• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 歴史への視座と、チャンネル休止のお知らせ|久野潤チャンネルブロマガ

    2017-05-24 15:18
    久野です。

    我が国に限りませんが歴史上、どの時代においても
    〇 そこそこ名前は知られているが、志を遂げずに生涯を終えた人
    がたくさん存在します。

    さらに

    〇 表舞台に現れず、その名を歴史に残さなかった人は当然、
    無数に存在します。

    ↑のような人たち中には、これまた数えきれないほど
    ◎ 歴史上の有名人物をレベルアップさせた人

    がいます。

    能力的にもそうですが、国/地域や人々をまもらなければ
    という志についてもですね。
    「この人に負けないようにがんばらないと!」
    「国/地域を治めるためには、
    この人がやっているようなこともできないと!」
    などと、歴史上の有名人物を奮起させる役割は重要なんです。

    【久野潤チャンネル】では2週間にわたって
    武田信玄・上杉謙信を扱ってきましたが、
    2人の精神や行動が織田信長や徳川家康に対して
    大きな影響を与えたのはお伝えしてきた通りです。

    6056418aa225b19efcec196f6e678c90522e99e2

    信玄や上杉、そしてその後継者たちの生き様を通して、
    あまねく歴史というものは無数の志をもった人たちの
    精神や行動が織り成して構築されてきたのだ
    ということをお伝えできればと思っています。

    今回は最後に、大事なお知らせがあります。

    私の一身上の都合、より正確に言えば
    自宅の京都から毎週収録のために
    上京することが困難になったこともあり、
    今月末をもって【久野潤チャンネル】をひとまず店じまいします。

    51a79776a15e2ddb7d10d158be99740347a56ae1

    入会いただいた方々、お時間許す時間に
    アクセスして下さった方々に対しては感謝に堪えません。
    誠に勝手を言って面目ありませんが、
    今後さらなる研究・取材・執筆などの仕事で
    挽回してゆくことをお約束のもと何卒ご容赦下さい。

    「生放送だけ見たかった」という方は、
    御手数ですが退会の手続きをお願いします。
    ただ、Youtube動画(https://www.youtube.com/c/kunojunchannel/)
    は残りますのでそれを閲覧、
    もしくは今後も私の活動を支えて下さるとう方は
    会員を継続願えれば幸いです。

    この度はこのような形となってしまい申し訳ありませんが、
    また別の場でお目に掛かれる機会があることを願っています。
    これまで本当にありがとうございました。

    ( 久野 潤 )
  • 最強から学んで最強になる|久野潤チャンネルブロマガ

    2017-05-19 16:59


    久野
    です。

    半年ぶりくらいにハワイに行ってきました、
    仕事の都合で2泊4日の強行軍です。
    今回はグループツアーの案内を兼ねて、
    合間に日系人部隊の元兵士の方々多数からお話を聞けました。

    日米関係史を考えると、開国以来日本が必死にアメリカに学び、
    アメリカも日本からよく学んてきたということを改めて痛感します。
    ある意味、日本がアメリカなど欧米諸国に追いつこうと
    想像を絶する努力をした到達点が真珠湾攻撃であり、
    それによって大被害を受けたアメリカは
    よく教訓を生かして逆転勝利を導きました。

    その間ヨーロッパで必死に奮戦し、自分たちのみたならず
    広く有色人種の市民権を獲得することで、
    もうひとつの“大東亜共栄圏”を実現した
    とも言えるのが日系人部隊です。
    アメリカなくして今の日本はなく、
    日本なくして今のアメリカもないはずです。

    戦国時代――
    のちに天下人となった織田信長(一歩手前!?)と徳川家康は、
    大先輩である武田信玄や上杉謙信から大いに学びました。
    信玄・謙信がいなければ、あの信長・家康も存在しえませんでした。
    今週19日(金)21時からも生放送【久野潤チャンネル】、
    国のかたちがまもられた戦国時代シリーズで
    「信長を育てた謙信と、家康を育てた信玄」です。

    ぜひアクセスしてみて下さい、
    戦国時代に詳しくない方も楽しめる内容です♪

    ( 久野 潤 )

  • 誇るべき、くやしい真珠湾攻撃|久野潤チャンネルブロマガ

    2017-05-11 16:36


    久野
    です。

    今年はまだもうちょっと先ですが、
    毎年8月15日が近づくと戦争映画再放送シーズンがやってきます。
    私が初めて自宅でしっかりと観た戦争映画は、
    小学校4年次のそのシーズンに
    テレビ再放映されていた『連合艦隊』(昭和56年東宝)です。

    当時(今でも?)あまり知られていなかった空母
    「瑞鶴」の奮戦ぶりにも目を見張りましたが、もうひとつ、
    その後ずっと耳について離れなかったものがあります。
    それが、真珠湾下攻撃で大戦果を挙げた
    「瑞鶴」九九艦爆隊の本郷英一隊長(永島敏行)が
    「われ奇襲に成功せり」と言って引き揚げたあとに流れる、

    「この日を境に、『リメンバー・パールハーバー』
    の声がアメリカ全土に満ちあふれた。
    今日これを、ルーズベルトによる
    巧妙な世論づくりのための謀略だとする意見も少なくない。
    それはともかく、・・・」というナレーションです。

    当時の久野少年が↑を
    正確に漢字変換できていたか定かではありませんが、
    その10年後にロバート・B・スティネット
    『真珠湾の真実 -ルーズベルト欺瞞の日々』
    (邦訳は文藝春秋)が話題となり、
    その本で解説を書いた教授に
    大学院で指導を受けたのも何かの因果かもしれません。

    大きくなった久野少年は大学院で、日本がいかに支那事変長期化
    そして日米戦争へと引きずり込まれていったか
    という過程を研究して学位論文も書きました。
    そのテーマと重ね合わせてみると、
    真珠湾攻撃で日本があれだけの大戦果を挙げたのを見て、
    日米離間のために謀略の限りを尽くしていた
    ソ連や中国共産党の幹部は高笑いしていたでしょう。
    もといいまだに(悪代官風に)
    「こやつらは愚かにも、本当の敵が誰であったかを分かっておらぬわ」
    と嘲笑されているかもしれません。
    真珠湾攻撃は単なる愚考だったというのでしょうか。

    しかし戦争経験者を多数取材するようになってから、
    考えが再び変わりました。
    少なくとも真珠湾に向かう将兵たちは
    (準備に関わった人たちも)与えられた条件のもと命がけで戦った、
    あれだけの大敵アメリカを相手とした誇りと共に。
    彼らの後輩としてまずやるべきことは、
    真珠湾攻撃における先輩たちの奮戦の実態を伝えることです、
    本当の意味での教訓を引き出しながら。。。

    さて、国をまもってきた先人の歴史を伝える【久野潤チャンネル】
    今週金曜日は「日本海軍の実力」シリーズの第六弾として、
    真珠湾攻撃を取り上げます。

    これも誰でも知っている出来事ですが、
    やはりちょっと詳しい方が
    かえって知らないようなところなどもしっかりお伝えします。
    ぜひご覧下さい♪

    ( 久野 潤 )