• 【雑記】子どもたちの"相対的貧困"を紐解く

    2018-04-26 12:008時間前

    少し前から色々と話題になっている「子どもたちの”相対的貧困”」
    私なりに考えて出てきたアンサーをここにまとめておきます。

    ●「子どもの貧困」7人に1人 母子家庭「生活苦しい」82%(毎日新聞)
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201706/CK2017062702000243.html
    ●「子ども食堂」全国で急増 2000か所超える(NHKニュース)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180403/k10011389501000.html


    ◆”相対的貧困”ってそんなにある?
    子どもの相対的貧困は、7人に1人と言う調査結果が出ています。
    んで、そんなにある?って実感のない人多いと思うんですけれど、それは貧困と言うと"絶対的貧困"をイメージする人が多くて、"相対的貧困"と呼ばれている層がそこに属していないから見えていないだけなんですよね。

    それは、社会的なインフラが整っていてきて成熟してきたからこそ出てくる問題です。なぜなら、外側から見ても、安価でそれなりに取り繕えるモノが揃ってきていたり、また相対的貧困に陥ってる本人が、そういった環境なのだから仕方がないと思い込んでいて、よーく観察してみないと分からない。と言うケースが増えているんですよね。

    その歪みは、分かりやすい例を上げると「子どもの修学旅行費が払えない」「冠婚葬祭と言った行事に参加できない」と言った形となって現れてきます。


    ◆コミュニケーションと、社会からの断絶
    んで、その先に在るのはなにかと言うと、社会から取り残されてしまう。と言うことなんですよね。上に上げた冠婚葬祭等の人と人が繋がれるような場に足を踏み入れる機会と言うのが自然と少なくなっていく。諦めるということをしていかないと、彼らは生活ができないからだ。

    それによって、より相対的貧困が見えにくく、他者からの共感も得にくいような状況を作ってしまうんですね。
    もちろん、そういった人たちに向けた支援など市区町村で色んな取り組みを行っているところも多々ありますが、話をしてみるとそういった制度を知らなかった!と言う人達が多いんですよ。

    それは、しいて言えば、コミュニケーションと社会からの断絶だ。
    本来なら、注意域の人たちを危険域へと、押し上げてしまう。

    この問題、もっと取り上げないといけないなぁと私が思うのは、そのまま鈍感が行き過ぎてしまうと、当事者が不幸になるだけではなく、そういった格差の歪みをどんどんと大きくしてしまって、平等(笑)とかを取り上げる皆にとっても不利益を被るわけなんです。
    単純に考えてみてくださいよ。それだけの社会保障の負担、だれがするの?ってなったら、我々に掛かってきますからね(暗黒微笑)


    ◆こどもしょくどう
    そうした人たちを強引に繋ぎ止めていく。そのアンサーは”こどもしょくどう”に有る私は考えています。やっぱり、最終的に求められるのは、人の善意だと思うんですよね。

    そういった人の”あたたかさ”に触れた時はやっぱり”ほっ”としますし、なんだか生きづらいなぁーと思う世の中でも、そういった場があるなら、もう少し頑張ってみようか!と少し前向きになれると思うんですよ。

    現在、こどもしょくどうは急激にその数を増やし、近くの公共施設などで月に1回開催!だとかそういったことを、皆さんの気づかないところでひっそりとやっているかもしれません。

    もし、興味が出た方がいましたら、近くでやっていないかとか、調べてもらったり、実際に足を運んでみていただけると嬉しいです。そこに、ファクトはあります。


    ◆補足
    もし、この辺りの問題が気になるって人は日本国内だけではなく、ドイツの「子どもの貧困問題」にも目を向けてみると、より深いところまで認識ができるようになるかもしれません。
    貧困だけではなく、移民や今までのドイツの歴史と言うものを紐解いていかないと、今なぜあそこまで深刻な状態になったのか?と言うところまでたどり着けないかもしれませんが、、、
    そこまで、話し始めると長くなるので、おしまいにします。(雑)


