• はらぺこのルベル / 初音ミク

    2018-10-19 20:01


    はらぺこのルベル

    混沌に遊ぶ中 りんご飴を食べたいと言うのさ
    しょうがないな ころんと緩めちゃう 風物詩だ

    荒唐無稽に這う段々畑の雑草の輩が踊りだして
    とろんと 涼しさを感じたのです

    雨降りに熱を奪われた
    されどまだ愛は惹かれあう 指先に

    祭りの後 二十二時 触れたくなる 二十二時
    「帰らないで、このまま」ゆらりゆら揺れるルベル
    くっついて ひっついて せがみ合いましょうか

    “さよなら”に熱を奪われた
    されどまだ愛を厭わない飢えた二人は

    月の明かりが照らす
    月よりも美しい
    月よりも馨しい
    これは邪恋でしょうか

    祭りの後 二十二時 触れたくなる 二十二時
    “さよなら”にはとどめを ゆらりゆら揺れるルベル
    くっついて ひっついて せがみ合いましょうか
    厭わず偏に夜に溺れましょう

    ゆらゆら揺れるルベル


  • 広告
  • 2018年6月20日(水)発売 koyori(電ポルP) New Album『Resonance』

    2018-05-23 22:21


    2018年6月20日(水)にニューアルバム『Resonance』が発売されます。



    収録曲
    01 スキスキ絶頂症 (vocal. nameless)
    02 独りんぼエンヴィー (vocal. 柘榴)
    03 妄想進化論 (vocal. ダズビー)
    04 サイノウサンプラー (vocal. 向日葵)
    05 唯々なりレイデエ (vocal. 柘榴)
    06 恋空予報 (vocal. ダズビー)
    07 Lap Tap Love (vocal. 向日葵)
    08 曖昧劣情Lover (vocal. nameless)
    09 愛に奇術師 (vocal. 柘榴)
    10 magic city (vocal. nameless)
    11 夜待ちルイン (vocal. ダズビー)
    12 夢町コントラスト (vocal. 向日葵)
    13 World on Color (vocal. 向日葵・namelss・ダズビー・柘榴)






    向日葵さん / namelessさん / ダズビーさん / 柘榴さん

    この4名のボーカリストさんに僕の曲を歌っていただきました。
    銘々の個性が光る、本当に素敵な歌声です。

    歌は全て新録音。オケは全て新ミックスを施し、一部再録もしています。
    一曲一曲、丁寧に全力で作りました。
    新たに生まれ変わった最高の音源を詰め込んだアルバムです。

    ネットショップ及び全国のCDショップなどで好評予約受付中!

    Amazon.co.jp アニメイト とらのあな

    TOWER RECORD TSUTAYA



    『Resonance』Album Review

    アゴアニキ @agoaniki
    皆知ってるあの曲やこの曲が新ミックスや個性豊かなボーカルによって超パワーアップしています。1曲聴く事に「そうきたかー!」と驚きとワクワクの連続です。このアルバム6/20に販売開始ですって?やったー!!

    上田健司 (音楽プロデューサー ex. the pillows) @ueken830
    とても良かったです。はりーPとの間柄から、こよりくんに繋がりました。やさしげなそのルックスに油断させられて、あなたの音楽にチョット触れたらパクッとイカれちゃいました。食虫植物のこよりくん、これからも元気にパクパクいっちゃってください。性格に見合わず、曲はわりと毒だらけで面白かったです(笑)


    棚橋テルアキ(前略P / ELS) @ZenryakuP
    koyori氏の楽曲を聞いている時、陶酔感と高揚感が同居する様なとても不思議な感覚を毎回覚える。ギターリフ、シンセの音色の中毒性、その土台の上で歌い上げるボーカル達。彼の音による深い陶酔感と飛び上がるような高揚感の提供はまだまだ止まらない。

    たるとP @barreltaltor
    アルバム発売おめでとうございますー!
    koyoriさんらしさ満載の楽曲に、素敵なボーカリストさんたちの歌声が合わさって、めちゃめちゃ良いアルバムになってますねー!是非色んな方に聴いて頂けますように!


    てにをは @edogawa_sampo
    Tr.1の「奇怪起きた夏の戯に」というフレーズにいきなり気持ちを持っていかれ、早々にkoyoriさんとこのアルバムを信頼してしまいました。
    僕がチョロいだけ? 否、そんなはずはない! 聴けば解る!


