【プロ野球】秋山翔吾への期待
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【プロ野球】秋山翔吾への期待

2017-06-19 23:37
    秋山翔吾の打撃が好調だ。
    特に、本塁打はキャリアハイを更新する14本を記録しており、このペースなら30本塁打も達成できそうだ。

    とろこで、西武ライオンズは西鉄時代を含めて、右に比べて左の強打者が少ないイメージがある。
    試しに、ライオンズでシーズン20本塁打を達成した左打者を表にまとめてみた。

    年度選手本塁打
    1954大下弘22
    1963ウイルソン
    20
    1965アグリー
    24
    1969広野功20
    1977ハンセン
    20
    1981テリー
    22
    1982テリー25
    1983テリー38
    1988バークレオ38
    1994佐々木誠
    20
    1996鈴木健21
    1998鈴木健22
    2008ブラゼル27
    2010ブラウン21

    シーズン30本塁打を達成した左打者は外国人を入れても、1983年のテリーと1988年のバークレオの2人しかいない。
    日本人に限定すると、シーズン20本塁打を達成した左打者は4人しかおらず、1954年の大下弘と1998年の鈴木健が記録した22本が最高だ。

    秋山翔吾には、ライオンズでは日本人初となる左打者での30本塁打を期待したい。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。