• TB選挙と望月杏奈と私

    2018-01-25 22:59

    TB選挙も終わったので、この1か月における自分の見えていた範囲の話と感想を織り交ぜて書き留めておきます。

    ※あくまでも自分の見えている範囲&杏奈サイドからの視点なので、事実と食い違う可能性があります。

    はじめに

    先日までアプリゲーム『アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ』内にてTB選挙(イベント正式名称はTHE@TERBOOST!)が行われました。
    GREE版ミリオンライブで2016年に行われたTHE@TER ACTIVITIESの第2弾です。
    本編に入る前にルールをおさらいしますと、用意された3つのお話を舞台に、それぞれ5人をキャスティングしようというものです。
    配役は

    『超ビーチバレー』 新入生、先輩、キング、右腕クイーン、同級生
    『三姉妹カフェ』 長女、次女、三女、ネコ、お客さん
    『劇場サスペンス』 新ヒロイン、スタア、元大女優、支配人、探偵


    の計15枠でした。

    役は15枠しかありませんが、参加するアイドルは39人です。
    この15枠を投票で争うというイベントなのです。
    投票券は1人最大で390枚。ただ、普通にプレイしていたら手に入るのは200真ん中から300前半くらいではないでしょうか。
    そして、期間は12/16から1/22にかけて行われました。
    ルールについてもっと詳しいことが知りたい方は、大百科を参照することをオススメします。


    開始宣言~本開催まで

    このイベントの開催が告知されたのは、2017/12/15の夜に行われた『ミリシタ2017年サンキューニコ生』内でした。
    15日の夜に開始告知があり、翌日16日にイベント開始ということでスタート準備は数時間しかない状態です。
    この瞬間各陣営のコンベンションセンターでTB会議が始まります。

    望月杏奈陣営では、希望の多い探偵と三女の2役のどちらで進むかという話になっていました。
    ネコや新入生などもありましたが、数が多かったのは探偵と三女だったように思えます。

    ここで思い出されるのが前回のTA選挙。この時、杏奈陣営は配役に揉めてしまいうまくスタートを切ることができませんでした。
    最終的に勇者枠で百合子と決戦をし、敗北。
    この時の記憶は、我々の中に強く残っていました。

    コンベンションセンターの指針は「前回の教訓を活かし、出来る限り投票先を一極化し勝ちを狙う」というものであったと感じます。
    この時点で探偵狙いには百合子がいたので、自然に探偵を避ける流れになっていました。
    半ばトラウマめいたものですが、結果から考えるとここは大正解だったことになりますね。

    ただ、一極化しようにも、ある程度配役に対する説得力が必要になります。
    役を演じるのだからキャラクター性の合致はそこまで必要ないという声もありますが、出来る限り広く共感を誘う方が勝率は上がるはずです。
    この時話題に上がったのは、"ミリシタから入ったPは、望月杏奈をどこまで知っているのか"という点でした。

    GREE版からのPはパティシエ・ウェイトレスの杏奈というと



    ショコラティエなんかで納得がいくのですが、それらのカードやストーリーはミリシタには存在しません。
    ミリシタ後で公開されている情報で共感を誘える物……





    あ、あるじゃん!!

    11月末にあったローソンコラボにて販売された、限定カントリーマァムの箱絵です。
    センターにいる杏奈の衣装は、スペシャルデザートでした。
    こんなの何も効果ねーだろ!って言われるかもしれませんが、無いよりいいのです。0より1です。言ったもん勝ちです。
    そんなこんなで16日を迎えるまでに、望月杏奈は三女枠で戦う流れが出来上がりました。



    スタート直後の情勢

    開始から1日経った12月17日。この時点で三女役のライバルはある程度絞られる状況になっていました。
    僅差で2位の星梨花。杏奈以上に三女役一本で、この時点で最後まで争う事を予感させていました。
    星梨花はTAでもTBでもとにかくブレがなく、ひたすら突き進んでくるので常に戦々恐々でした。

    3位の育に関しては、私があまり情報を持っていないので何とも言えません。詳しい人にパスします。

    続く桃子とひなたはそれぞれ他の役と割れていたので、そちらに流れるだろうと踏んでいました。
    ひとまず杏奈はスタートに成功、12月末までは安定して票を重ねることになります。



    最大のピンチ。年末の死闘

    12月末、杏奈陣営を震撼させる出来事が起こります。
    ミリオンフェスと、ミリシタツイッター公式から投稿された4コマ漫画です。
    予想外の場所から降ってきた矢にただ慌てるしかできない我々。青天の霹靂だぜ。

    この4コマ漫画は星梨花歌織さんの事をお姉ちゃんと呼ぶものでした。
    その時点で、長女枠は歌織さんにほぼ確定ムードがある状態。
    案の定、フェス中に星梨花は一気に加速。1万以上あった票差を数日で埋められることになります。
    こればかりは海のリハクの目をもってしても読めませんでした。