    とあ @o0toa0o
    ボーカル陣それぞれがしっかり光りつつ、ちゃんと完成形。koyoriさんの楽曲ごとのボカロの使い分けと、その調声の絶妙さが大好きなのだけど、そんな「本家ボカロオリジナルが好き」って人にもぜひ聴いてみて欲しい1枚です。

    ナユタン星人 @NayutalieN
    電ポルさんは多種多様な曲調をつくるのにどれもが良いので「自分、こんな曲調もイケるやん、好きやん」と再発見させてくれるところがすごいです。侵略活動を開始する前は星にこもってひたすらボカロ音源を聴きまくっていたぼくですが、このアルバムはその時から大好きだった電ポルさんのあの曲もこの曲も欲張りにはいってるうえ、良さみ溢れたボーカリスト達によって新たな聴き応えもある。。そんな全宇宙でマストな一枚になっていたので是非たくさんの地球人にきいてほしいと思いました。ナユタン星ではスキスキ絶頂症が人気です。

    buzzG @buzz_g常に新しく、無駄の一切ない最新のkoyoriサウンドはまるで鎌鼬のように鋭く、さり気なく、繊細で美しいと感じた。その虹色の才能を持った表現者が描いた台本を蠱惑的とも言える女性ボーカリストたちが華麗に演じれば、そこかしこで開演した舞台がまさにレゾナンス(共鳴)して体中に突き刺さってくる。

    ポピュラリティの最前線でありながら、"世界を変えたい"というギラギラとした濃密な息吹が心臓まで届いてくるアルバム。


    Tsubasa Harihara(はりーP)@harirozeo
    koyoriさん『Resonance』発売おめでとうございます。
    日頃から音楽にかける想いを話し合う中で、楽曲を制作する姿勢や費やす時間、その多くを共有させてもらってありがとう。今回の作品を通して見えた”君の世界”は、自由で繊細かつニヒル。わんぱくな音に溢れていました。時には光に影を落としながら進む13曲のアルバム。曲の中を駆け回る主人公たちは、それを歌い上げた4名の素敵なシンガーによって最高の物語になっていると思います。ラストの締めくくりはまさに「World on Color」この素晴らしい作品が皆さん手に届きますように。


    ピノキオピー @pinocchiop
    koyoriさんの楽曲はツボにはまるメロディと、王道にみせかけて少しひねりのある変態な所が好きで~す。機会があれば、今まで撮った中で一番最悪な写りの電柱の写真を見せてほしいです。アルバム発売おめでとうございま~す!

    Moose @moose827
    僕が初めてkoyoriさんの曲に出会ったのは1stアルバム「Arrive you」でした。いつも夏の夜道を歩きながら聴いていました。曲に書かれた青春や恋の甘酸っぱさが心に沁みます。
    今回の初ボーカルアルバムが一曲一曲どれも素晴らしい曲でした。ボカロとはまた違う感情や世界観を感じられると僕は思います。
    是非たくさんの人に聴いてもらいたいです。素敵な曲を作ってくださってありがとうございます。そして、アルバム発売おめでとうございます!これからも応援しています。


    みきとP @mikito_p_
    koyoriさん。たまに会う君の真面目そうなところや、実は腹に一物抱えている様にも見えるところや、時折みせる微笑が、全てこのアルバムに出ていますね。影が光るアルバムです。ところでkoyoriさん転調のしかた教えてください。

    yukkedoluce @yukkedoluce
    まるで電柱が切り取る空模様。時に青く、時に赤い。一つとして同じ空はない。
    しかしそのどれもが同じ一つの空の本にあることを知る。それぞれの歌と音は交ざり合うように響き、冠せられた名にふさわしく、共鳴する。


    (五十音順・敬略称)
  • 弦 / LUMi

    2018-01-17 20:011





    一つ一つ小綺麗な意図を からくりで編み込んで
    派手にしよかな 古風がよいか 天井世界を行脚しよ

    二つ三つ幽霊の噂 旅人の魅惑奇譚
    誰に話そか あの子がよいか 聞いた話じゃ伝わらぬ

    雲はあんぐり口開けて蜜柑色
    あだ名で呼ぶは 誰そ誰そ彼彼

    嗚呼 弦にお前が触れて忌々しい
    咥えた指はもうふにゃふにゃ
    だから悪く無い僕は ずっと縮こまって
    余剰無い四畳に錠かけるの

    張り巡らされた弱々しい
    五本が錆び逝く ざらざら
    されど張り替えられない だって命みたい
    後生でもしょうもない畜生だろう

    十も数多も無駄など無いぞ 神様の曰く 美譚
    ならば天女を寄越したらどうか いつまで経てど伝わらぬ

    床はあいであのがらくた 不純色
    艶やかに揺る 誰そ誰そ彼彼

    嗚呼 すぐにお前が湧いていらいらする
    乱れた脳みそ ぐにゃぐにゃ
    それで意味も無く僕は 次いで愛を模した
    実情は非情な情を生んだの

    ぴんと張られて痛々しい その弦の声にあたふた
    されど緩められない だって両端で
    お前やお前がほくそ笑んで居るのだ

    嗚呼 弦にお前が擦れてひりひりする
    草臥れたよ もうむにゃむにゃ
    またも有り触れた僕は滑稽なので
    過剰な事情で自嘲するだけ

    はいからな才は神々しい
    思わず見惚れて ずぶずぶ
    つまり僕は何度も同じ事で
    座礁して正気欠く畜生だろう

    後生でもしょうもない畜生だろう