DQ2:マドハンドバグについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

DQ2:マドハンドバグについて

2014-09-14 02:52
    マドハンドバグとは

     画面上に敵が7匹出現している状態で、一定の条件を満たすとフリーズまたはアイテム変換が起こるバグ。通称かけによった


    バグ発生条件
    1:画面上に敵が7匹で、「仲間呼び」をする敵を含んでいる。
     (実質、マドハンド・ブラッドハンドを含むエンカウントのみ。理由は後述。)
    2:敵の7回目の「行動再選択」が「仲間呼び(成功)」(完全乱数)
    3:2の場合、強制的に通常攻撃となるが、この際フリーズまたはアイテム変換が起きる。


    各種仕様について
    <敵の最大同時存在数>
    1:SFCDQ2のシステムで考慮されている最大同時存在数は7匹。
    2:さらに「敵の横サイズ」によって実際に存在しうる数は決まる。
     (画面からはみ出るほど敵は居られないよ、という現実的な問題)
     具体的には「個体の横サイズ×2+個体間(同種同グループ:+1、別種/別グループ:+2)の合計が53以下」
    3:仲間呼びできる主な種族の横サイズ設定値
     「マドハンド、ブラッドハンド=3」「ぐんたいあり=4」
     序盤のぐんたいありでもバグを起こせそうなのに無理なのはこれのせい。
     なお、合計値が53以下なら7匹居られるので、「ガスト1匹+マドハンド6匹」などのエンカウントもありうる。

    <仲間呼び>

    1:成功と失敗
     仲間呼びには成功と失敗があり、乱数で各1/2の確率。失敗の場合は「しかし なかまは こなかった!」と表示され、行動は終わる。
    2:成功しても仲間を呼べない?
     1/2の確率で「成功」を引いても、画面上に敵がいっぱいだと敵を呼ぶことができない。その場合は、もう1度行動選択をしなおす。

    <行動再選択>
    1:簡単に言うと
     敵の選択した行動が何らかの理由で実行できない場合、再度行動を選びなおしに行くこと。
    2:延々選びなおしたりする?
     行動選択を8回やってもなお行動できない場合、9回目の選択は強制的に「通常攻撃」となる。

    詳しく知りたい方はこちら→[敵の行動再選択について - データ置き場]


    バグの実際
    ★最後の行動再選択が「仲間呼び(成功)」の場合、強制通常攻撃での参照データがおかしくなる。
     所持品のアイテムIDをHPと誤認し、アイテムIDにダメージを与える→IDが減少する→つまりアイテムが変化する。

    1:バグ攻撃者は8体目の敵
     敵の最大存在数は7匹→つまり本来存在しえない敵。
    2:被攻撃対象は味方の180人目~195人目
     最後に呼ばれた敵のアルファベットによって変わる。マドハンドAなら180人目、Bなら181人目~Pなら195人目。
    3:被攻撃対象のHPはローレかサマルの道具欄情報を参照
     最後が「H」の場合、ローレ6番目のアイテムIDをHPとして使用。
    4:8体目の攻撃力は1体目の守備力を参照
     1体目がマドハンドの場合、守備力16を8体目の攻撃力として使用、被ダメは6~8。
     ブラッドハンドは守備力24、被ダメは10~13。
     左端がガストの場合は守備力80で、35~45の被ダメが期待できる。
     なお、防御フラグが立っている場合は被ダメが半分になる(左端ガストの場合は防御フラグONの場合が多いらしい。)

    <フリーズかアイテム変換か>
    1:経験則として、以下のアルファベットであればフリーズしないようである。
     H、I、K、L、N、O、B、C、E、F
    2:対応する道具欄
     H:ローレ6、I:ローレ7、K:ローレ9、L:ローレ10、N:サマル2、O:サマル3、B:(不明)、C:ローレ1、E:ローレ3、F:ローレ4

     G(7体目)だとフリーズしてしまうので、現実的には1体倒した状態のH(ローレ6番目)や2体撃破のI(ローレ7番目)あたりが利用しやすい。


    発生確率
     8回目の行動選択は「仲間呼び(成功)」であることが必須だが、それ以外は仲間呼びに限らない。
     マドハンドには「ホイミ(他者対象)」があり、マドハンドは賢さ0のため、
     1:現在HPが最大HPの半分未満の仲間がいない場合は行動再選択となる。
     2:ガスト等、別グループがある場合はHPに関わらずホイミを使用する(再選択とならない)
     ガスト等の別グループがいるとホイミが再選択にならないため、発生率はより下がる。

    <行動タイプ>
     エンカウント時に存在するマドハンドは、行動タイプが非均等型なのだが、「仲間呼び」で呼ばれたマドハンドはなぜか行動タイプが均等型になっている。
     非均等型:ホイミ(他)26/256、仲間呼び102/256(成功率は半分のため51/256)
     均等型 :ホイミ(他)32/256、仲間呼び96/256(成功率は半分のため48/256)

     非均等型:(26+51)^7*51 / 256^8 = 0.00444%
     均等型 :(32+48)^7*48 / 256^8 = 0.00546%
     で、仲間呼びで登場したマドハンドの方が発生率が高い。

     ブラッドハンドは元々均等型で、仲間呼びは1/4(成功率は1/8)
     (1/8)^8=1/16777216 = 0.00000596%

    <乱数の偏り>
     計算上はものすごく確率が低いのだが、実際は乱数の偏りによりマドハンドは1/2100くらいの発生率とも言われている?



    参考サイト等
    mudhandbug_summary.txt
     詳しすぎるくらいに詳しい。バグ解析者のまとめ。
    マドハンドバグ~理論編~ - やる夫がDQ2で最強データを目指すようです
     会話形式。全部表示すると今話題の扉バグなど各種バグ・裏ワザの説明あり。
    情報コーナーMILLENNIUM (第28回) ~すごろく、命!!~  のウヒくんさん
     おそらくネット初出のバグ報告。2000年の記事。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。