• 連載ネームの日々

    2018-08-31 15:40
    ヤンマガ担当氏と会ってからは、連載用のネームの第一話を描いたりしてるのですが、これまでに3作分(うち1作は二話まで描いた)のネームを提出しました。

    第一作品目は冒頭と最後の方が違う感じに感じるのと、謎をもったいぶらせるような展開がダメでボツ。
    第二作目は評価は高く、二話目を見て決めると言われて提出するも、不思議な作品との評…
    読者がいろいろな登場人物視線に振り回されるようで不思議な感じと…
    ちなみにニコ静に上げたので、読んでもらうと分かるかも(?)





    個人的にはこの三姉妹のお話は好きだったのですが、その微妙な評価を聞いて、連載枠取るには辛そうという判断で自己の方でボツにしました。

    そして第三作品目も冒頭のテンションと終盤の流れに違和感を感じるということでボツ。

    その原因が不明で担当氏も困っていたのですが、導き出された結論は、冒頭のテンションが読者が望むもので、そのまま進んでくれればいいのに何かストーリーとして進みだすとテンションが変わって、それは読者が求めているものじゃないのではないか?という考えに至った感じです。

    そんな訳で、その読者の求めているテンションだけでお話作ろう、それだとページ数あるとダメなのでショートストーリーでいこうということになり、今はそのショートストーリーのネームを切っているところです。

    つか、ショートストーリーは以前死ぬほど描いてた得意中なものなので、それはよかったのですが……ですが、掲載を目指すヤングマガジンにはそのショートストーリー漫画が結構あって、そこに殴り込みをかけることになるので激戦区に身を投じることになるんですよね…

    なので、あえてショートストーリーを避けて普通のストーリー漫画を提出していたのですが、結局元の鞘に収まった感じ?で…w

    でもどのみち連載陣を蹴散らすレベルじゃないと連載枠を獲得出来ないので、それはストーリー漫画でもショートストーリーでも同じだからやるしかないです。

    まぁ…ページ数短い方が連載が楽なので仕事を持つ自分としてはそっちのほうがいいかなーとも思いますw
  • 広告
  • ヤンマガ担当氏と会ってきました!

    2018-06-24 08:35
    先日、ヤンマガの担当編集さんと会って色々お話してきました!
    わざわざお休みの日に自分の地元、金沢まで来ていただいて…

    お話の内容としては連載を前提にネームを提出することになって、どういう方向性がいいか等お話しました。

    あとは漫画関連の雑談などを…色々裏話っぽいことも聞けて面白かったです。

    いやぁジャンプラは新人は読み切りで実績を作って、そして実績が出来て初めて連載ネームを切って、更に連載会議を通過しないといけないという過程なのですが…

    ヤンマガは編集長がGOサインを出せば連載出来るらしいです。
    会議なしwwwwwすげぇええwwww

    どちらのシステムがいいかは分かりませんが、自分としては少年向けより青年誌の方が向いてると常々書いてましたが、それもあってヤンマガさんの方がいいと必然的に思うわけでして。
    DAYSNEOに載せたネームも高く評価してもらえてますし。

    更に、ヤンマガ本誌じゃなくても、サードや月間とかWebのヤンマガ系にも企画回せるので本誌でダメでも他のところのチーフが気に入ってくれればそこで連載可能という…すごいですね。

    という訳で今年中に連載するという年始の誓いは一度は諦めてはいましたが、再び実現可能な雰囲気になりましたので、ヤンマガ向けの連載ネームを描いていくことになりました。
    ジャンプラ向けは暫く描けません…仕方ないですねー

    でもジャンプラでデビュー出来たわけですし、ネーム力もそこで鍛えられたからこそ、ヤンマガ担当氏の高評価に結びついた訳ですので恩は忘れません。
    いづれは戻ってくると思います…何年後になるかもですが…
  • ヤンマガで担当付きました!

    2018-06-09 14:43
    以前から気になっていたDAYSNEOなんですが、ネームですが投稿してみました。
    涌波桜子は今日も告白される」と「おっぱい仮面

    DAYSNEOとは漫画家志望と編集をマッチングするサイトで、講談社の各漫画雑誌が参加していて、その編集者さんたちが気に入った作家さんに担当希望を出して、複数の希望者がいれば作家側に選択権があるという、作家が選べるといういつもとは逆の形になっているのが話題になっています。
    しかーし、意外にシビアで担当希望はおろか、コメントすら付くのが稀な感じで、担当者を選べる作家は超有望と目される一部の作家のみの修羅の国…

    そんなサイトに自分も上記の作品(ネームですが)を上げてみたのですが…
    すぐにモーニングの編集の方からコメントをもらえて、幸先いいぞと思ったのですが…
    担当希望は付かず…

    その後も特に何もなく過ぎて行って、自分の作品は他の投稿者の山の中に埋もれていき…
    まぁネームというのもあるし…仕方ないかな~と思っていたのですが…

    なんとっ!担当希望が来ました!
    しかも憧れのヤンマガ、しかも好きな作品の担当をなさっている!

    多分普通ならもう少し待って複数の担当希望来ないか期待してしまうのでしょうけど、自分はもう即決でした!

    いやぁ…何か運命を感じますね…
    以前も書きましたが、この担当希望が付いた作品「涌波桜子は~」はヤンマガの代原用に考えてた8ページ漫画がベースになっているのです。
    それがジャンプラの読み切り会議で落ちたのですが、個人的には好きな作品で青年誌向けだとも思っていたので、これを上げたわけですが…
    見事元の鞘(?)に戻った感じで。

    そんな訳で、自分はジャンプラとヤンマガの二人の担当氏のもとで連載を目指すことになりました。
    ヤンマガさんの方とはまだお話もしていませんが…何とこちらまで来てくださってお話をすることになっています…

    今現在、ジャンプラでは
    「作風と競合する連載陣の女の子キャラで可愛さでは敵わないのでニッチなフェチ路線で行こう」という方向で読み切りネームを切ることになっています。
    夏の読み切り祭で前途の理由で落ちたので、年始に掲げた今年中に連載!がほぼ絶望になったために、他のところにもアプローチしていこうと思いまして、その一環としてのDAYSNEOへの投稿だったわけです。

    自分自身の作風も青年誌向きだと思うし、「涌波桜子は~」も新しい担当さんには高評価なので作風との相性もよさそうなので超頑張ります…!
    ジャンプラの方も当然頑張ります!