    しかし、この向かい風の中、30日の23時から一斉投票を行う企画今年もビビッとパーフェクト祭が発足します。
    これにより31日0時時点での差は約13000になり、とりあえずピンチから脱出。
    なんとかリードを保ったまま2017年は終わります。


    杏奈・星梨花同時一斉投票戦

    2018年に入って数日は膠着状態が続きます。それが動いたのは1月10日。
    星梨花と杏奈それぞれの陣営が、同タイミングで一斉投票を行うことになります。
    杏奈サイドは『トップバッター Happy Darling作戦』と称し決行。
    杏奈陣営は約25000票、星梨花は約22000票が入る結果となりました。

    結局ラストまでこの差を維持しつつ進んでいくことになるのですが、これには次女やネコの枠が超激戦になっていたことが恩恵になったように感じます。
    私見ですが、三女はうまいこと浮動票から隠れられたと思っています。
    更に星梨花と繋がりが強い静香や志保は他の支援をする余裕が全く、歌織さんは莉緒さん、このみさん、風花さんのアダルトチームの支援に行った印象があるので、杏奈は他所の戦いに助けられた部分も大きかったのではないでしょうか。
    また、ネコ枠では90000差がついたり、それをひっくり返したりといったとてつもない数字が動いていたことから、今持っているリード分など一瞬でひっくり返されておかしくないんだという危機感を持ったまま戦えていました。

    この時点で星梨花サイドが最後に数万票入れてくるらしいという情報もあり、杏奈票のこぼれは食い止められていたように見えます。最終日の22時から行われた一斉投票『ビビッとFINAL』の数字からもそれが伺えました。



    私的な感想

    最終結果はまだ出ていないので、勝ち負けの話は置いておきます。


    今回杏奈陣営の良かった点は"TAの反省を活かし戦えた"これに尽きると思います。
    TAの敗北はやっぱり悔しかった。それをバネにして動けたのではないでしょうか。
    みんなで頑張った!

    私も今回は珍しく積極的にPR活動を行いました。
    基本的に、尻込みしてしまってあまりこういうイベントに乗っかれないタイプです。
    しかし、TAに関しては当時何もせず見てるだけ(票は入れたけど)だった後悔がメチャクチャありました。
    なので、TB開催発表があった瞬間に今回は何かしようと思っていました。
    で、作ったのがこれ。

    自分の手の遅さに泣きながら作りましたが、これを見て票を入れたと言ってくれた人もいて嬉しかったです。
    票を入れてくれた人だけでなく、RTやいいねで拡散してくれた方々にも感謝しています。
    それだけでも、作って良かったTB参加して良かったと思えています。

    TC投票(仮称)があれば、次回も何か作れたらいいなあ。




    けど、やっぱ一か月は長いって!!!



  • 広告
  • ウサミン星人地球潜入レポート ~帰ってきた怪獣酒場編~

    2015-05-10 12:46
    2015年2月、我々に衝撃のニュースが飛び込んできた。
    なんと、1年前に行った怪獣酒場が閉店するというのだ。(前回の潜入レポートはこちら)

    我々は急な報告にショックを隠せなかった。


    しかし2か月過ぎたある日、もうひとつのニュースを受信した。

    な、なんとまさかの怪獣酒場リニューアルオープン!

    しかも今回は常設店になるとのこと。
    これは行くしかない!我々ウサミン星人は再び地球に潜入することを決めたのだった。



    そんなわけでやって来ました、帰ってきた怪獣酒場。地味に看板が変わっていることに注目したい。ウルトラマンにおいて"帰ってきた"というワードはとても重要なのだ。
    今回も店の前には宇宙人という身分を隠し、地球で生活する者達が集まっていた。



    故障したジャミラの口も無事に復活していた。
    これが無ければ、この酒場の平和は保たれないのだ。
    我々も宇宙人なので、もはややるまでもないのだが、今回もしっかりと手を入れてヒーローや地球防衛軍所属では無いことを証明してきた。



    入口にはバルタン店長の挨拶もあった。そういえば関西にも怪獣酒場が出来上がり、あちらではカネゴンが店長をしているそうだ。ガソリンスタンドでバイトしていた頃とはえらい違いだ。いや、あれはデジタルカネゴンだったか。

    そして、いよいよ店内に入ることに。
    今回は予約をしていったので、1年前とは違う席に通された。




    こ、ここは怪獣無法地帯!!

    なんということだろう。我々は店内の奥に広がる怪獣無法地帯に放り込まれてしまったのだ。
    しかもよく見たら、アントラーやベムスターのような強豪怪獣までいるではないか。
    こんな所に居ては、命がいくつあっても足りないのではないだろうか……




    天井まで怪獣でいっぱいだ。
    どこを見ても怪獣がいるなんて……というか、なんか宇宙人までいないか?




