【エロゲ/レビュー】Dies irae ~Acta est Fabula~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【エロゲ/レビュー】Dies irae ~Acta est Fabula~

2014-06-04 12:00
  • 4
最終更新日:2014/06/04

■はじめに(注意事項等)
エロゲ業界が少しでも、盛り上がってくれればと思い、
今回は、「Dies irae ~Acta est Fabula~」と言うエロゲについてレビューを書かせて頂こうと思います。あくまでも個人的な感想と受け取っていただけると幸いです。
もし興味がある方いましたら、拙い文章ですが最後まで読んでいただけると嬉しいです。
なるべく配慮致しますが、一部ネタバレ等含むかもしれませんので、
嫌な方はブラウザバックorご理解の上、読んでいただけると大変助かります。
では、以下を御覧ください。

※本ブロマガはエロゲのレビューになります。その為、18歳未満の方の閲覧は、
 大変失礼ですがご遠慮していただけると幸いです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


■各種情報
タイトル:Dies irae ~Acta est Fabula~
ブランド:light
発 売 日:2009/12/25
原  画:Gユウスケ
シナリオ:正田崇




■Dies irae の話の大まかな流れ。
僕は普通の学生(藤井蓮)さ(・ω<)☆
ある日、朝起きたら金髪の美少女が隣に寝てた。やったぜ。
なんだかよく分からんけど、DQNに絡まれた。
あいつら足はえーなwwwwぜってーオリンピックで金メダル取れるぞwww
なんやかんやあってDQN達倒した。
ついでに敵だったツンデレ美少女がいつの間にか仲間になってた。やったぜ。
そしたら変な組織みたいなのが絡んできた。あいつら頭大丈夫かよ。
相棒が死んだ。ざまぁwwwwwこれでハーレムに一歩近づいたわwwww
なんか四天王()みたいな奴が出てきた。
マジつょい。勝てない……。
そんな時、美少女が仲間になった。
やったぜ!と思ったらガチレズだった。
ガチレズが死んだ。かなしい。まぁレズだしいいや。
四天王みたいな奴ら倒した。結構小物だった。ざまぁwwwwww
金獣とか水銀とか何か調子のってる奴らがでてきた。
こいつらチートかよ。マジ、つよぃ。どうしよう。かてない。
何とか知恵を絞り出して「お前は美しい!」と褒めてあげたら、争いは終わった。
そんな感じ。

たぶん、正田信者に見られたら怒られる。
まぁ、いっか。(てきとう



■感想(個人的・総評)
本作を一言で表すなら、「王道の厨二病作品」であろう。
言葉遊びだが、決して「中二病」などではない「厨二病」だ。
「Fate」や「あやかしびと」と言う作品は言うなれば、伝奇作品に近いが、これは違う。
そんな、黒歴史をこじらせちゃった系の人達にはオススメできる一作であろう。

本作は単純明快に言ってしまえば、主人公がある日、美少女に出会って能力に目覚めて、
何かよく分からん組織に絡まれて戦う事になるバトル物である。
その戦いの描写が非常に濃厚かつ燃える内容に仕上がっており、
「こいつ雑魚だよな?本当に勝てるのかよ?!(絶望)」と言う体験ができる。
些か戦いが冗長だと言う意見も見受けられるが、それを感じさせず、ユーザーを飽きさせないように、演出やエフェクトが非常に凝っており、「いつ止めたらいいか分かんない!?気がついたら深夜2時だよ!!5時起きで仕事だよ!!(絶望)」と言うリアル絶望も味わえる、一粒で二度美味しい作品である。

作中における登場人物達の詠唱は、様々な戯曲等のフレーズを用いたもので、
その辺りの知識が豊富な人に取っては、ニヤリと出来るシーンも少なくはない。
『ファウスト』が好きな私にとっては、ニヤニヤ出来るシーンがありました。
そう言ったフレーズを使用した詠唱ですが、演出共々非常に凝っており、
これから何おこるの?!みたいなワクワク、ドキドキ感がたまりませんでした。
強い技使ったやん!なんで倒せないの!みたいな事も多くて、強い技つかってドーン!おしまい!みたいな話ばかりじゃないのも、先の展開が見えなくて面白かったですね。

何よりも注目したいのは、本作において、敵や味方関わらず各キャラクター達、全員が非常に魅力的に描かれている事だと私は思う。
個人のキャラでは敵で出てきた「ヴィルヘルム」が本当にいい味を出していて、私の中でNo1敵役。めちゃくちゃ格好いい。私もいつかこんな人間になりたい。ああ。チンピラだった。目指しちゃだめだ。
それが、どれだけ魅力的に描かれているかと言うと、公式の「カップリング人気キャラ投票」でサブキャラ同士の組み合わせが1位に輝くほどに魅力的である。
そのキャラクター達の魅力は、このような場では言い表すことは出来ない。
是非ともプレイしてみて、その目で確かめてほしい。
私個人的には、「藤井蓮×櫻井 螢」のカップリングが好きですね。ベタですが。
このツンデレカップルめ末永く幸せに爆発しろ。
後は「遊佐司狼×ヴィルヘルム」ですかね。
チンピラとチンピラが合わさって最強に見えます。うーん?ホモかな?