    よければ以下エントリもどうぞ
    ●【雑記】全ては"L"になる
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1357199
    ●【雑記】死にたがりの道化達へ
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1244464

    ●【雑記】たった一つの冴えた生き方
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar908795
    ●【雑記】それでも私が"ベーシックインカム"を崇拝する理由
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1223800
    ●【雑記】相模原事件から考えたこと
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1102878





    そんなかんじで。
    おしまい。
  • 広告
  • 【雑記】三度目のAI~未来を切り開く欠片~

    2018-04-19 12:007

    三度目のブームとなっている人工知能(AI)
    私は技術力とかゴミですよwみたいなあたまのわるいエンジニアなんで、難しいことは分からないけれども、調べていて感じたことをまとめておきます。
    よろしい、底の底を究めてみようか。君のいわゆる虚無の中に万有が見出されるだろう。
    ――"ファウスト"より


    ◆人工知能は三度目の死を夢見るか
    過去のブームを調べていて思ったのは、1回目のブームと2回目におきたブームの時にAIと定義されていた技術は現在ではAIと定義されないものが、意外と多かったりするんですね。

    AIと言う概念がテクノロジーの発展によって全然ガラリと変わっている。でも、なんかAIですごいことが起きてる!!!!!それらを踏まえますと、とりあえず、AIやるぞーwwwって言っとけば予算確保できるよねwみたいなバブルみたいな状態だと思うんですよね。

    ●「ラーメン二郎」全店舗“見分ける”bot(ITmedia)
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/10/news127.html


    だって、お金を操作する意思決定権を持っている世代と言うのはAIだのなんだの言っても、「なんかよく分かんないけどすごいんでしょ?やってよ。お金だすし。あ、責任者だけど、責任はとらんwwwだってわからないしwww」で終わる人たちがほとんどだと思うんですね。

    だから、そんなアホからは金を出させるなら今。ブームに乗ってる今なんだ。
    そして、このブームが終わった時。そこが正念場だ。

    三度目の死を人工知能に与えるか?与えないか?
    それは、間違いなくエンジニアとしての力が試される時だ。
    我々、エンジニアは、”誇り”を掛けていこう。
    我々、エンジニアは、”バベルの塔”を今度こそ作り上げよう。

    高卒ピーポーな私が調べていて思うのは、過去のブームとは違って、我々はオンラインの環境で居ること、手元に窓が備わったデバイスが誰もが意識することなく、手軽に持ち歩ける時代になったこと。そういった時代になった今訪れたAIブームは、過去二度のブームとは違う手応えがありるであろう。と言うことだけだ。




    ◆失われた未来を求めて
    40代や50代のエンジニアを見ていて思うのは、彼らってwindows95とかの時代から触っていたはずじゃないですか。まぁ、私はwin95から触ってましたけど。←イキリト

    おじさんたちがあたふたしているところで、さらっとスマホで調べてたりすると「さすが若い子はなれてるな~wwwおじさんもうだめだwww」みたいな事言う人達いますけれど、私達ミレニアル世代と言うのは、彼らよりもそういったデジタルデバイスに触れている時間って言うのは、少ないはずなんですね。

    でも、なぜそのような乖離が起きているのか?と言うことを考えると、それは「デジタルデバイスに触れてきた時間の長さと言う尺度」ではなく「従来のテクノロジーを触れた時に培った考え方や価値観から離れられず、新しいテクノロジーを捉えて見た時にフラットな視点が持てず、認識のアップデートができなくなった」と言う事の証明だと感じるんですよ。

    んで、今、人工知能だAIだ!と騒がれている時に必要な観点はなにか。と言うと「新しいテクノロジーに柔軟な視点で接しついて来れるのか」と言うのが重要になってくる。たとえ、それが出来ずとも、今ミレニアル世代と呼ばれている人たちは、まだ何者にも染まっていない。我々は、デジタルデバイスを意識することなく使っている世代だ。少なくとも、そういったおじさん世代よりも、ついてこれる人たちであろう。