    ちなみに壁にある液晶画面には、怪獣酒場のプロモーション映像や、過去のウルトラシリーズの名場面が流れていた。
    名場面といってもここは怪獣酒場なので、怪獣の活躍シーンばかりチョイスしたナイスな映像だ。ウルトラマンの敗北を肴に酒が飲めるぞ。
    あと前回来た時より、明らかにM1号の姿が目立つ。全国ネットに出て出世したのだろう。









    そういえば何故かガボラだけいっぱいいた。何故だ?


    机の上もかなりのこだわりが感じられる。
    以前同様のコースターや皿は勿論、机の模様もなんだか懐かしい。


    というか、この真ん中の画像のやつ、怪獣ウルトラ図鑑じゃねーか!!!
    ホントなんだよ、レッドキングに動力エネルギーぶくろとか、あぶらぶくろって……

    ちなみに、一番右のバルタンの箸置きはお土産として貰えるのだ。
    他にもいくつか種類があり、ドドンゴ、レッドキング、ガボラなどがあった。

    さて、それではそろそろ肝心のメニューの方に移ろう。
    前回紹介したメニューはスルーするので、そちらの記事も合わせてご確認いただきたい。

    まずはドリンク。


    ……なんか以前より写真増えてないか?

    確か前回はダダの梅酒にしか写真が無かった気がするのだが……
    左はキングジョーの柚子酒。これはペダン星人が誇るスーパーロボットキングジョーを使って製造しているらしい。なんとキングジョーは戦闘以外にも農作業にも使えることが発覚した。
    それでいいのか、ペダン星人。
    中央は純米酒総攻撃。ダダは梅酒以外にも純米酒まで作っているようだ。それどころか、レッドキングやエレキング、ギャンゴやゼットンまで酒造に参加しているではないか。
    意外と気合の入った働きぶりが伺える写真ばかりで、怪獣たちも満足の味に仕上がっている。
    右は純米大吟醸地球侵略。こちらは宇宙人たちが地球侵略のために精魂込めて作っているようだ。どう見てもメトロンの手で作業が出来るようには見えないが、そこは宇宙人だしなんとかなるのだろう。



    ちなみにビールを頼んでも、面白いジョッキで出てくるので頼んでみるのもいいだろう。
    このジョッキはお土産コーナーで買えるぞ。


    続いては禁じられた言葉サラダ
    これは前回もあったのだが、その時は頼まなかったメニューだ。
    何故かサラダにようじが付いているのだが、実はこれは食後に使うのだ。
    皿にある質問……君はこの質問にイエスと答えるか、ノーと答えるのか?
    質問の内容は、是非自分の目で確かめて頂きたい。
    我々はノーと答えようとしたのだが、店員に睨まれたので慌ててイエスにしたのだった。



    続いて出てきたのは……ウ、ウルトラセブン!?
    どうもこれはウルトラセブンの内部を調査するというメニューのようだ。
    その名もウルトラセブンを解明せよ!
    宇宙細菌ダリーのきもちになるですよ……

    ちなみに私、最初このメニューはガッツ星人にちなんだものなのかと勘違いしていた。

    中身はスパイスの効いたモツ煮込みで、半熟卵を崩していただくのだ。
    パンにつけて食べてもおいしいぞ。
    でもちょっとグロくないですかね。



    次に現れたはオイル怪獣タッコング……のオススメオイルと蛸のハーモニー
    簡単に言えばアヒージョである。
    蛸は歯ごたえもよく、あつあつのオリーブオイルが効いていてとても美味。
    付属のパンをオイルに浸して食べてもおいしい。

    しかし、油ギットリという高カロリーな雰囲気がプンプンするのだが、我々は「おいしいから大丈夫」という魔法の言葉を信じることにした。



    続けて出現したのは宇宙竜ナース!!
    最初はドームカバーの中に身を潜めており、スモークとともに堂々と登場してくれた。
    なんとも長い体をしており、我々を驚かせてくれる。まるでソーセージみたいだ。
    しかし憐れ、ウルトラセブンにされたのと同様バラバラにされてしまったので、我々がおいしく頂くことにした。



    次に運ばれてきたのは、ウルトラマンに切断されたゴモラの尻尾!
    ゴモラは貴重な恐竜なのに、食用にしてしまっていいのだろうか。
    200グラムもある大ボリュームで、厚さもたっぷり。ゴモラの力強さを感じる料理だ。
    この料理を食べると、今は主役級の扱いをされているゴモラも辛い時代があったのだなと感じるだろう。
    ウルトラリンチのことは忘れてあげよう。


    最後のメインディッシュは、前回も注文したカラータイマーを狙え!
    今回はバージョン2ということで、混ぜる具が変わっていた。
    ウルトラマンは複数命を持っているから、何度でも蘇るのだろう。
    勿論今回も完膚なきまでにカラータイマーを破壊したので、安心していただきたい。

    そんな中、数々の絶品料理に舌鼓を打つ我々の耳に店員の言葉が入ってきた。

    「本日のスペシャルゲストです!」

    ん?スペシャルゲスト?





