はじめようMinecraft
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

はじめようMinecraft

2015-02-07 22:52
  • 5

 三月並みの暖かな日があったかと思えば、雪のちらつく寒さの厳しい日が続く今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。体調を崩しやすい季節でもあります故、くれぐれもご自愛ください。


✄-------------------------------------------------------------------------------------------✄


【何かできました】

 さて、結局昨年2014年後半は作品らしい作品も公開しませんでしたので、かなりお久しぶりという方もいらっしゃるかと思います。え? そんな固定ファンは居るわけないだろって? 気にしちゃ駄目です。

 Minecraftの動画に関しては随分動いていませんので、もう飽きたのか、と思われているかもしれませんが、そういう訳ではまだありません。裏でこそこそと参加していた企画がありまして、そちらにかかり切りになっていましたと言いますか。不器用故、あっちもこっちもは出来なかったという話になります。

 この度、そちらの方をそろそろ表に出しても良い時分となりましたので、この場を設けさせてもらいました。単刀直入に言いますと、Minecraftの本が出ます。




題名:『はじめようMinecraft』
著者:クスノキ/かぼちゃ/今井三太郎/ぷんすけ(敬称略。原稿掲載順)
出版社:翔泳社
発売日:2014年度中
価格:税込みで2500円程度


 『はじめようMinecraft』と題して、初心者を対象としたPC版Minecraftの攻略本といいますか、解説本的なものになります。Mojang社の公式本というわけではありませんが、きちんと企画をお伝えし、作られたものになります。まあ非公式本には違いありませんが。

 内容としては、以下のような4パート構成です。


1,基礎知識として、アカウントの作成方法や購入方法、体験版のやり方など
2,チュートリアルとして、サバイバルモードに触れつつ各要素の解説
3,応用知識として、建築やレッドストーン、スキンやリソースパックについて
4,マルチプレイやSNSを使った作品公開といった楽しみ方について


 残念ながら頁数の限りもあります故、Minecraftの全要素を網羅したもの、というわけではありません。画像をひたすら詰め込んでいけば、それも不可能ではなかったと思いますが、「本」という媒体の良さを生かすためには、そういう訳にもいきませんでした。

 ただ、Minecraftをある程度プレイされている方々ならご理解頂けるかと思いますが、日々開発が進み様々な要素追加があるこのゲームで、その遊び方というのは本当に千差万別です。そんなMinecraftプレイヤーの皆様全員に満足して頂けるものを作るのは、現状不可能に近いものですから、そこは企画として当初から諦められているものとなります。アルティマニア(完全攻略本)ではなく、物語中盤までを追った最速攻略本におまけがついているようなイメージでしょうか。

 解説というならば、wikiをはじめ、公式或いは有志が用意したネット上の解説コンテンツが十二分にあるじゃないか、という意見も出てくるかと思われます。しかしながら、改めて初心者という立場を考えたとき、Minecraft関連の情報は膨大でどこから手を出して良いのか分からない、ということは少なくないでしょう。また、話題にのって手を出してみたものの結局何が出来て、何をすべきなのかが分からず、放り投げてしまった方々も多く居るかと思います。

 本書は、そんな方々のステップアップの1段目となれば良い、そのような主旨で制作されました。これまでMinecraftを遊んでこられた方々には物足りない部分もあるかと思いますが、この本を通じて一人、また一人と新たな作品を生み出していく人たちが増えていってくれたらなと、そのようなことを考えております。

 実は、今年の初めにはAmazonの方に登録されていまして、そちらの方で知ったという方もいらっしゃるかと思います。そちらの方には、既に発売日が載っていたりもするのですが、リテイクがあったり、Mojang社側に紙面の確認をとっていただいたりというものがありましてまだ未定です。ただ、今年度中にはお届けできるかと思います。

 もし何処かでご縁がありましたら、本書をどうぞよろしくお願い致します。


✄-------------------------------------------------------------------------------------------✄


【そもそも何でこんなことになったのか】


 話をしよう。あれは今から36万……いや、450日ぐらい前だったか。
(以下に記す内容はある程度の改変や脚色が行われており、事実とは異なる部分もございます。あらかじめご了承ください)


 私は連絡先としてメールアドレスを某所に公開しているのですが、目立つ所に置いてないこともあり、作ったはいいものの一度も使われたことのないというもの悲しい存在でした。おい、そこ、ぼっちとか言うなし。

