感想&イラスト「リ・エンゲイジ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

感想&イラスト「リ・エンゲイジ」

2013-10-13 11:43
    「リ・エンゲイジ」に頂いた感想です。
    なんと、色っぽいイヴァールのイラストまで添えてご投稿頂きました。本当にありがとうございます!!




    作品選択に砂がない、ですと…!?
    思い入れの深い作品なので、是非とも何らかの形でまた公開して頂けたらなぁと思います。


    砂からのプレイヤーとしては、ロディスがシュガードロップ・ブレイクアウトで同情に近い形でもマーゴットにまともに愛情を感じていたことに ! となりました。

    それと同じくらいロディ呼びの友達(それも公爵支持の家系出身のエウロ貴族!) ができたことにたまげつつも嬉しくなりました。良かった、本当によかった…!


    リ・エンゲイジでは同情だけでなく恋愛的な意味でもマーゴットを想っていたことが判明し、ふおおおお!!と盛り上がりました。まさかロディス様で乙女ゲーム的な展開が期待出来ようとは…!(酷いロディス感)

    最近になってようやくロディと姫のラブ(?)イベントを拝見しまして漸くGalleryを埋めることができました。

    ロディス様まじ、イケメン!

    姫とイヴァールの交流も叶って嬉しいです。
    姫の「イヴァール様」呼びが可愛いです!


    以前どこかで、イヴァールとレインの相違点について書かれていた記事を拝見しまして、もの凄~く納得しました。(この文を書くに当たり探してみましたが、見つかりませんでした…)似ているようで違うふたりですが、共にドストライクなので、今後の活躍に期待しています!


    感想とは名ばかりの駄文失礼いたしました。


    from 銀緑 様

    「リ・エンゲイジ」

    『シュガードロップ・ブレイクアウト』後日談ADV。

    (お城・姫・恋愛もの
    ※本編のようなダーク要素はありません。


    →作品紹介ページ
    →頒布情報(amazonでも買えます〜)


    企画サイト「ガイアポリス共鳴」
    http://kyomei.f-sp.net/


    Studio F#ウェブサイト
    http://www.f-sp.net/





    銀緑さまが本文中で触れて下さっていた、「イヴァールとレインの違い」については、私が以前生放送での話の補足としてブログで書いた文章のことです。
    発掘できたので、原文ママで転載しておきますね。微妙にネタバレ風な文章ですので、気になる方は読まずにおいてください。








    影と日向

    イヴァールとレインの違いについて、似てるけどちょっと違うって言っておきながら言葉に詰まってしまったのですが、たぶん違いは、「影の量」なんじゃないかなと思います。イヴァールの方が、複雑な家庭環境のせいもあってちょっと影が深い。で、レインに裏表はなくて、日向モードしか無い。同じいいひと系でも、影のあるやつじゃないとロディ(特に大人になったロディ)の友達にはなれないし、影の無いやつじゃないとイサの友達にはなれない。
    そーゆー認識で、ちょっと違う、って思ってたんだろうと思います。

    ・・キャラクターに対する認識って無意識の領域なので、言葉にするのがすげー難しいです。

    んで、私が個人的にはイノセントの黒より赤の方に思い入れが強いのは、日向の量によるんじゃないかと。赤の方が他人に興味があって、見逃したり、遊んだりしてて、日向の量が多いんですね。そういう人物の方が遊びがあるので、書いていても「えっ」って驚くみたいなことが多くて、興味をひかれるんだろうと思います。
    で、私と同じ理由で、先生も赤の方が気に入っているんだと思います。(というか、たぶんイノセントのことは両方わりと気に入っているはず)


    そういえば、藤川は昨日ニコ生で、先生に思い入れがある理由を非常にもっともらしく語っていましたが、私が最初にそれを聞いた時は4コマのネタにしやすいからとか言ってたよ! ばらしてやる。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。