感想「紫灰の日時計」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

感想「紫灰の日時計」

2014-09-26 22:17
    少女小説「紫灰の日時計」の全体を通したご感想をいただきました!





    「紫灰の日時計」をまとめて一気読みしてしまったので、全巻まとめての感想を書かせて頂こうと思います。

    非常に読みやすく、そして気になる展開ばかりでついつい一気に読み進めてしまえる作品でした。

    小説って普段はあまり読まないのですが、するするーっと読めてしまえたのは美しい文章や話の構成の巧みさからかなぁと思っております。

    読後の感想を一言で述べるとしたら、「濃かった……」の一言です。
    絡み合う愛憎、すれ違う人々の想い。何とも切なさを噛み締める、非常に余韻の残るお話でした。

    内容としましては、ネタバレは避けますが「シュガードロップ・ブレイクアウトでは分からなかった事実が次々と判明し目から鱗の連続でありました。

    点と点が繋がり線となるものの、「ああああああ……」とどうにもならなかった事実にひたすら打ちのめされたり、驚かされるばかりです。

    悪い人など本当は1人もいなかったのかもしれない。そう思わされてしまうほどに、絡み合った意図は複雑で、そしてすべてのキャラクターが人間味を帯びていました。

    なので、「シュガドロ」をプレイした方もまだという方も是非読んで頂きたい作品だなぁと強く思いました。

    「創作未来クロニクル」の一番の魅力は一作品では知りえなかった事実やキャラの魅力、過去、生い立ちなどにあると思っておりますのでぜひぜひ。

    そして私は「シュガドロ再プレイせねば……」という気持ちに駆られました。
    きっと感じられるものもだいぶ違うんだろうなぁと。

    他の作品に触れるたびに過去作も読みたくなってしまうというのは大変な魅力だと思います。

    なので、この作品から入ってぜひ他の作品も読んで頂きたいなと1ファンながら強く願います。
    色々とニヤニヤできること請け合いです!

    個人的には念願のエリン先生の過去話が読めて大変満足でした。
    ありがとうございます、ありがとうございます。
    本当に不器用な人なんだなぁと更に好きになれました。

    そんなわけで、拙いレビューではありますがこれにて失礼いたします~!

    from 無銘774 様




    ありがとうございました!

    小説はゲームシナリオよりも文字数あたりの物語密度が必然的に上がりますので、紫灰は、書き上げてみて、自分でもそう多い文字数でもないのにみっちりと仕上がったかなぁ、と、思える作品になりました。
    最後まで読んで頂けて本当に嬉しいです。

    うちのゲームを遊んでなくても、主従モノ少女小説がお好きなら楽しめるんじゃないかしら、と、自分では思っていますので、興味を持って頂けると嬉しいです!

    ▼各巻試し読みあります~


    「紫灰の日時計」




    主従もの少女小説
    (宮廷・主従・恋愛)

    →作品紹介ページ
    →頒布情報


    企画サイト「ガイアポリス共鳴」
    http://kyomei.f-sp.net/

    Studio F#ウェブサイト
    http://www.f-sp.net/



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。