NT京都2017に出展してきました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NT京都2017に出展してきました

2017-03-21 11:55
    お久しぶりです。kuwaです。
    前回の投稿がまさかのMaker Faire Taipei以来という怠けっぷり。
    というか何かMakerらしいイベントに出したときくらいしかブロマガ書いてない気がする。

    それはそうとして、今年もNT京都に出展してきました。
    NT京都の前身、Nich-TECH:Kyoto Meetingから数えて9年連続(!)、
    さらにその前身のNico-TECH:Takatsuki Meetingから10年連続(!!)の
    出展になります。今思えばよく続いてるなぁと思う。色んな意味で。

    今年のNT京都は春の西院フェスと同時開催になったこともあり、
    例年にはあまり見られないお年寄りや親子連れのお客さんも多く、
    また技術系イベントに来なかったような層まで来場されていて、
    一気に客層の幅が広がったように思います。


    会場となっている西院春日神社の境内や参道には出店もあり、
    例年以上にお昼ご飯が充実していたのも好印象。
    出展者の立場だと屋上のBBQを食べに行く暇が取りにくいのと、
    大体数人がBBQ網の周りを確保していてなかなか食べられないんですよね・・
    そういう意味でも昼食の選択肢が増えたのは非常に助かりました。


    私の出展物の方ですが、今年は最近流行りのIoTに手を出してみようと思い、
    GPSロガーをインターネットに接続し、リアルタイムにネット上から
    現在地が掴める装置を作って展示していました。
    GPSロガーがネットに繋がって何が嬉しいのって思うかもしれませんが、
    例えば自動車とかバイクに積んでおくと、自分が乗車していなくても
    「そこに停めている」ということが分かるので、盗難対策になるんですよね。
    持って行かれても追跡できるので。
    実際に自宅から会場までこの装置を搭載したバイクで行き、
    その走行ログをGoogle Earth上に表示するデモも交えながら展示していました。
    この辺の開発経緯や進捗などは、そのうちブロマガにまとめようと思います。


    他には、C90/C91で頒布した薄い本、
    「世界のMaker Faireに行ってきた本」
    「世界のMaker Faireの歩き方」の2冊を頒布しました。


    ここ数年、ニコニコ技術部が海外のMaker Faireに出展する機会が増え、
    私自身もシンガポールと台北のMaker Faireに出展した経験から、
    もっと多くの人に海外も楽しいよ!と知ってもらおうと思い刊行した本になります。
    私以外の海外Maker Faireに出展した経験者らにも多数ご協力いただき
    ようやく刊行にこぎつけられた本でして、
    お陰さまで「世界のMaker Faireに行ってきた本」は取り置き分を除いて
    ほぼ在庫がなくなりました。ありがとうございます。
    「世界のMaker Faireの歩き方」の方はまだ少し在庫がありますので、
    NT金沢などにも持って行こうかと思います。

    さて、NT京都に毎年出展していると感じるのですが、
    出展者の中には10代や20代前半といった層が着実にいて、
    きちんと世代交代が進んでいるんだなぁと。


    こういうコミュニティって、発足当時はみんな若くても、
    回数を重ねるにつれて段々と高齢化が進み、
    家庭の事情等で段々参加率が減って自然消滅、なんてこともよくあると思うのですが、
    それがNT京都ではあまり見られずにここまで続いているように思います。
    Maker Faireはちょっとハードルが高いけど、
    技術系イベントに出してみたいなぁ・・っていう層を上手く取り込んで、
    出展者の代謝が進んでいるのでしょうね。私は老廃物として留まっていますけど(
    この辺りはニコ技wikiにも書いてある「NT京都の特徴」の


    "結果として、展示が初めての人にとっては
    「NT京都なら初めてでも展示できそうな気がした」と言われ、
    常連にとっては「ホームグラウンド」のような展示雰囲気になっています。
    だからといって、完全に仲間内に閉じた展示ではなく、当日の雰囲気としては
    「出展者の殆どが半田ごてを貸し借りする程度には顔見知り」の関係であり、
    当日来場者は「初めて会う人ばかり」といった形になります。

    その中で展示する事自体に自信をもってもらって、
    NT京都を踏み台にしてMake系イベント等の色々な所で
    皆さんに活躍して貰えたら良いなと私(akira_you)は思っています。
    そして、ほっとしにNT京都に帰ってきてほしいです。"

    にまさに表れているのでしょうね。
    私も海外Maker Faireに出展する一方で、
    やっぱりNT京都のようなゆるーい雰囲気が好きで、
    毎年出展しているのもありますし。

    そんなこんなで、NT京都で養った英気を素に、
    今年も一年Makerとして頑張っていきまっしょい。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。