    あ、あれは……まさか……!





    カカカカリスマ暗殺宇宙人ナックル星人!?

    まさかの大物ゲスト襲来である。
    あの新マンを苦しめた宇宙人とこんな所で遭遇するとは……宇宙は広いようで狭い。
    怪獣酒場には、ペットのブラックキングが居なくなってしまったので探しに寄ったそうだ。
    ブラックキングは割と従順だった気がするが、これも時代の流れなのかもしれない。

    郷秀樹に対しては容赦のなかったナックル星人だが、怪獣酒場に来る子供たちにはフレンドリーに接していた。やはり、地球侵略にはこういう営業も必要なのだろう。










    めっちゃいい人



    また、今回も誕生月ということで怪獣酒場にある隠し部屋への潜入に成功した。
    前回はメトロンが住み着いていたが、リニューアルにあたり追い出されたらしい。
    メトロンよ、強く生きろ。
    それでは、今回は一体誰が住んでいるのか?





    暗い!!




    雰囲気は出ていたが、暗すぎてわかりにくいので明るいところでもう一度撮影。
    そう、今回はペガッサ星人が住んでいるのだ。
    ということは、この部屋はダークゾーンなのだろうか。
    話してみると意外といい奴であり、会話に花が咲いたが料理が冷めてしまうのでほどほどに切り上げることにした。

    席に戻ると、最後に注文したメニューであるデザートが来ていた。



    ジャミラの想い ティラミスのセミフレッド~アフォガード~
    万国旗の立った国際会議場を模したケーキとアイスを食べるという、なんだか悲しみを感じるデザートだ。
    ココアパウダーの中にジャミラのスプーンが倒れているのも、ウルトラ水流をくらった様子を彷彿とさせる。
    ココアパウダーは苦味があり、ジャミラもこのような気持ちだったのだろうかと思うと涙せずにはいられない一品である。

    ちなみに、このジャミラのスプーンもお土産として買うことが出来る。















    洗っても大丈夫なのだろうか?


    全ての特別メニューを制覇した我々は、大満足。
    意気揚々と帰路につこうとしたところ、1枚の名刺を手渡された。


    バルタン店長の名刺ではないか。
    せめて名刺だけでも……というやつだろうか。
    生憎私は名刺を切らしており、返すことは出来なかった。


    帰り際、我々は恐ろしい物を発見してしまう。



    な、なんという物を販売しているんだ……
    こんな危険なアイテムが堂々と売られているなんて、恐ろしい場所である。
    折角なので1つ買ってみたが、使うとマズいことになるのではないだろうか。


    今回で2回目となる怪獣酒場だったが、またまた大満足の内容だった。
    美味しい料理あり、サプライズゲストあり、見て楽しむ要素も満載と、飽きがない。
    ウサミン星人でよかったと心から思いつつ、我々は店を後にするのだった。




    店先には、そんな我々を見送ってくれるスーパーロボットキングジョーの姿があるのだった。



    おしらせ
    ウサミン星人地球潜入レポートは作者多忙のため、今回をもって終了とさせて頂きます。
    皆様の応援、まことにありがとうございました。





  • 打ち勝て!ダイスdeシンデレラ2 低レベルプレイ

    2015-04-03 00:101
    大丈夫。ファ○通の攻略本だよ。

    4月1日にシンデレラガールズ内にてプレイできた、ダイスdeシンデレラ2。
    今年もかなり遊ばせて頂きました。

    今回はあやかしルートとピラミッドルートを難易度MASTER&極限低レベルクリアまではいけたのですが、魔王城ルートまではクリアならず。蘭子のバリアは強かった。



    今回自分が遊んでたルールは、エリア1のボスと最終ボス以外と戦闘しないというわりかしシンプルなものです。
    ただレベルが上がらないとHPは増えないし、そもそもバトルマスを踏んだらリセット、はこいり幸子を踏んだらリセットと、エンカウント関係にも泣かされるプレイでした。



    また、ラスボス戦の時も上記ほどのHPしかありません。
    大体ボスの攻撃が120~180くらいとしても、運が良くて2発までしか耐えられないもやし勇者PTです。
    じゃあ低レベルプレイの時、一体どの子が強いの?というのを今回まとめてみました。
    あくまでも個人的な使い勝手なので、参考程度にどうぞ。

    ステータスの見方
    HP:キャラ固有の体力
    バトル:バトル時アップするダイス目とその倍数
    宝箱:宝箱開封時アップするダイス目とその倍数
    ライブ:ライブ開催時アップするダイス目とその倍数
    スキル:バトル時に使用できるキャラ固有の技
    ウェイト:スキルのチャージ時間。1ならば1ターン必要となる。
    使用回数:スキルの使える回数。


