【連載42回目】映画の歩き方: 日本 鎌倉『海街diary』ロケ地探訪編(前)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【連載42回目】映画の歩き方: 日本 鎌倉『海街diary』ロケ地探訪編(前)

2015-08-13 01:14
  • 1
▼第042号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映画の歩き方®
日本 鎌倉『海街diary』with 『スラムダンク』編(前)
KIYASUWALKER

f:id:kiyasu:20150813020828p:plain

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チュニジア、ヨルダン、イスラエル、トルコ、中国…
映画のロケ地を中心に廻ってきた旅行について紹介する。

■今回は、こんなロケ地に行きます
映画『海街diary』『スラムダンク』オープニング舞台。
さらには、黒澤明監督作品『天国と地獄』などのロケ地にも言及。

f:id:kiyasu:20150812024319p:plain

f:id:kiyasu:20150812024106p:plain

f:id:kiyasu:20150812024136p:plain

f:id:kiyasu:20150812024259p:plain

これからロケ地へ行く人の、
何かしら有益な情報になっていただければ嬉しい。
行かない人も、映画をテーマにした旅の雰囲気を
楽しんでいただければと思う。


■御礼&宣伝
連載30回目記念 『スター・ウォーズ 編(完全版)』が、
かなり好評で有り難うございます。




連載32回目 『きっと、うまくいく(中編)』
過去最高のアクセスをいただきました。
有り難うございます。


f:id:kiyasu:20150516025141p:plain

連載34回目 『ローマの休日編(完全版)』
暖かいコメントが多く、励みになりました。
楽しんでいただけて何より。



第39回 『バケモノの子(仮)』あたりも、
のんびりどうぞ。この回が面白いのであれば、長く連載できる

f:id:kiyasu:20150725212056p:plain



■そもそも『海街diary』とは?

江ノ電沿線に住む、4人の姉妹の物語。
腹違いの妹が合流するところから、ゆっくりと時は流れて行く。
生きることと、死ぬこと。そして、家族。
そんなテーマが根底にあるように見える作品。


海街diary オリジナルサウンドトラック

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず という女優陣にも注目が集まる。
特に、この映画のタイミングで、広瀬すず が一気に認知されたと思う。

SWITCH Vol.33 No.6  是枝裕和の20年 ”海街”へー ある家族の物語 海街diary

是枝裕和監督のフィルモグラフィーも、
随分と充実してきたように思える。

----------------

幻の光(1995年)
ワンダフルライフ(1999年)DISTANCE(2001年)
誰も知らない(2004年)
花よりもなほ(2006年)
歩いても 歩いても(2008年)
大丈夫であるように -Cocco 終らない旅-(2008年)
空気人形(2009年)
奇跡(2011年)
そして父になる(2013年)
街diary(2015年)

----------------

筆者は、『ワンダフルライフ』『誰も知らない』の2作に影響を受けている。

■江ノ電とは
海を走る、ローカル線。
物凄く愛されている鉄道である。
利用者のうち、半数が観光目的だそうだ。

江ノ電 10kmの奇跡―人々はなぜ引きつけられるのか?

筆者の子供の頃の愛読書(愛絵本?)は、
『うみのでんしゃ ぼくらの江ノ電』であった。

うみのでんしゃ ぼくらの江ノ電 (のりものえほん)


■改めて自己紹介

▼筆者


ネットの中の社会人

◇映画
ナチス台頭前のドイツ映画と、戦後暫くしてからの日本映画が好物。
・好きな監督は、フリッツ・ラング、黒澤、山中貞雄、溝口あたり。

◇宣伝
・100年後の学生に薦める映画2112本をひたすら書いています。
※文字制限でこのページの更新が止まってますが、実際は2000本ほど掲載。





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【01.大まかなロケ地と旅程】

電車を乗り継いで江ノ電へ。
あとは、徒歩と江ノ電を使い分けて移動します。

300ピース ジグソーパズル めざせパズルの達人 海岸沿いを走る江ノ電 (26x38cm)


【02.治安とか言語とか諸々】

治安
日本ですからね、平和です。いや、それ以上?