 そんなメールボックスに2013年の冬、1つのメールが届きます。


件名:Minecraftについてのご相談
本文:
 クスノキさま
 突然のご連絡、まことに恐縮でございます。
 私は株式会社翔泳社編集部の……


 ああ、悪戯メールか、それが最初の私の感想でした。だって、翔泳社ですよ? PC関連の技術書とかを出版している会社であって、どう転がってもゲームの攻略本を出している会社ではないのです。しかし冷静に読み直しつつ調べてみると、流石に社員名簿は手に入らなかったものの、ドメイン的には本物な訳です。業務内容を確認するに、「本を出版しましょう!(自費出版で後から料金請求するね♪)」パターンでもなさそうです。

 天井を模様の数を数えながら考えた結論は、「話を聞かせてください!(お前より有名な実況者を紹介してよね♪)」だろうなというものでした。私は静かにMinecraftでブロックを積んだり動画を作りたいのであって、そんな面倒はごめんです(というかそんな人脈はありません)。


件名:Re: Minecraftについてのご相談
本文:(以下要約)
 翔泳社編集部 ○○様
 HNで対応する失礼をお許しください。でさ、Minecraftの本を出したいって言うけど、数ヶ月毎にバージョンアップも来るしMOD何かもあって複雑なこの界隈でそりゃ難しくね? バニラに限定しても辞書の厚さになるよ? あれだよ、ニコニコで有名な投稿者さんのインタビューでもまとめて出せばいいんじゃないの? どうしてうちに来たのか知らんけど相談相手まちがっとるよ。


 といった内容を懇切丁寧にA4用紙1枚分ほど書いて返信することにしました。ぶっちゃけビジネスメールとしては凄く失礼な感じだった気もするのですが、面倒くさそうな人と判断されて余所に行ってくれれば御の字です。

 しかし、返ってきたのはこちらの質問、指摘に対して丁寧に回答したものでした。特に、ターゲットとしたい初心者について、現状編集として分かってない部分が多いという事実を認めた上で、どのように考えているのかを説明されていたのを読んだあたりで、ああ、真面目にやろうとしているんだなと。

 その後、何度か質問のやり取りをした結果、「これなら多少は協力してもいいかな」と思うようになった訳です(ついでに内部資料的なものも要求したりして、騙り行為ではない確認もとったり)。元より、いくつか解説動画を作ってみたことがある程度には、私自身「初心者へ向けた企画」というものに興味があったのです。とは言っても、ある程度道筋さえ見えるようにした後は、この手の話に興味を持ちそうな誰かを紹介する、その程度のつもりでした。だって、私が書いたとしても絶対読んだ人はみんな「誰こいつ?」と思うじゃないですか。説得力ナッシング、ソンナノヤダー。


 しかし世の中そう上手くは行きません。それはある日のSkypeでのやり取りのことでした。


私「やはり実プレイの部分でチュートリアル的なものは必要だと思うのですが、その辺りどのようなイメージを持っていますか」
編「そうですね。まずはワールドを作りますよね。すると、周りは海なわけじゃないですか。で、そこからやっぱり順にですね」
私「(ああ、孤島スタートの話か)海の場合もありますけど、地形生成は毎回ランダムなので、初心者向けならもうちょっと色んなパターンを」
編「え!?」
私「え?」
編「ああ、あれって固定じゃないんですか!」
私「……! え、ええ。そうです。あれはSeed値って概念があるんですけど、それでランダムな仕様に(汗」
編「なるほど、なるほど」


 あのときほど、「お前は一体何を言っているんだ」と言いたくなった日は、当分来ないと思います。勿論、編集という仕事と執筆内容に関する専門的な知識の有無というのは、また別の話であることは理解していました。けれどもそこで気づいたわけです。あ、これ、こんな状態で余所様に放り投げるのは無責任すぎて無理だわ、と。まあ実際に執筆者の一人として協力すると決めるまでには、他にも色々と問答や葛藤もあったのですが、多分この件が一番象徴的なものだったかと思います。

 さて、そんな訳で協力することにしたのですが、そこからも色んなことがありました。最初に大変だったことはMojangへの連絡取りです。編集さんと情報を交換しつつ、Mojang社に連絡をつけてもらい、きちんとしたガイドラインをもらうまでに数ヶ月かかりました。去年私がTwitterなんかで、PC版の日本ユーザー数の話だとか、Minecraftのオフィシャル本の話をしたりしていたのを覚えている方が居るかもしれませんが、丁度その頃の話です。



 因みに、オフィシャル本は英語onlyだけれども見ていても凄く楽しいしみんな買えばいいと思うよ!(ダイレクトマーケティング)


 Mojang社からガイドラインを頂いたことで、執筆に協力してくれる方々を探すことになりました。初心者向けということで内容を絞ったにしても、私一人では圧倒的に経験が不足していた訳です。例えば、レッドストーン関連なんて私は自動駅を作った程度の経験しかありませんし、マルチサーバーの長期運営経験なんてものもないのです。勿論、プレイ歴だけはほどほどに長いので、知識を元に調べて書くことは出来ますが、実体験が伴わないのではどうしようもありません。

