【連載13回目】映画の歩き方: フランス『アメリ』 編(前)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【連載13回目】映画の歩き方: フランス『アメリ』 編(前)

2014-11-05 00:00
  • 1
▼第013号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映画の歩き方®
フランス『アメリ』編(前)
KIYASUWALKER
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チュニジア、ヨルダン、イスラエル、トルコ、マレーシア、中国…
映画のロケ地を中心に廻ってきた旅行について紹介する。

今回は一つの映画に絞ることは無い。
パリに散らばる
数多くの映画のロケ地を廻った記録であり、
また、今後のロケ地探訪の宿題を纏めたものである。

フランス『シェルブールの雨傘』編(前)〜(後)の後の旅となる。

▼例えば、旅行の定番?『アメリ』でアメリが働いていた店


▼『地下鉄のザジ』にてザジがはしゃいだところ



ひとまず、メインとなる映画の説明をしておく。

■アメリとは
「お洒落?」な映画。
「?」をつけるのは、どこかグロテスクなところがあったり、
コミュニケーション不全が物語の根底にあるから。しかし、それが良い。

2,000年代から、本作のような、
ただお洒落なだけでなく、ただカッコいいだけでなく、少々狂った、ズレたような演出が増えていくように思える
概要を説明するのが困難なのだが、どこか異常な女性の、奇妙な生活を描いた作品。

アメリ [Blu-ray]

映画ファンでなくとも、知られる機会が多い、フランス映画の一つ。
日本でもミニシアター上映の伝説的(というより記憶的な)ヒットを持つ。
原題は、 Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain と、中々長い。


『アメリ』以外の作品のロケ地も巡ります。
例えば、『地下鉄のザジ』。


■地下鉄のザジとは
「?」付きの『アメリ』と異なり、こっちは確実にお洒落な作品。
作品が備えるお洒落さで、しぶとく今の時代にも映画ファンの間で生き残っている

少なくとも日本においては、アート系映画館で時たま上映される作品。
時代が流れようとも誰かに新たな影響を与えていることは確か。ターゲットが判りづらくて限定的な書き方をしてしまうが、やわらかい絵本のようなデザイン作りを志す人であれば、必見。


地下鉄のザジ【HDニューマスター版】 [DVD]


パリにやってきた少女ザジが、大人を振り回しながら、大はしゃぎする。
ロケ地探訪としては、パリの街を歩き回れてピッタリな映画。

一言追加しておくと、筆者が映画ファンの方と話してきた感覚では、絶賛する人と、お洒落の空回りと考えて毛嫌いする人がいるように思えます。筆者としての結論は、名作とは言わずとも秀作であることは間違いない。

■パリとは

もう筆者が説明するまでもない、フランスの首都。
そして、筆者の力では語りきれないのどの歴史がある町。

そして、どこを撮影しても画になる。
『地下鉄のザジ
』にように、映像遊びをしたくなる欲求が出る

Michelin Paris Poche Map 50


■改めて自己紹介

▼筆者


ネットの中の社会人

◇映画
ナチス台頭前のドイツ映画と、戦後暫くしてからの日本映画が好物。
・好きな監督は、フリッツ・ラング、黒澤、山中貞雄、溝口あたり。

◇宣伝
・100年後の学生に薦める映画2112本をひたすら書いています。
※文字制限でこのページの更新が止まってますが、実際は1800本ほど掲載。
http://2112.hatenablog.com/entry/2112MOVIES_1





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【01.大まかな旅程】

シェルブールの雨傘編の旅程はこうであった

シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]

ロンドン(イギリス)→ポーツマス(イギリス)→船→シェルブール(フランス)→電車&バス→モンサンミッシェル(フランス)→バス&電車→ナント(フランス)

さらに、ここから、
ナント(フランス)→サンマロ(フランス)→パリ(フランス)
となる。

【02.治安とか言語とか諸々】

治安
筆者が行った海外のロケ地の中でも、格段に安全。

言語
当然フランス語。英語は駅の係員などが通じた。
おそらく、ガッツがある人であれば筆談等で何とかなるはず。

▼料理も美味しい!(I先生の秘書さんに教えていただいた場所)




【03.到着編(サンマロ)】
筆者は、パリに着く前に、
海賊の町、サンマロにいた。

近代的な駅


だが、歩いて(写真は筆者の趣味の風景)


歩くと




 

目的地は、こんな場所



城壁に囲まれた、
海辺の要塞の観光地

非常に画になる町であった。




広い城内


可愛らしい店も多数


海賊旗のあったピザ屋。


さて、
『映画の歩き方』らしく、いこう。

ロケ地ではないが、サンマロには、
映画『タンポポ』にインスピレーションを
受けたレストランがある




映画『タンポポ』の物語は?
ラーメン屋の主人を亡くした女性が、
行きがかりの男に助けられながら、新しいラーメン屋を作り上げるというもの。

海外で集計された、とある映画ランキングを見ると、
料理が美味しそうな映画ランキングにも挙っており、
日本以外へのインパクトが大きい希有な映画の1つと言える。

タンポポ<Blu-ray>


■お店の主人と会話した
筆者「この料理屋は映画からインスパイアされたのですか?」と伺う。
フランス人の店主「はい。そうです。でも、ラーメンは作りません。」
きっと、開店以来、何十、何百回と聞かれた質問なのだろう。
微笑ましかった。

日本人の奥さんと始めた店なのだそう。
店の雰囲気は、映画の雰囲気と同じで、
おしとやかで、芯がしっかりとした店。若干、洋風よりの和風の店。
白色が際立つ、不思議な店。


筆者が思うに
映画『タンポポ』に影響を受けた料理屋は、
このサン・マロの店に限らず、世界中にまだまだあると思う。
本家の日本でも、かなりあると言われる。

別に店名に『たんぽぽ』という名前を付けようと付けまいと、
100年後にも、そんな料理屋が、何かしらの形で残っていたら、
1つの映画の力も捨てたものではないと思う。

洋食や たいめいけん よもやま噺 (角川ソフィア文庫)

■補足
尚、監督は伊丹十三。代表作は、『マルサの女』『お葬式』。
筆者が好きなのは『スーパーの女』『マルタイの女』。

スーパーの女<Blu-ray> 伊丹十三DVDコレクション マルタイの女

しばしの休息



夕陽が大好き




夕陽が綺麗だ。筆者は夕陽に弱い。

翌朝


城内の博物館に寄る。
写真は、そこから眺めた風景






次回、このまま
『地下鉄のザジ』のようにパリの町へ。




-----------------------
バックナンバー

★スターウォーズ編

前編はこちら
中編はこちら
後編はこちら ←オススメ&人気
補足編はこちら





★ロッキー編
前編はこちら
後編はこちら






★ローマの休日編
前編はこちら
後編はこちら ←判りやすくてオススメ






★シェルブールの雨傘編
前編はこちら
中編はこちら ←オススメ

後編はこちら





★インファナルアフェア編
本編はこちら





KIYASUWALKER®

広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。