言語
日本語です。
否、これから行くロケ地では、中国語(北京語)の人も多かったな。


【03.到着編】
鎌倉から、江ノ電に乗り、鎌倉高校前に到着

f:id:kiyasu:20150812023835p:plain


f:id:kiyasu:20150812023854p:plain

江ノ電で、最も海沿いの駅。開けた海が気持ち良い。

f:id:kiyasu:20150812023844p:plain


【04.スラムダンクの踏切】

駅を出ると、
すぐに、目的地の踏切が見えてくる。
「日坂」という場所だ。

f:id:kiyasu:20150812023907p:plain

ここに、有名な聖地巡礼スポットがある。
アニメ『スラムダンク』のオープニング
に登場する踏切があることで有名な聖地。

f:id:kiyasu:20150812023920p:plain

▼このオープニングに登場する踏切



▼踏切の前の信号には「鎌倉高校駅前」とある

f:id:kiyasu:20150812023929p:plain

『スラムダンク』だけではない。

アニメ『TARITARI』では、
こちらの角度で登場する

f:id:kiyasu:20150812023941p:plain

TARI TARI Blu-ray Disc BOX (完全初回生産限定商品)

そして、今回のロケ地探訪でフィーチャーする、
海街daiary 原作1巻の表紙にもなっています。


海街diary 1 蝉時雨のやむ頃



そして今更ですが、
凄い人の数である

『スラムダンク』の電車が通るシーンと
同様に写真を撮ろうと待ち構えているのだ。

f:id:kiyasu:20150812023959p:plain


しかも、台湾からだと思われる観光客も多い。

▼台湾映画『あの頃、君を追いかけた』
「左手はそえるだけ!」などスラムダンクの台詞も登場。
台湾への日本の漫画カルチャーの影響は凄い

あの頃、君を追いかけた[Blu-ray] [You Are the Apple of My Eye]

尚、江の電には、
台湾の路線とのコラボ企画のポスターもあった。
異文化交流。素晴らしい。

f:id:kiyasu:20150812024351p:plain

▼駅で流れている江ノ電のビデオより
f:id:kiyasu:20150812024357p:plain

■撮影開始
カン、カン、カン、カン、カン…
一斉に、皆、カメラを構える。

f:id:kiyasu:20150812024011p:plain


きた!
パシャパシャパシャ!

f:id:kiyasu:20150812024022p:plain

ガタゴトガタゴト

f:id:kiyasu:20150812024038p:plain


「どうだった?」「どうだった?」
新型の電車の方だったねー」「残念ねー」と確認し合う

f:id:kiyasu:20150812024047p:plain


「…反対側からまた来る!」
パシャパシャパシャ!

ガタゴトガタゴト
f:id:kiyasu:20150812024057p:plain


ガタゴトガタゴト

あ!後ろの車両は…!
※スラムダンクと同じ旧型の写真を撮りたいので、ラッピングの先頭車両はハズレ

パシャパシャパシャパシャパシャ

f:id:kiyasu:20150812024106p:plain


撮り鉄の楽しさに入門できる駅だ。
天気以外でも、撮影に運があるところが楽しい。


【05.広瀬すずが歩いたところ】

電車を待っているうちに
一駅歩けてしまう距離の鉄道


筆者は可能な限り歩きで、『海街diary』のロケ地を廻る。
まずはお隣の、七里ヶ浜駅を目指す。

f:id:kiyasu:20150812024116p:plain

映画を再度観直さないと自信が無いが、
七里ヶ浜駅周辺は、
広瀬すずが映画で歩いた景色だと思う!

f:id:kiyasu:20150812024127p:plain

映画でこの山あたりの景色をみて、
良いロケ地だなあ、と思ったものだ。

f:id:kiyasu:20150812024136p:plain

f:id:kiyasu:20150812024152p:plain

f:id:kiyasu:20150812024159p:plain

f:id:kiyasu:20150812024205p:plain

f:id:kiyasu:20150812024212p:plain


【06.貝殻を拾う場面】

七里ヶ浜の砂浜エリアに降りる。
さらに、ここは漫画の1巻の景色にもなっていたところのような?


f:id:kiyasu:20150812024226p:plain

f:id:kiyasu:20150812024234p:plain

f:id:kiyasu:20150812024243p:plain

ここを西にのんびり歩いて行くと、
貝殻を拾う場面のロケ地が見えてくる。

映画と同じように歩きたいなら、
鎌倉高校前駅から歩いて行った方が遠回りにならないかもですね。

f:id:kiyasu:20150812024259p:plain

尚、やや左の方に見える陸地が、江ノ島だ。

f:id:kiyasu:20150812024249p:plain

スラムダンクの最終話の背景にも登場している。
桜木花道と流川楓が、空を見上げるあたり。
リハビリ王になる為に、学校を離れていると思いましたが、
結構、学校の直ぐ近くでリハビリしていたのですね?