 結果として、レッドストーン関連の話は、かぼちゃさん(user/161994)にお願いしました。レッドストーンを専門的にやっているというわけではありませんでしたが、過去に経験値トラップをはじめとした様々なギミックの丁寧な解説動画を作られているのをご存じの方は多いかと思います。初心者向けという今回の主旨を考えたとき、解説者として凄く信頼できる、そう考えました。また生放送で、スナップショットをはじめ最新のMinecraftに触れ続けている現役のプレイヤーであるということもお願いした理由の1つでした。

 次に、スキンとリソースパックについてお願いしたのは、今井三太郎さん(user/10193376)です。こちらもスキンやリソースパック制作をメインとしている方ではありませんでしたが、「あしがる」という動画シリーズにおいて撮影のためにスキンやテクスチャの一部を自作してらっしゃる方です。また、ゲームプレイヤーとして様々なイベントに参加したりしているその行動力から、SNSなどを通じた作品公開に関してもお願いしています。何より、文章としてしっかり書いてくれる方だろうと、そういった考えからの依頼でした。

 最後に、マルチプレイに関しては、ぷんすけさん(user/19247198)です。日本にも様々なマルチサーバーとそれを運営している方々がいらっしゃいますが、当時はまだ動画が完成してなかったものの、東京ディズニーランド再現プロジェクトという企画を立て、その計画を『完遂』したのがぷんすけさんたちのチームでした。昨年末に投稿された最終部のあの素晴らしい動画は、まだ皆さんの記憶にも新しいのではないでしょうか。マルチプレイというテーマで解説をしてもらうにあたって、これ以上ない経験者の一人であるというのがお願いした理由になります。

 お三方ほとんど面識もありませんでしたが、急なお話だったにも関わらず丁寧な対応をして頂き、お受け頂けることになりました。正直、よく分からない人(私)から連絡が来て「お兄さん、お兄さん。ちょいと話があるんだけど、紹介されてみない?」ということをされたわけですから、よくぞ受けてくれたものだと、本当に頭の下がる気持ちで一杯です。

 お陰様で、初心者の方にとってかなり読み応えのあるものにできたのではないかと思います。先にも述べたように、更に深く進むためには結局wikiなどを自分で調べていくことが必要になるでしょう。けれども、この本があるとないとでは何を調べていけばいいのか、そういった意識の部分に良い方向での違いが出ると思います。


 ……うん、そうなってたらいいなあ。


✄-------------------------------------------------------------------------------------------✄


【終わりに】

 本の内容的な意味でも、制作裏話的な意味でもまだまだ話したいことはあります。ここは是非読んでほしいとか、出版時期についてver1.8の動向を巡った攻防だとか、総ページ数に関するあれやこれだとか。それらはまたどこかで、機会があれば話すこともあるかと思います。そのときはどうぞよろしくお願い致します。

 長々と失礼致しました。
 それでは私はチェック作業に帰ります。


【おまけ】

私「そう言えば、結局私のところへは誰の紹介で来たのですか?」
編「ああ、ええっと。○○さんっていう方ですね」
私「へぇ~、なるほど(だ、誰?)」

 結局、その方を特定できたのは半年後のことでした。ほとんど面識もない方で、人の縁って不思議なものだなと、そう思ったことでした。


  • 前の記事
    これより過去の記事はありません。
広告
×
昨日アマゾンで見つけてびっくりした!
45ヶ月前
×
たっけえwwwwwwwwwwww
ぼったくりもいいとこですね^^

ネットちょっと調べれば分かることをコピペしただけで2500エーンwwwwwwwww
いい商売してますなwwwwwwうらやましい限りでwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
これからも情弱相手にぼったくり商売がんばってくださいo(^-^)o応援してます!!
45ヶ月前
×
アマゾンで書籍を見かけてびっくりしましたが、「村を整備してみた」のクスノキさんでしたか!
いきなりの書籍出版ということで面食らいましたが、そういう経緯があったんですね。
まだ書籍の内容はわかりませんが、志は素晴らしいと思います。需要もあるでしょう。

ただ、気になったのが、Minecraftの広まりは非公式Wikiでの有志の情報収集あってこそだと思うので、「俺達の集めた知識で勝手に商売しやがって」という声が出てくるのも当然と思います。
翔泳社さんがその辺の事情をわきまえておられているかが心配です。
44ヶ月前
×
クスノキさんのマイクラ動画を見てマイクラを始めました。動画投稿楽しみに待ってます。陰ながら応援しています。
44ヶ月前
×
港町を造ってみた、から見てるよー!
本なんか出してたのか!と今日初めて知ったよ。
気長に待ってるし、応援してるよ!
44ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。