    島村卯月
    HP:30
    バトル:ダイス3で3倍
    宝箱:ダイス3で3倍
    ライブ:ダイス3で3倍
    スキル:HP小回復
    ウェイト:0 使用回数:2
    ●バランスはいいのだけれど、尖っていないため低レベルではかなり厳しい。火力が無い上にスキルが弱いのも×。
    残念ながら、引いてしまったらリセット対象。



    渋谷凛
    HP:25
    バトル:ダイス2・5で6倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス1・4で6倍
    スキル:2ターンの間、受けるダメージ半減。
    ウェイト:0 使用回数:2

    バトルでシナジーを稼ぎやすいダイス目である5を持っており、その倍率は6倍。HPが少ない低レベルでダメージカットは超重要。しかもウェイトは0なので、開幕から使える上に2回も使える。超優秀。


    本田未央
    HP:25
    バトル:なし
    宝箱:ダイス6で2倍
    ライブ:ダイス3・3・3で100倍
    スキル:相手に極大ダメージを与える
    ウェイト:5 使用回数:1

    宝箱が6で2倍というのはいいが、バトル補正無しでHP25は辛すぎる。ライブのミツボシ補正も出さえすればデカいが……スキルもウェイト5ターンというのがネック。その頃には味方はボロボロなので、使うならトドメの一撃くらいか。プレイ時には引いたらリセットしていた。


    双葉杏
    HP:45
    バトル:ダイス1・1・1で150倍
    宝箱:ダイス1・1・1で150倍
    ライブ:ダイス1・1・1で150倍
    スキル:ストックの全ダイスをランダムに変える
    ウェイト:2 使用回数:2

    このプレイではリセット対象。確かにゾロ目時に450出せるのはデカいが、450ではボスは倒せないのであった……また、このプレイだとダイス残量も少なくなりがちなのも辛いところ。



    諸星きらり
    HP:75
    バトル:ダイス5で2倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス2で2倍
    スキル:2ターンの間、受けるダメージを0にする。
    ウェイト:2 使用回数:1

    ●このプレイにおいて、2ターンもの間ダメージを0に抑えられるスキルは超強力。バトルの補正も2倍とはいえ、ダイス目5なのは強い。ただしウェイトが2なので、開幕から使えないことが問題。川島さんや七海のスキルと組み合わせると安定する。



    城ヶ崎美嘉
    HP:25
    バトル:ダイス6で2倍
    宝箱:ダイス4で3倍
    ライブ:ダイス5で3倍
    スキル:2ターンの間、相手に小ダメージを与える。
    ウェイト:0 使用回数:2

    ●卯月に負けず劣らずのバランス型なのだが、卯月よりもHPが低い。更にはスキルが弱い。MASTERのナターリアとなると、HPが1000を超えているので使っても雀の涙である。引いてしまったのならばリセット。


    城ヶ崎莉嘉
    HP:45
    バトル:ダイス5・6で5倍
    宝箱:なし
    ライブ:なし
    スキル:相手に特大ダメージを与える
    ウェイト:4 使用回数:1

    ●普通にプレイするならば、かなりの火力持ちとなるキャラ。バトル時のダイス目が5と6なので、凛や菜々、みりあ、美波などシナジーが多いのも魅力。宝とライブがからっきしになるので、バトルでも宝でもサポートできるレイナが欲しくなる。



    アナスタシア
    HP:25
    バトル:ダイス2で3倍
    宝箱:ダイス5で2倍
    ライブ:2・5で6倍
    スキル:HPを小回復して、ストックのダイス1個を2の目に変える
    ウェイト:2 使用回数:2

    ●これまたバランス型のキャラクターなので、このプレイだと戦力外。バトルのダイス目が2なのはあまりシナジーに繋がらないかつ、威力も低くなってしまう。スキルのHP小回復は言うほど悪くはないのだけれども……


    安部菜々
    HP:17
    バトル:ダイス1・6で7倍
    宝箱:ダイス3・4で7倍
    ライブ:ダイス2・5で7倍
    スキル:ストックの2個を6の目に変える
    ウェイト:1 使用回数:2

    ●どの場面でも7倍という超火力をたたき出せるありがたいキャラ。バトルの火力に偏ると不足しがちな宝箱もカバー出来るのでとても有用。スキルも自身の強化だけでなく、莉嘉や美波の援護にもなる。菜々さんが30歳だったらもっと頼れるキャラだったのだが、さすがに贅沢。


    白坂小梅
    HP:25
    バトル:ダイス4・4で6倍
    宝箱:ダイス4で3倍
    ライブ:なし
    スキル:相手に中を与え、ストックの1個を4の目に変える
    ウェイト:1 使用回数:1

    ●小梅自身は可もなく不可もなくといったところ。ただ、バトル時の4の目はスキルが優秀なナターリアや高火力の三好とシナジーがあるのは大きい。ナターリアも4の目を出せるスキルなので、合わせると意外と高火力になる。


    橘ありす
    HP:30
    バトル:ダイス1で5倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス1・5で15倍
    スキル:3ターンの間、HPを中回復するが使用すると小ダメージ
    ウェイト:3 使用回数:1

