• 第一回 酔いどレポート

    2017-12-12 07:00




    http://yoidore-off.hatenablog.com/

    12月9日に行われた酔いどれオフになんと運営として参加しました
    文章力無いなりにオフレポ頑張って書いたのでよかったら最後までお付き合いください

    僕の仕事は場を盛り上げること(仕事ほとんどしてなかったので今適当に考えました)


    前日は0時前には就寝し睡眠時間を確保、と思いきや

    朝4時起床

    新幹線の時間が早いからとかそういうのではなく
    全く準備をしてなかったので朝4時からいろいろと準備してました(その他にも編集とか)


    準備とその他もろもろ8時の新幹線に乗りわっきぃさんと合流

    10時過ぎに大阪に着きわっきぃさんに連れられ会場へ(絶対一人だと1時間ぐらい遅刻してた)


    開場についたのが11時ちょいすぎ(なんとオフの受付開始は11時)
    ついた時にはほぼみんな到着してました、当たり前ですよね、だって11時開始ですもん

    開場の準備をサクッと済ませて
    受付→説明→自己紹介→お酒提供者紹介→乾杯の流れ

    始まったばかりなのにみんな乾杯からのお疲れ様ですって言ってて笑いました




    ブロック分けの結果僕のブロックはビールブロック

    同じブロックの人は
    ハミルトンさん、しっけんさん、もちやまさん、てんちゃさん、コウさん

    使用したパーティは

    Aブーストするやつ
    挑発持ちがツンデの前で意気揚々とおちょくってくるので合法ハーブでトリル展開する型
    今回のオフでは発動機会はなかったがレートだとミミッキュの前で機能する場面が多い

    ツンデの相棒枠&エース
    格闘地面半減でトリルと相性がいいやつを探してたら行き着いた
    こいつより遅いやつは上からねじ伏せ、早いやつはトリルを絡めて粉砕する中速野郎
    ORASから持ってきた個体でSにどんだけ振ってるか全然覚えてなかった

    トリル要因2体目
    耐久振りなので1発耐えてトリルからのおきみやげで後ろにつなぐ、ツンデが物理、シャンデラが特殊の前でトリル展開するといった感じ
    Zおきみやげで疑似ヘラクレセのような動きをします
    上記3体が基本選出

    ここから下は割と適当に早くて強そうなやつを並べただけ


    下記3匹はレートでもいろんなポケモンをとっかえひっかえして使ってるのでまだ
    これだ!っていうのが決まってないので朝新幹線の中で考えてこの3匹にしました


    そしていよいよ対戦へ

    1戦目 VSもちやま ルカリオ アーゴヨン ヒートロトム カプ・レヒレ ランドロス霊 ミミッキュ

    初手ヘラクロス ヒートロトム
    炎技読みシャンデラ引きでそのままトリル展開
    もちやまさんがやばい~って言ってたからロトムは早い型だろうと思ってヘラに交代して突っ込んだら
    ロトムの方が先に行動してヘラがオバヒで吹っ飛んで行ったその後ツンデがロクブラを外し3連麻痺で無事死亡
    もちやまさんが前日に頑張って孵化した色ルカリオを見ることなくボコボコにされました


    2戦目 VSてんちゃ ゲンガー クチート クロバット エーフィ ウツロイド ズルズキン

    初手 ツンデツンデ クロバット
    クロバットとんぼがえり→ズルズキン→トリル
    トリルできたからツンデはいらないと判断したのでそのままジャイロボール→ズキン膝→ツンデ木端微塵
    ヘラ出し→ズキンクロバットエーフィを粉砕して勝ち
    てんちゃさんはしっけんさんのリア友でポケモンはほぼ初心者らしいです
    ズルズキン(NNトサカ)倒した時の あ、トサカしんだ…(´・ω・`)がめっちゃかわいかった(あれはずるい)


    3戦目 VSコウ ミミッキュ リザードン カバルドン メタグロス ポリ2 カプコケコ

    初手 ヘラクロス リザードン
    炎技読みシャンデラからのトリルを展開したがリザの羽根休めやポリ2がなんやかんやしてきて
    トリルなくなったところをコケコに上からボコすか殴られて負け
    負けはしたけどAブーストツンデでびっくりしてもらえたからちょっと嬉しかった