スラムダンク (31) (ジャンプ・コミックス) SLAM DUNK 完全版 24 (ジャンプ・コミックスデラックス)


少々、『スラムダンク』に寄り過ぎたので、
次回、軌道修正します…

f:id:kiyasu:20150812024319p:plain


次回、ロケ地編2
『海街diary』だけでなく、『天国と地獄』『エルフィンリート』のロケ地など…
リンクはこちら

f:id:kiyasu:20150812024329p:plain

f:id:kiyasu:20150812024307p:plain

f:id:kiyasu:20150812234905p:plain
KIYASUWALKER®

-----------------------
バックナンバー

★スターウォーズ編 チュニジア
完全版はこちら ←凄くオススメ&凄く人気
旧版 前編はこちら

旧版 中編はこちら
旧版 後編はこちら
補足編はこちら





★ロッキー編 アメリカ
前編はこちら
後編はこちら






★ローマの休日編 イタリア
完全版はこちら ←判りやすくてオススメ&人気
旧前編はこちら
旧後編はこちら






★シェルブールの雨傘編 フランス
前編はこちら
中編はこちら ←映画未見の人もオススメ。筆者が一番好きな回

後編はこちら





★インファナルアフェア編 中国
本編はこちら





★アメリ編 フランス
前編はこちら
後編はこちら




★インディ・ジョーンズ 最後の聖戦編 ヨルダン
前編はこちら
後編はこちら
補足編はこちら





★ミッション:インポッシブル編 チェコ
完全版はこちら
旧前編はこちら

旧後編はこちら





★尾道三部作&新三部作編 尾道
前編はこちら ←ささやかながらオススメ
後編は更新中







★ラン・ローラ・ラン編 ドイツ
前編はこちら
中編はこちら

後編はこちら




★/ロシアより愛をこめて編 トルコ
本編はこちら
f:id:kiyasu:20150302005420p:plain

f:id:kiyasu:20150228191543p:plain

★キングコング編 アメリカ
本編はこちら




★去年マリエンバードで編 ドイツ
本編はこちら ←意外と面白いかも
f:id:kiyasu:20150310012916p:plain

f:id:kiyasu:20150310012711p:plain

★菊次郎の夏編 浅草
前編はこちら
中編はこちら

後編はこちら

f:id:kiyasu:20150402212435p:plain

f:id:kiyasu:20150324013249p:plain

★きっと、うまくいく編 インド

前編はこちら
中編はこちら ←最高アクセス
後編はこちら

f:id:kiyasu:20150516025141p:plain

f:id:kiyasu:20150622222209p:plain

★男はつらいよ編 柴又
前編はこちら
後編はこちら
f:id:kiyasu:20150628010747p:plain

f:id:kiyasu:20150628002214p:plain

★フォレスト・ガンプ編 アメリカ
本編はこちら
f:id:kiyasu:20150521030134p:plain

f:id:kiyasu:20150320020546p:plain

★ 支那の夜 蘇州の夜/蘇州夜曲 編 中国
本編はこちら

f:id:kiyasu:20150629210253p:plain

f:id:kiyasu:20150629214947p:plain

★バケモノの子編 渋谷
本編はこちら

f:id:kiyasu:20150722022940p:plain

f:id:kiyasu:20150722023726p:plain

★グッド・ウィル・ハンティング 編 アメリカ
本編はこちら
f:id:kiyasu:20150726023109p:plain

f:id:kiyasu:20150726023206p:plain

★海街diary編 鎌倉
前編はこのブロマガ
後編は次回

f:id:kiyasu:20150812234905p:plain

f:id:kiyasu:20150812024307p:plain



★総集編 ※まとめ記事
こちら

f:id:kiyasu:20150302003344p:plain


KIYASUWALKER®

広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。