    ●ダイス1で5倍というのが一見使いやすそうに見えるが、1・6・6と出しても65が精いっぱいなので意外と火力は高いワケではない。(例えば莉嘉ならば4・5・6でも75出せる)ただし1の目で稼げるシナジー相手は菜々と川島さんなので、組ませるならばそこまで悪くもないはず。スキルは使ってる余裕があるか難しいところ

    上条春菜
    HP:20
    バトル:ダイス3・3で8倍
    宝箱:ダイス3・3で5倍
    ライブ:なし
    スキル:2ターンの間、HPを小回復する。
    ウェイト:1 使用回数:1

    ●3のゾロ目で8倍だせるのは強いのだが、3のゾロ目ということは莉嘉や菜々、茜といった高火力組と相性が良くない。反面スキルが優秀な川島さんや十時とは相性がいい。2ターン目に撃てるスキルって実はそこまで無いので、リジェネは意外と使える方。


    三好紗南
    HP:30
    バトル:ダイス3・4で7倍
    宝箱:ダイス3で4倍
    ライブ:なし
    スキル:ストックのダイス1個をランダムに変える
    ウェイト:0 使用回数:5

    ●バトル時のダイス目の組み合わせが使いやすく高火力。4の目はみりあや里奈、小梅やナターリアと相性が良い。また、スキルの効果は疑似的に5回ダイスの振り直しが出来る。スキルは1ターンに1個までなのでそこまで便利ではないが、エリア1のボス戦は他のキャラのスキルを温存するので使い道が出てくる。

    藤本里奈
    HP:40
    バトル:ダイス2・4で4倍
    宝箱:ダイス4・6で5倍
    ライブ:なし
    スキル:相手に大ダメージを与える。
    ウェイト:0 使用回数:1

    ●飛び抜けた強さは無いものの、バトル時に4の目を持っており宝箱開封の支援も出来るのでなかなか戦える。スキルは使用回数こそ1回のものの、ウェイトが0という強みがあるので手が空いた時にいつでも撃てるのは魅力。



    宮本フレデリカ
    HP:25
    バトル:なし
    宝箱:ダイス3・5で7倍
    ライブ:タイス1・3で10倍
    スキル:1ターンの間攻撃力を2倍にして受けるダメージを半減する。
    ウェイト:2 使用回数:2

    ●自身に攻撃能力は全くないが、被ダメージ半減と与ダメージ倍増を同時にこなせるのは優秀。ただしウェイト2なので、2ターン無傷で生き延びてないと3ターン目には使えない。戦闘に弱い分宝箱やライブでのサポートも抜群。プレイ時はダメージ半減しかないと勘違いして使っていなかった。


    脇山珠美
    HP:45
    バトル:ダイス6で3倍
    宝箱:ダイス2で3倍
    ライブ:なし
    スキル:相手に中ダメージを与える。
    ウェイト:2 使用回数:2

    ●バランスに近い前衛タイプといったところ。ダイス6で3倍というのは、組ませる先が多々あるので悪くない。しかし問題はスキルであり、相手に中ダメージだけではあまり役に立たなくなってくる。スキルが良ければ一軍なのだが。


    早坂美玲
    HP:25
    バトル:ダイス4・6で6倍
    宝箱:ダイス2で3倍
    ライブ:なし
    スキル:相手に特大ダメージを与えるが、使用すると中ダメージを受ける。
    ウェイト:1 使用回数:1

    ●バトル時に4と6の目を持つので、優秀な高火力アタッカーになれる。スキルは反動が大きく、そもそもHPが足りないと言ってるこのプレイで打つとヘタすれば1ターンキルされかねない。使うならトドメに。


    南条光
    HP:60
    バトル:ダイス5・5・5で60倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス5で2倍
    スキル:1ターンの間、攻撃力を2倍
    ウェイト:1 使用回数:1

    ●みんなのヒーロー南条君。理論上の最強キャラで。キックの威力は900を叩き出し、自身のスキルを乗せれば1800になる。こうなったらどんなボスでも一刀両断。出せればの話ではあるが。それを狙わずともHPの高さとスキルが優秀なので価値はある。使うなら麗奈をセットにしたいところ。


    小関麗奈
    HP:60
    バトル:なし
    宝箱:ダイス5で4倍
    ライブ:なし
    スキル:相手に大ダメージを与え、ストックのダイス1個を5の目に変える
    ウェイト:0 使用回数:2

    ●スキルが非常に優秀。南条だけでなく、5の目をバトル時に使うアイドルはたくさん居るので重宝する。また不足しがちな宝箱開け要員としても活躍でき、HPも60ある。使いどころが多い。


    輿水幸子
    HP:50
    バトル:ダイス2で2倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス2と4で8倍
    スキル:相手に特大ダメージを与える。相手は怒りで攻撃力がアップする。
    ウェイト:0 使用回数:1