    4戦目 VS†漆黒の犬しっけん†ザングース ヘルガ― ボーマンダ ハガネール ロトム水 フェローチェ 

    初手 ヘラクロス ボーマンダ
    圧倒的出し負けをするも島めぐりをリタイヤしてサーファーになっていたしっけんはキーストーンを入手しておらず後出しのガブで何とか突破できた
    そのあとハガネールヘルガ―をシャンデラヘラでなんやかんやして勝ち
    メガ進化されたら3縦されてました。


    5戦目 VS†実況界を潰す男ハミルトン† レジギガス ポリゴン2 フーディン トゲキッス ゴーゴート メタモン

    初手 ツンデツンデ ポリゴン2
    ツンデじゃ逆立ちしても勝てないのでヘラに交代→トリック→メガ石により無効なんか偶然うまい感じになった
    スカーフだと確信したので交代してくるだろうと通りのいいロクブラを選択→トゲキッス交代→撃墜
    その後フーディンが出てきたのでシャンデラ出しでシャドボで突破その後のポリ2をいばるによってAが4段階上昇したツンデツンデで粉砕しました

    対戦結果は3-2で予選敗退
    ハミルトンしっけんがいる魔境に放り込まれてしまいましたが両方ぶち〇す事ができたので満足です(^ω^)


    てんちゃさんがシフォンケーキを人数分焼いてくるという女子力の化身みたいな事をしてました、めちゃくちゃおいしかった
    お酒飲みながらの対戦だったのでいつも以上にうるさかった気がする
    さらにそのお酒がほとんど日本酒という酔いどれも酔いどれ、初手日本酒、続いて日本酒、ラストに日本酒という感じでした
    もうすこし軽めのチューハイとか持っていけばよかったんですが一応運営だったのでそれなりの酒を持っていこうと獺祭を用意していきました
    山口だったら普通に駅で定価で買えちゃうので準備が楽だったってのもありますが

    獺祭が気軽に飲めるポケモンオフは酔いどれオフだけ!!!(当社調べ)

    対戦終わってからはハミルトンさん、クロップさん、わたるんさん、シャーレさんあたりと色々と話してました、実況者らしく動画の話とかオフの話とか
    動画モチベがやべーあがったので頑張って動画作ります
    ハミルトンクロップのコンビは面白すぎてずるいです、動画が面白いんだから実際にあってみて面白くないわけがないですよね

    だらだらと飲みながら話していると決勝が始まるということで実況者の中から実況解説を決めようということになり
    公平なるじゃんけんの結果わたるんさんとクロップさんに実況解説をして頂くことに

    決勝もいい感じの盛り上がりの末、優勝に輝いたのはアーリーさん
    優勝賞品にわっきぃさんが用意したポケモンの人形と僕が用意したちっちゃい獺祭をプレゼントしました
    時間が余れば最下位決定戦のバトルロワイヤルも途中で企画してたのですがそれほどの余裕は残念ながらなかったです

    あとお菓子おつまみ系統があまりなかったので昼休憩の時に買い出しに行き
    あんま仕事してないし自腹でいっかーと色々買ったんですがほぼほぼ余ってしまいました
    買ったのを真ん中の机に置いておくんじゃなくて皿に分けて全部の机に配ってまわればよかったなと反省


    閉会式、片づけも問題なく終わり、撤収からの2次会へ

    2次会開場の居酒屋に向かう電車で赤ちゃんがハミルトンさんをガン見してて
    時々泣きそうな顔をして僕の方をチラッと見るのがめっちゃツボに入りました

    2次会で同じ席になったのはハミルトンさん、クロップさん、ダイジさん
    ダイジさんは2次会の会場に行く途中ではぐれてしまって僕にDMが飛んできてたんですが全く気付くことができませんでした(ホントすみません)

