都(新東京市天之御柱市)に向けて旅をする道中、時坂九郎丸という男の子?女の子?と出会う。
    『不死狩り』の任務を与えられていた九郎丸は刀太と戦うも敗れる。そして、戦う前に交わした約束により強引にダチにされしまう。また、九郎丸も刀太たちと同じ不死者だった。
    その後、刀太達は温泉街に到着し宿に宿泊。温泉での刀太・九郎丸vs雪姫(エヴァ)のバトル(お遊び)を経て打ち解けた刀太と九郎丸。
    翌朝出発する一行、九郎丸は雪姫(エヴァ)に弟子入りを志願し雪姫(エヴァ)も了承。
    会話中、刀太は不死身の仲間をつくり、不死身の力を世のため人のために使おうと発言。
    そんな中、突如高級車の大群が現れて中から黒服の男たちが出てくる。雪姫(エヴァ)はこの者たちはかつてとある奴と自分とで作った不死人一家「UQ(悠久)ホルダー」だと紹介。
    車に乗って都近くまで行き、途中船に乗って新東京沖合10kmにある人工島?のアジト「仙境館」に到着。
    到着して挨拶した後、黒服の男たちに囲まれて大歓迎される雪姫(エヴァ)。その輪の中に入ろうとするも全く相手にされない刀太。
    業を煮やして、大声で自己紹介(ついでに九郎丸のも)する刀太。しかし、一笑にされ、雪姫(エヴァ)のことを女主人(ミストレス)と呼ぶバサゴからは「いつ誰が仲間にしてやると言った?」とにらまれる。
    そこに、真壁源五郎(まかべげんごろう)、飴屋一空(あめやいっくう)、夏凛(かりん)という3人が現れ、真壁が不死人と名乗る。
    仲間になりたいという刀太に真壁は「UQホルダー」は不死人には入団テストがあると言う。そして、都の下にある地下迷宮から8年以内に出てこられたら合格にすると発言。
    その瞬間、刀太と九郎丸の足元が開いて地下に落とされる。地下の探索をしようとする九郎丸に刀太がSTOPをかけ目の前に得体のしれない生物がいるのを発見。
    魑魅魍魎の類だと仕留めようとする九郎丸に待ったをかける声がかかる。声がする方をみると、「UQホルダー」のリーダーで宍戸甚兵衛(ししどじんべえ)と名乗る者がいた。

    と、だいたいこんなところです。

    よし!前回書いたあらすじと比べてかなりすっきりしたのではないだろうか。まだ若干ながい気もするがこれくらいをだいたい目安に書いていこう。

    それでは本編感想・推測・考察にいきます。(長くなった場合は②の記事をつくります)

    1.直接山中に降りたという九郎丸
    なんかさらっと言ってますけど、じゃあどうやって宇宙からきたんだよあんた!(九郎丸)
    直接山中に降りたってロケットでも使ったのか、まさか不死身なのをいいことに生身で大気圏突入とか!?
    何らかの転移魔法もしくは装置で来たにしてもそれって不法入国じゃね!?
    それとも宇宙からでなくてあの塔(軌道エレベーター)の途中に居住区でもあったりするのだろうか?

    2.軌道エレベーターの場所
    『ネギま!』では麻帆良に建っていますが『UQHOLDER!』ではどうなんだろう。刀太がみている軌道エレベーターの反対側に麻帆良学園があるのだろうか。はじめ麻帆良にある巨大な湖「麻帆良湖」かなとも思いましたが、バサゴがアジトが沖合にあると発言しているので刀太たちがいるのは海なんだろうな。となると相模湾もしくは東京湾かな?

    3.UQホルダーアジト「仙境館」
    なんか島の全景というか形をみて、これいざというとき島ごと動くんじゃないかと思った。そして島のあちこちから大砲とかでてきて空とかも飛んだりして。
    後、仙境という言葉が「せんきょう」と打って漢字変換にあったので意味を調べてみたところ、「仙人が住むという所。また、俗界を離れた静かで清浄な土地。仙界。」という意味らしい。

    4.雪姫(エヴァ)がいった言葉「闇の一族の生存圏確保」
    こういう言葉が出てくるということはいまの世の中不死者や半不死者がけっこう溢れているのだろうか。そして、それを討伐しようとする人たちも多いのだろうか。

    5.バサゴの「いつ誰が仲間にしてやると言った?」発言
    ついでににらまれてあまり歓迎されてないことに「なんで?」と思ったが、バサゴは雪姫(エヴァ)をかなり慕っているようなので、2年前雪姫(エヴァ)が一族から離れるきっかけをつくった刀太を(刀太のせいじゃないけど)あまり快く思っていないのかもしれませんね。

    6.真壁源五郎
    今回こうして全身をみて、そして先週の銃を撃って戦う姿を見直したら、なんか『ネギま!』の裕奈と裕奈の父親が浮かんできました。子孫だったりしないかな~。さすがにないかな。

    7.飴屋一空
    この人は連載開始のカラーをみるかぎりアンドロイドであることはほぼ間違いないだろう。『ネギま!』茶々丸の後継機だったりするのだろうか。雪姫(エヴァ)と茶々丸は主従関係(パートナー)だったので気になるところ。

    8.夏凛
    この娘(こ)も今回みて、『ネギま!』354時間目(単行本38巻)で出てくる委員長の女の子にちょっと似てるかなーと思った。けどこれは上記の真壁以上にないかな。同じ麻帆良は麻帆良でも委員長の方は聖ウルスラだったし。
    後、こういう無表情で無口な女の子ってデレるとすげーかわいいんだよなぁ。
    そして、恋愛とか不死人ってどうなのだろう。自分は全く老いないのに相手は老いて先に往生していくのを想像すると、悩み・苦しんだりするだろうな。

    9.入団テスト8年以内に出てこられたら合格
    8年といってますが王道の話しだとたいていこういう場合8年のところ8ヶ月とかで出てくるんだよなぁ。なぜってそれが王道(ありがち)だから。ただ食糧とかどうするんだろう。不死といっても普通に腹はへるだろうし。『ネギま!』でエヴァ(雪姫)が熱を出したり花粉症になっていたことから病気にもかかったりするみたいだし。あと服も8年はさすがにもたないだろ。

    10.宍戸甚兵衛
    この人はもうその髪型と髪色、結び方から『ネギま!』のナギ・ネギとのつながりがあると思わざるをえない。

    おまけ.時坂九郎丸
    先週と今週の話をよんだあと『ネギま!』の単行本を読み返したのですが、そういえば超鈴音って人体改造されていたなと。九郎丸と超の人体改造、何か関わりがあるのだろうか。

    こんなところで今回の感想・推測・考察をおわります。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。