    ●特技使用時に相手に専用台詞がある優遇っぷり……が、このプレイで相手の攻撃力が上がるというのは死に直結するのであった。使うのであれば最後の一撃に撃つしかない。HPはちょい高めだがそれ以外は普通といったところ。

    神崎蘭子
    HP:20
    バトル:ダイス6・6で6倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス3・2で5倍
    スキル:1ターンの間、受けるダメージを0にする
    ウェイト:1 使用回数:1

    ●昨日の敵は今日の友。6のゾロ目による火力と、敵の時に猛威を振るったバリアが使えるのが頼もしい。李衣菜と組ませたい。しかしHPは20へと格段に落ちている。スパロボかよ。



    新田美波
    HP:35
    バトル:ダイス2・6で5倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス3・5で3倍
    スキル:小ダメージを与え1ターンの間、受けるダメージを0にする
    ウェイト:1 使用回数:1

    ●ダイス目、スキル内容がどちらも優秀。蘭子にも言えることだが、ウェイト1でバリアを貼れるのは優秀。バトルのダイス目に6があるので、蘭子や莉嘉と一緒に李衣菜のサポートを貰うと強い。どうでもいいけどリースっぽい。


    三村かな子
    HP:45
    バトル:ダイス1・5で4倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス4・6で3倍
    スキル:HPを大回復して、1ターンの間攻撃力2倍
    ウェイト:3 使用回数:1

    ●高めのHP、シナジーの起こりやすい優秀なダイス目、HP回復&攻撃力2倍という強力スキルと三拍子揃った強キャラ。ウェイトが3だが、半減を使っていた場合4ターン目辺りは丁度回復が欲しいはずなのであまり気にならない。おいしくてつよくなる。


    緒方智絵里
    HP:35
    バトル:なし
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス4・4で8倍
    スキル:HP全回復する
    ウェイト:4 使用回数:1

    ●いよいよもって本当に天使になってしまった智絵里。スキルがベホマなので、言うまでもなく強力。ただし低レベルプレイでは残りHP6割から即死なんて事もあるので、使えるかはPT構成によってくる。何もできずに負けることもありうる。



    赤城みりあ
    HP:30
    バトル:ダイス4・5で5倍
    宝箱:ダイス2・4で6倍
    ライブ:なし
    スキル:相手に大ダメージ
    ウェイト:2 使用回数:2

    ●バトル時のダイスの目が他の高火力キャラと組みやすく、強い。スキルもノーリスクのダメージ大を2発撃てるのを考えると、ステージ1と2で分割してもいいし、ラスボスに2発撃ちこんでもいい。


    前川みく
    HP:30
    バトル:ダイス2・2・2で39倍
    宝箱:ダイス2・2で6倍
    ライブ:なし
    スキル:1ターンの間、攻撃力を3倍にする
    ウェイト:3 使用回数:1

    ●2のゾロ目の火力は234。出たとしてもそこまで破格の値ではない。どちらかというとみくの本領はスキルの3倍ダメージにあり、高い火力を求められるこのプレイではありがたみがある。しかし使えるのは4ターン目からなので、上手く回復するなりバリアを貼らないと撃ち漏らした時に負けかねない。

    多田李衣菜
    HP:35
    バトル:ダイス2で2倍
    宝箱:ダイス6で9倍
    ライブ:なし
    スキル:ストックのダイス1個の目を6に変える
    ウェイト:0 使用回数:3

    ●このプレイはどうしても宝箱の開封役が足りなくなるので、居るだけでもありがたい。それだけでなくスキルのダイス変化が6なので、高火力キャラと組み合わせることもできる。



    日野茜
    HP:15
    バトル:ダイス5・5で7倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス5・5で2倍
    スキル:相手に特大ダメージを与えるが、大ダメージを受ける
    ウェイト:0 使用回数:1

    ●HPが極端に低いがバトルの火力が極端に高い、攻撃偏重のキャラ。莉嘉やきらりと組んで5・5・6でも出せばかなりのダメージになる。例によって使うならば麗奈が欲しくなる。スキルは相手に与えるダメージより自分の方が多く受ける。HPが減った状態で使うと死ぬので、トドメ専門。


    十時愛梨
    HP:30
    バトル:ダイス3で4倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス1・2で9倍
    スキル:HPを大回復する
    ウェイト:2 使用回数:2

    ●ステータスは平均的だが、スキルのHP大回復が2回使えるのが大きい。1回につき半減ダメージ約1発分となるので、ナターリアと組み合わせて使えば効率的。ただし連発できないので、ひとりじゃ回復が間に合わなくなる可能性が高い


    川島瑞樹
    HP:30
    バトル:ダイス1・3で5倍
    宝箱:ダイス5で2倍
    ライブ:ダイス2・6で3倍
    スキル:2ターンの間受けるダメージを0にする
    ウェイト:0 使用回数:1