    2次会はあんまり覚えてないので箇条書きで

    ・からそらさんに牛乳をプレゼント
    ・ハミルトンさんの1が気づいたら2になるシリーズ
    ・しっけんさんは人気ずぎてしっけんガールの壁があり近づけなかった
    ・2次会で飲んだ酒より1次会で飲んだ酒の方が種類多いし度数強かった
    ・シャーレさんがジョッキで何か飲んでたんでいい飲みっぷりですねって声かけたら「水ですけどね!」って満面の笑みで答えてくれた
    ・民族衣装を着ていないからそらさんがハヤシさんにしか見えない
    ・わたるんさんのイケメン的行動
    ・ピアスつけてる人が怖いハミルトン
    ・2次会の最後の方は酒に飽きてコーラ飲んでた
    ハミルトンさんとクロップさんは同じ席だったということもあり今回のオフで一番話したかもしれない、もしくは一方的に喋ってたかもしれない



    2次会もなんの問題もなく終了しました、1つ問題を上げるとするならば
    2次会から参加予定だったここあちゃん(むむさん)が乗換を間違え2次会終了時に到着するという圧倒的プレミをかましてた事ですね

    帰宅組と3次回組に分かれて3次回組でカラオケに

    カラオケでは誰も歌わず(みんながドリンクをとりに行った時に僕が入れたポニョだけでした)罰ゲームをかけたボードゲームが始まる
    ワードバスケットという語彙力で勝負するゲームで簡単に言えば最初の文字と最後の文字が決まったしりとりです

    いい感じにゲームが盛り上がってきたところで

    場に「う」があり僕の手札に「こ」がありました


    「う」から始まり「こ」で終わる単語といえば?


    そうですね、「う○こ」ですね。


    一度「う〇こ」が頭の中を支配してしまうともう「う〇こ」以外の言葉が出てきません
    罰ゲームがかかっており焦っているならばなおさらです
    でも「う〇こ」って、語彙力で勝負するゲームで「う〇こ」って


    1分ぐらい悩んだ後、「う〇こ」って言いましたよ、言葉を捻り出しましたよ
    その甲斐もあってか罰ゲームは回避、罰ゲームはむむさんに


    他のゲームについてはわっきぃさんが書いてくれたレポートがあるのでそちらをどうぞ(丸投げ)


    ボードゲームを終えて23時頃、ホテル組が帰宅し、やることもなくなり(カラオケなのに)みんなで駄弁っていると
    かしゃさんがへべれけオフのこんのさんに酔いどれオフの感想とかを伝えるために電話をかけてたんですが
    その電話がわっきぃさんに渡りそして何故か僕の元に、実況者大会ドラフト甲子園の主催をやっていた方でいつか話してみたいなとは思っていましたが
    まさか初会話が電話になるとは思ってなかったです、酒が入っていたので結構ぐいぐい大会PVについて語ってしまったような気がします

    その後は何事もなく1人、また1人と睡魔に敗れていき、僕も夢の中へ



    寝転がれなくて30分に1回は姿勢を変えながら寝てたので体がバキバキでした

    6時にカラオケの店から出てマックで朝食&時間つぶしをして新幹線へ
    帰りの新幹線のシートの寝やすさたるや自宅のベッドを凌駕してました

    地元の駅に着きわっきぃさんに別れを告げ疲れ切った体で車を運転しマイホームへ

    帰ると同時にベッドにバタンキュー


    新幹線のシートよりベッドの方が500倍寝やすいわ



    こんな感じで僕の酔いどれオフは無事終了しました
    主催のわっきぃさん、運営のしっけんさん、裏運営のシャーレさん
    そしてオフに参加してくださった皆様、話し相手になってくれた方々、とても素晴らしい1日を本当にありがとうございました!