・攻略可能キャラクターは以下の4人
  綾瀬 香純
  櫻井 螢
  マリィ
  氷室 玲愛
私個人的には、やっぱり螢ちゃんが外せません!!!!!!



■DEMO MOVIE




■補足
Dies iraeってタイトルのヤツいっぱいあるけど、どれ買えばいいの?って時は、
「Dies irae ~Acta est Fabula~」ってヤツ買っとけばいいと思います。
全年齢版はやってないので、私はよく分かりません!!!!!!誰か買ってくだしあ!!!

また、本作は『萌えゲーアワード2010』BGM部門金賞、シナリオ部門銀賞受賞作品である。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


以上になります。拙いかつ面白みのない文章ですが、
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
もし興味が出ましたら、公式サイト様から体験版のダウンロードを試して頂いたり、
ご購入の検討をしていただければ幸いです。

※本記事作成にあたり、画像等の著作物を利用させて頂いている関係上、
 不都合等ございましたら記事の削除or修正を無断でさせていただく場合がございます。
 その点、大変ご了承お願い致します。


おしまい。




広告
×
うぽつですw

内容を空覚えなので、ひとまず
エイヴィヒカイト劇場 (sm19426487) を観て体温上げてきました!
やっぱり詠唱っていいな〜w

登場人物について、私もヴィルヘルムが印象深いです。
一番わかりやすく超人やってたところが好きなのだと思います。
枯れ落ちろ恋人ーーー。って、時々濁声で発してますw

あとは、ベアトリスと水銀おじさんも好きでしたね。

Thrud Walkure (sm10274297) とか聴くと、Valkyria!!!
って、りのっちさんの声が脳内で再生されますし、
やはり人間、一人一詩、名前とともに授かるべきだと思いますw
42ヶ月前
×
>lavalkid さん
いつもコメントありがとうございます。

やっぱりヴィルヘルムは輝いていましたよね。プレイした当時は一番衝撃を受けたキャラクターでした。
またヴィルヘルムに限らず、登場人物達、皆が超人みたいな力を持っているんですが、どのキャラクターも人間臭い一面があったり、憎めなかったりする一面があったりして、各キャラクターが魅力的かつ内面がしっかりと描かれている作品だなと感じています。
私はやっぱり、螢ちゃんが好きです!!!!!!!

詠唱に関しては、史実(元ネタ)があり、それを掘り下げると結構面白い発見とかもあって楽しいですよね。
また、その詠唱が長ったらしいんですが、それをあきさせない、感じさせないような演出が出来上がっていて、燃える展開の作り方、空気感の演出が本作ほどにできている作品は数少ないんじゃないかなと思います。

結構昔の作品ですが、時折またプレイしたいなと言う感情に襲われることもあり、実際に何度か再プレイしたこともあります。近頃は手が出ませんね。この作品、面白いんですが、結構時間食うところが難点ですよね。
42ヶ月前
×
すいません、私の前記コメ内、☓ Valkyria → ○ Walkure でした〜。

そうですよね、>時間食うところが難点 って、
Dies の戦闘シーンの尺は確かに長かった記憶がありますね。
私も終盤の連戦で、
本文にある通りの絶望を確かに味わいましたよ〜w

まあ特に(熱く燃える)熱血系ゲーム(エロスケPOV)の名作には、
そういう傾向があるかもですね。
長い時間、視覚・聴覚伴ってその作品に没頭できるのが
エロゲの良さだと思うので、、、いや、だったのかな…

って、一方で、人にエロゲを勧めること自体が私には稀有ですがw
例えば、>燃える展開の作り方、空気感の演出
ってことで、マブラヴ オルタネイティヴを推すとしてw
で、そのオルタを楽しむために最低限、君望→マブラヴは必須。
とかって布教するだけでも、時間的にそのハードルは高いですよねw
時代的にも長編よりは短編でしょうし、
実際私も、サクッと楽しめるエロゲを望んでしまいがちですしおすし。

けれども、長い時間、視覚・聴覚伴ってその作品に没頭できるのが
エロゲの良さだと思うので、、、(再びジレンマ)

うーん…エロゲ初心者には、沙耶の唄がオススメってことでw
42ヶ月前
×
>lavalkid さん
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。私もオルタは非常にオススメできる作品だなーと思うんですが、
その舞台背景を知るためには、君望→マブラヴは必須に等しいんですよ。
それってすごい時間かかるじゃん。ってなるんですよね。
その分、感情とかも入りやすくなるんですが、なかなかプレイする時間を作るって難しいですよね。
オルタは凄い好きでファンディスクとかも全て買ってるんですけど、
なかなか人にはオススメできない作品だなぁと思います。

沙耶の唄は衝撃を受ける作品でしたね。
非常に哲学的で皮肉がきいていた作品だと思います。
話も短いですしインパクトを与えると言う意味ではありですね。
話の内容はアレですがw
42ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。