【新刊告知】『PRANK! Vol.4 エンターテイメントの臨界点』5/7 第24回文学フリマ東京より頒布開始!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【新刊告知】『PRANK! Vol.4 エンターテイメントの臨界点』5/7 第24回文学フリマ東京より頒布開始!

2017-04-21 23:00

     こんにちは、LandScape Plus主宰の羽海野渉です。
     さて、来る2017年5月7日(日)、東京流通センター第2展示場にて開催されます〝第24回文学フリマ東京〟にて新刊『PRANK! Vol.4 エンターテイメントの臨界点』を頒布することを発表させて頂きます。

     〝批評の常識をひっくり返すカルチャー誌〟として創刊いたしました『PRANK!』シリーズ最新刊である『Vol.4』では特集として「エンターテイメントの臨界点」を冠しました。これは庵野秀明の近年発表した作品群(主に『シン・ゴジラ』と「日本アニメ(-ター)見本市」)とライトノベル及びラノベ文芸の諸作品が、エンターテイメントの臨界点となっているのではないか? との問いから名づけられたものです。

     では、ここから寄稿者及びタイトルについて発表いたします。なお、記載は掲載順、敬称略です。
    ①Nag「コモンズにおける悲劇と夢――庵野秀明さんの夢」
    ②なーる「向こう見ずのその先――アニメ(-ター)見本市の未来とは」
    ③すぱんくtheはにー「シン・ゴジリオン――祝福される/記念の印としてのゴジラ」
    ④マジマヨシキ「拾五時ゴジラ」
    ⑤gurgur717「最近のライトノベルとラノベ文芸」
    ⑥なーる「そこに確かにある絆――将棋にまつわるエトセトラ」
    ⑦よだす@ラノベハスラー放送局「ウェブ小説の書籍化に関する欠点と克服について」
    ⑧小菊菜「キャラクター小説と表紙」
    ⑨夏鎖芽羽「ライトノベル・ラノベ文芸のレーベル数増加とオススメ作品」
    ⑩邸和歌「精神構造相関性野﨑まど剛性」
    ⑪一田和樹「公募探偵の試験官」
    ⑫羽海野渉「ライトノベル試論」
     以上の12本が本書に収められる原稿になります。①~④が庵野秀明関連、⑤~⑫がライトノベル及びラノベ文芸関連のものとなりました。なお、④⑪は論考ではなく小説です。特に⑪は『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社文庫)の一田氏によるオリジナル掌編です。渾身のサイバーミステリとなりますのでお楽しみください。
     また、本書の頒布に合わせましてツイキャスの配信を予定しております。こちらも合わせてお楽しみ頂けましたら幸いです。
     それでは、5月7日、東京流通センターにてお待ちしております。

    • タイトル:PRANK! Vol.4 エンターテイメントの臨界点
    • 体裁:A5判 124ページ(表紙除く)
    • 発行日:2017年5月7日
    • 発行者:羽海野渉
    • 表紙イラスト:うっきー
    • 発行所:LandScape plus
    • イベント特別価格:税込800円
    • 頒布:第24回文学フリマ東京 オ-38 LandScape Plus
    • 推奨ハッシュタグ:#prank_hyoron


    文:羽海野渉


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。