    第2回があればその時は運営の仕事をもうちょっと頑張ります_(:3 」∠)_


  • 広告
  • 【SMシーズン2使用構築】ゴツメジュナイパー流行れ【最高2056】

    2017-03-22 19:002
    どうも、僕です。

    シーズン2も何とか2000乗れたので記事にして残しておこうと思った次第です
    (最終は1700台ダヨ、ふぁっく)



    前回の2000戦に比べて400ちょいで2000に行けたからだいぶ成長した気がします


    まずはこのパーティの要わんぱくHBゴツメジュナイパー
    S1ではマシェードにゴツメを持たせていたがS2からはガルーラがグロパンを使えることから

    ゴーストタイプにゴツメを持たせてやろう
    ダダリンとかいいんじゃね?
    こいつ回復技眠るしかねぇじゃん
    ジュナイパー羽根休めあるやん神かよ

    ってな感じでこいつに白羽の矢がぶっ刺さりました
    役割対象は物理で不一致弱点しか撃って来れないやつは大体見れます
    影縫いで縛ってからの呪い羽根休めのハメも結構えげつない
    シーズン終盤はキノガッサが増えてきたが岩石封じで突っ張ってくることが多く影縫いフェザーダンスでほぼ無傷で突破できるのでかなりありがたかった
    Sは4振り75族抜き


    あ、ガルーラの冷パン確2なのは内緒ね

    次にジュナイパーの相棒枠
    地面半減格闘無効なのでヒードランめっちゃ活かせそうやなと思い組ませてみました
    物理方面をジュナイパーが受けてくれるのでこいつは特殊方面に厚くしてみた
    ジュナイパーの影縫いとこいつのマグマストームで相手の釣り出しを許さずじわじわと相手を痛めつけていく、ただしマグストはあたらない。ついでにどくどくも当たらない。
    こいつの自覚がある時は圧勝できたが無い時はほんとに酷かった



    この2匹はS1で使った個体を使用しました
    テテフは上から暴力をまき散らす用
    ルカリオは受けル対策用です
    マンダが辛すぎたので氷のつぶてでぶち抜けるマンムーを採用
    ぶち抜けると言っても確1じゃないので少し削らないといけない
    ステロはあんまり撒かなかったがガモスが増えていたので一応抜かずに入れておいた
    メガメタグロスとドリュウズの対面で有利なはずなのに動けたためしがない
    こいつの枠は初めはマリルリで使っていたがジュナイパーに草技がないので水タイプが突破できない問題が発生し水ロトムに変更した
    画像ミスってるけど努力値AじゃなくてCね
    ORASでスカーフで使っていた個体をメガネにして使ってみた
    Sはギャラ抜き


    S1にレートに潜りすぎたせいでS2序盤のモチベがかなり低かったがオフに行った後のモチベ上昇により何とか2000までいけた

    動画も作ったんでよかったら見てください


    ここまで読んでくださりありがとうございました
    またレート頑張ったら記事を書くと思います
  • 【SMシーズン1使用構築】キノコが何とかしてくれる【最高2007】

    2017-01-26 00:0111


    どうもkzkです。
    初のレート2000を達成したので記念に記事でも書いてみようかなと思った次第です。

    冷静になって考えてみるとこの対戦数ってアホですね。

    そんなアホな僕が1700戦くらい意地で使い続けたポケモンたちがこちらです

    テッカグヤを貫きハッサムを焼き殺す役でした。
    Sを4振り75族抜きまで振っているのでメガハッサムの上からめざぱ炎をぶち込めます。
    火力に振り切ってないので倒せませんがHPゲージの赤い部分くらいまではいくのでそのあとは他のポケモンでどうとでもなるといった感じでした。

    アナライズではないので火力がなく、頑丈ではないので不利対面では引くしかない。
    対鋼専用ポケモンなんですが、相手パーティの鋼枠がギルガルドだった場合は、ゴーストタイプのため磁力の拘束から抜け出せることができ、このジバコイルではほとんど仕事ができなかったので選出はあまりしませんでした。

    初手からカグヤをZ技で葬り去るのは気持ちよすぎてやめられなかった。
    でも時々早いカグヤが上から地震撃ってきて絶望するなんてことも。




    特殊型で採用
    パーティにテテフがいる関係や、相手のからも結構テテフが飛んで来るので先制技を入れていません。

    パーティ的に物理型に見えるので受けル相手の時にラッキーハピナスの前に出してドヤ顔で悪巧みを積んで全抜きすることが多々あった。

    あくのはどうは最強の技、本来確定2発の悪弱点のポケモンたちを怯ませて突破し、ミミッキュの化けの皮を剥がして怯ませ、襷っぽいやつに打って怯ませてみたり、犯した犯罪は数えきれない…