    だからこそ、今、声をあげよう。
    これからの時代を切り開くのは、、、
    我々、ミレニアル世代だ。




    よければ以下エントリもどうぞ
    ●私が、エンジニアではなく雑草になった日
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar839868
    ●【雑記】IT業界☆老人ホームランド♪開園
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1362741
    ●【雑記】インフラ系の業務は0点満点の減算式
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1011486
    ●【雑記】"AI"より先に考えるべきこと
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1335647
    ●【雑記】IT業界の問題点
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar856777





    そんなかんじで。
    おしまい。

  • 【趣味/ゲーム】"Will To Live Online"やってるよーと言う話

    2018-04-15 12:00


    2018/04/05より、早期アクセスが開始された『Will To Live Online』をプレイしてます。
    友達とワイワイとプレイしてて思ったこと書いときます。

    ●ゲーム詳細な紹介エントリはこちら(GamePark)
    https://www.gamespark.jp/article/2018/04/06/79810.html


    ◆思ったこと
    早期アクセスが開始したばっかり&2000円あれば、牛丼が食べられるお釣りがでるくらいに余裕で購入できると言う値段なこともあって、ちょいちょいオブジェクトが雑だったり、UIが分かりにくかったり、グラフィックは1~2世代前だなぁと言う印象。
    建てられている鯖は、アメリカやヨーロッパとかでpingがちょっと高めで不安がありましたが、USA-3のNoPK鯖で遊んでいる感じ、特に問題なくプレイ出来ています。

    PUBGやBF1で荒んだクソ雑魚AIMで心が折れた。でもFPSやめられねぇんだけどwwwwwwみたいな、コツコツすることが大好きな日本人の心をドンピシャな事間違いなしのMMORPGにFPSをくっつけたゲーム。
    日本語対応していない英語圏のニッチなゲームなのに日本人プレイヤーがウヨウヨいる。
    街中では、ローマ字読みにしただけみたいな名前を付けてるプレイヤーや、ボイスチャット(日本語)で物乞いしてるプレイヤーもたまにみる。マジで日本人多い。

    MMORPGを踏襲しているからなのか、基本的には街中のおっさん達に話しかけてクエストを受注して、お使い(敵を倒してドロップアイテムを届ける)をこなしていくかんじです。
    ただ、オープンワールドでめちゃくちゃフィールドが広くて、まだ早期アクセスを開放したばかり&英語圏のゲームであるため全く情報がないから、ポストアポカリプスな世界観ともそれがマッチしていて、効率とか気にせず友達とゲーム世界の冒険が楽しめる自由度もかなりあります。今最高にエンジョイできるゲームなんじゃないかなって思います。あと、まじで他のプレイヤーの大半、日本人です。

    値段が値段なだけあってチープな作りをしていますが、今後のアップデートが楽しみですね。
    また、クライアント側がリソースを占有して開放出来ていないのか、長時間プレイをしていくと挙動がおかしくなることがあるみたいなので、その辺りの最適化などもしていってくれると嬉しいですね。

    グラボは1060(6GB)を積んでいますが、高めの設定にしても問題なく動いている感じ。
    グラフィックのクオリティ的にちょっと古めですが、760tiぐらいが動作するのに必要最低限になってくるかなーって感じます。上に貼った紹介エントリを読んでみて、興味持った人いたら値段も安いし買ってみようぜ!ってそんな話でした。

    あ、ほんと、日本人、、、おおいです。
    チャットとかバリバリ日本語で質問したら日本語で教えてくれて、ココでこのアイテム使えるよ!とか道案内もしてくれます。だって他のプレイヤーの大半日本人だもん。

    チープな作りではあるなーと思うけれども、Discordで日本人グループとか日本語wikiとかも出来始めているので、これから盛り上がっていきそうな気がします。



    ◆公式提供のゲームプレイムービー


    そんなかんじで。
    おしまい。