    ●すべてにダイス補正があるものの、火力不足は否めない。しかし、ウェイト0で2ターン無敵という強すぎるスキルを持っている。ウェイト3のスキルにも繋げられるし、十分すぎる価値がある。



    浅利七海
    HP:38
    バトル:ダイス2で4倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス6で2倍
    スキル:2ターンの間受けるダメージを半減して、ストックのダイス1つを2の目に変える
    ウェイト:0 使用回数:2

    ●全てにおいて凛と似たような構成をしている。凛とセットで運用すればエリア1・2どちらも4ターンダメージ半減できることになる。ただしダイス目変化が裏目に出る可能性だけは中止しないと危険。


    櫻井桃華
    HP:15
    バトル:ダイス5で4倍
    宝箱:ダイス1・6で3倍
    ライブ:ダイス3で3倍
    スキル:相手に小ダメージを与え、ストックのダイス1個をランダムに変化させる
    ウェイト:1 使用回数:2

    ●バトルの数値は高めなのだが、HPが低い。そしてHPが15しかないのにスキルが貧弱すぎる。基本的に相手にダメージを与えるスキルは大より上でないと殆ど減らせないので、いくらなんでもMASTERで使うには厳しい。


    相葉夕美
    HP:75
    バトル:なし
    宝箱:ダイス1で3倍
    ライブ:ダイス2で4倍
    スキル:HPを半分回復する
    ウェイト:3 使用回数:1

    ●バトル補正は無いが、HP75はかなりの高さ。またスキルの回復量はHPの50%なので、ダメージ半減と組み合わせればかなりの長生きができるようになる。4ターン目から使えるので、半減スキルとの相性もいい。



    古賀小春
    HP:40
    バトル:ダイス2・3で7倍
    宝箱:ダイス1・5で3倍
    ライブ:なし
    スキル:相手に小ダメージを与えて、HP小回復する
    ウェイト:0 使用回数:2

    ●スキルは弱めだが、バトル時の倍率が高いので思ったより火力は出る。小回復なので効果は薄いが、ウェイト0で使える強みがある。出目3の十時あたりと合わせた運用がいいかもしれない。



    ライラ
    HP:100
    バトル:なし
    宝箱:なし
    ライブ:なし
    スキル:中ダメージを与え、HPを小回復する
    ウェイト:1 使用回数:3

    ●ステータスは完全にバニラだが、全キャラトップのHPは100。小回復も3回使えるので最後の1枠に入ったのなら、目をつぶってもいいかもしれない。火力の無さだけはネック。



    依田芳乃
    HP:25
    バトル:ダイス3・5で4倍
    宝箱:ダイス4・5で4倍
    ライブ:ダイス4で2倍
    スキル:HPを中回復してストックのダイスを5に変える
    ウェイト:3 使用回数:2

    ●バトル時のダイス目に5を持ち、スキルも中回復&ダイス目5に変更と優秀。麗奈よりも戦闘向きのステータスだが、スキルのウェイトが長いので同じようには使えない。同じくバトルでダイス目5持ちのきらりと組み合わせて、無敵中に回復するあたりが楽か。


    一之瀬志希
    HP:50
    バトル:ダイス1・3で4倍
    宝箱:ダイス5・6で5倍
    ライブ:なし
    スキル:1ターン攻撃力を2倍にして、受けるダメージを0にする
    ウェイト:1 使用回数:1

    ●HPが高く、必殺技は無敵と攻撃力アップを併せ持っている。このプレイだとかなり強いキャラクター。火力は低いとはいえ、バトル時のダイス補正はちゃんと持っているので戦闘にもちゃんと参加でき、宝箱の補正も高いので頼れる万能選手。


    塩見周子
    HP:15
    バトル:ダイス1・2で12倍
    宝箱:ダイス1・2で6倍
    ライブ:ダイス1で3倍
    スキル:HPを小回復してダイスのストック2個を1の目に変える
    ウェイト:1 使用回数:2

    ●個人的にあまり使わなかった……というより召喚で出てきてくれなかった。1の目を使って12倍出せるので、弱くはないはず。ただスキルはイマイチな気がする。



    ナターリア
    HP:55
    バトル:ダイス4で3倍
    宝箱:なし
    ライブ:ダイス3・6で5倍
    スキル:3ターンの間ダメージを半減にして、ダイスのストック1つを4の目に変える
    ウェイト:0 使用回数:1

    ●高いHPにウェイト0で3ターンもの間半減効果ってだけでも強いのに、更にダイスを4の目に変化できる。4の目はみりあや小梅、三好あたりと相性がいいので便利。自分のプレイ時は基本的にナターリアリーダーで固定だった。


    個人的にはナターリア、志希、凛、川島さん辺りが便利かなという感じでした。とはいえ守ってたら勝てないのでバランスが難しいところですね。
    実によくできたゲームバランスだと思います。

    それでは、みんなも是非低レベルプレイしてみてください!


    問題はもうプレイできないことなんですけどね……