    普通のポケモンすぎて書くことがない。



    なんでせいぎのこころじゃないのか?だって…?
                                       俺が知りたいわ

    物理受け担当
    環境に多かったギャラガブミミッキュにかなり強く出れるのでもっと流行ってもいいんじゃないかと思ってた。
    2000回対戦したけど3回ぐらいしか見たことがない。

    専用技のちからをすいとるは初見殺し感があってすごく楽しかった。
    Aを一段階下げてそのあとのAの実数値分回復するので物理アタッカー相手に使えばほとんどの場合全回復する。

    特性は眠り以外の状態以上にさせたくなかったのであめうけざらを選択。
    この特性が機能した場面は一回もなかったと思う、気持ち回復したかなと感じる程度。

    胞子対策で出てくるコケコにはヘドロばくだんで確2
    コケコはそこそこAが高いのでちからをすいとるでHPを調整しながら倒せばそのあとの物理アタッカーの攻撃を一発は耐えるくらいのHPは確保できていた。

    マシェードの種族値はH60、B80です。
    全回復できる回復技があるから物理受けとして成り立っていたような気がする。


    あとギャラの氷の牙で100回くらい凍った

    初手のに出す回数が断トツで多く、ハイドロポンプを外し終始イラつかせたポケモンである。
    初手のジバコイル、カプコケコ等の不利対面ではドロポンを押す。
    居座ってくれたら倒せる(外さなければ)ボルトチェンジで交代していっても交代先に負担がかかる(外さなければ)

    パーティ全体で炎が重く、雨で何とかしよう!って感じで採用したがタスキを盾に色んな重いポケモンを処理してくれた。
    マシェードのあめうけざらとのシナジー神やんと思って採用したがさっきも書いた通りほっとんど機能しなかったし、むしろ水が等倍の威力になったりとあまりいいことがなかったので同時に選出することはあまりなかった。

    とんぼがえりはアローラキュウコンが出てきそうな時にしか打たなかった。
    オーロラベールを使われてしまうとほぼ負け確になってしまうので使われないように常に雨を降らせていた。

    あと雨やんだあとの暴風めっちゃ当ててくれるのに雨の時のドロポンは当ててくれない。


    アイドル枠
    と言いつつこのポケモンがいなかったら絶対に2000には行けてなかったと思う

    マンダがどーしよーもなく重かったので上から殴り殺すためにおくびょうスカーフ
    シーズン後半はムーンフォースを耐えてくるマンダが多かったが1りゅうまいしてもテテフを抜けていないことが多々あったのでそのまま倒されていった。

    Sが1段階上昇したポケモンの上から殴れるのでめっちゃ頼りにしていた。

    このテテフ、SがVではなくUである。
    理由は単純、レベル100にするのがめんどくさかったからである。

    マシェードも強かったがこのポケモンの強さはベクトルが違った。
    たとえるならマシェードが聖なるバリアミラーフォースでカプテテフはサンダーボルトでした


    サザンガルド、サザングロスを1匹で見るために採用したが足が遅いので毒まもガルドには何度もはめ殺された。

    この枠は地面タイプなら何でもよかったがフェアリーをぶっ潰すヘビィボンバーを持っていたのでこのポケモンを採用した。

    いろんなポケモンにタイマンでなら勝つことができるがその後で起点にされることも
    がんせきふうじを当ててくれればあとは他のポケモンが何とかしてくれる、当ててくれれば

    このポケモンしか物理アタッカーがいないがそれで困ったことは一度もなかった
    おそらくたぶん絶対にルカリオのおかげだとは思う。






    こんな感じのパーティで対戦回数2192回を達成しました!

    シーズン2は絶対こんなにやらないッ!絶対やってやらないッ!!!


    一応このパーティを使い始めたころの対戦は動画にしています。
    もうはるか昔の動画に感じるので見返すのが怖いのです。



    ここまで読んでくださりありがとうございました。
    またレート頑張ったら記事を書くと思います。