【ポケモンSMシングルレートS1】ガルコケコカグヤスタン【最高&最終2212 最終順位3位】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンSMシングルレートS1】ガルコケコカグヤスタン【最高&最終2212 最終順位3位】

2017-01-18 00:18
  • 1





はいどうもライです(;・∀・)
今回S1使用した構築記事です。



簡易PT紹介
ガルーラ@メガ石    猫だまし 恩返し 噛み砕く 不意打ち
ガブリアス@襷     逆鱗 地震 炎の牙 剣舞
カプ・テテフ@スカーフ サイキネ ムンフォ めざ炎 十万ボルト
テッカグヤ@食べ残し  ヘビボ 宿り木 地震 身代わり
カプ・コケコ@電気Z   十万 マジシャ 毒 身代わり
パルシェン@オボン   つららばり 礫 からやぶ ロクブラ


それでは個別紹介へ行きます。







ガルーラ 
性格 意地っ張り
特性 きもったま
努力値 180-252-4-x-12-62
実数値 203-194-121-x-122-128(メガ進化後)
技構成 猫騙し 恩返し 噛み砕く 不意打ち
持ち物 ガルーラナイト

対面性能+ストッパーとして6世代から優秀のガルーラを採用。
猫不意による先制技がガルーラの持ち味だと考えており、それを生かしつつ高火力のノーマル技の恩返しを採用。
後の噛み砕くは鋼霊への通りの良さといざ耐久ポケモンに困った時に無理やりBダウンを引いて突破という崩しの手段として採用。
努力値は今のガルーラをASにするメリットがそこまで感じられなかったので、何かしらのZ攻撃を一発耐える可能性のあるHAベースにしてSは環境が意識するであろうテッカグヤ抜き付近の上をとれるようにSを128にした。もちろん後出しが多いポリゴン2用にB<Dはしっかりとした。
選出率はほぼほぼ出していた。






ガブリアス 
性格 陽気
特性 さめはだ
努力値 0-252-4-x-0-252
実数値 183-182-116-x-105-169
技構成 逆鱗 地震 炎の牙 剣舞
持ち物 きあいのたすき

どこにでもいる襷ガブリアス。
後に書くパルが襷では無い為、ガブが襷を持つ事が出来た。
タイプ一致の逆鱗と地震は確定として、今だと岩石封じか炎の牙との択になるがテッカグヤへの遂行速度を考えたら炎の牙を採用した。
努力値はASぶっぱ 運用方法も襷で一発耐えて殴るなり剣舞して突破するなどしていた。
選出率はそこそこだが出した時は必ず活躍してくれた。







カプ・テテフ 
性格 控えめ
特性 サイコメイカー
努力値 0-x-4-252-0-252
実数値 145-x-96-200-135-147
技構成 サイコキネシス ムーンフォース めざ炎 10万ボルト
持ち物 こだわりスカーフ

PT的にルカリオが重いのでスカーフテテフを採用。
タイプ一致のサイキネとムーンフォースは確定。後ハッサム意識でめざ炎を採用した、一応落とせはしないがハッサム側に致命傷を与えて裏のポケモンで処理する流れが出来る。そしてテッカグヤ意識で10万ボルトを採用。
努力値はCSぶっぱ スカーフなので耐久に回した所でそこまでメリットが感じられなかったのと性格が臆病では無い理由は単純に火力が物足りないから。
選出率はそこそこ 役割対象のルカリオがいた場合は問答無用で投げる。







テッカグヤ 
性格 陽気
特性 ビーストブースト
努力値 164-62-4-x-28-252
実数値 193-129-124-x-125-124
技構成 ヘビーボンバー 地震 宿り木の種 身代わり
持ち物 たべのこし

この構築のプチ地雷枠の最速地震持ちのテッカグヤ。
構築単位で呼ぶ鋼枠(ジバコ・ギルガルド)をあえてこいつで見る。
それと超と草の一貫を切る枠としても重宝した
タイプ一致でカグヤの体重のおかげで高火力で放てるヘビーボンバー・役割破壊技の地震そして早いSを生かして鈍速ポケをハメれる宿り木身代わりを採用。
努力値はSは最速少しHを削ってAに回すことで少しダメージが入ったジバコとブレードガルドを落とす事が出来るようにした。
選出率はかなり高め 大切なクッション枠として活躍した。 







カプ・コケコ 
性格 臆病
特性 エレキメイカー
努力値 0-x-0-252-4-252
実数値 145-x-105-147-96-200
技構成 10万ボルト マジカルシャイン 毒々 身代わり
持ち物 電気Z

構築で唯一のZ技持ちのコケコでS1序盤から愛用していた型。
有利体面を作ったら安定して裏のポケモンと対峙することの出来る身代わりが偉かったし、前で書いたカグヤの宿り木を盾に等倍以下の技の受け出しからの身代わりを連打する。
さらにコケコで毒を撒いてカグヤでハメたりと、このコケコカグヤの並びが一番強かった。
技構成としてはタイプ一致での10万・マジカルシャインは採用そして耐久ポケモンの崩しに使える毒々と有利体面で置ける身代わりを採用
努力値はCSぶっぱで毒身代わりするなら耐久に振りたいが、アタッカーとしての役割を考えたらCSになった。一応電気Zによる高火力の押しつけが出来るポケモン
選出率はかなり高め 出す試合でのZ技の使うタイミングが重要だった。






パルシェン 
性格 意地っ張り
特性 スキルリンク
努力値 220-198-4-x-4-84
実数値 153-154-201-x-66-101
技構成 氷柱張り 氷の礫 殻を破る ロックブラスト
持ち物 オボンの実

http://adamspoke.hatenablog.com/entry/2017/01/17/072531

アイデアは此方の記事から頂きました。
テテフパルの並びが終盤増えていて破った後のパルシェンの処理√に困ってた所この型を教えて頂きました。
原案と違うのはHAを削ってSに回しているという点
基本的に破った意地パルのロクブラを耐えて返しのロクブラで60%落とせると若干怪しくはなっていますが、こちらの破り後にS130族を抜くことが出来る汎用性を僕は選びました。
オボンを持ちHAに振ることで大抵の物理ポケモンを起点に破る事が出来ます。
さらにオボンを持つ事で襷が余るのでガブに持たせる事が出来る点も強いと思っています。
技構成は一般的な殻やぶパルと同じ氷柱・礫・殻やぶ・ロクブラ。
努力値は先ほど説明した通り対パルシェンを意識しつつ殻やぶ後にS130族を抜ける用にしています。
選出率は低め 対パル入りや破る起点が多そうなら投げていたが、無理に投げはしなかった。



基本選出はガルーラ+テッカグヤ+カプ系のどちらか。
特定の相手がいるPTへの選出は固定していた
ほぼミラーの場合 ガルーラ+カプ・コケコ+パルシェン
フェローチェ入り ガルーラ+ガブリアス+テッカグヤ
カグヤがいないパル入り ガルーラ+パルシェン+テテフorカグヤ






限定的な環境とはいえシーズン最終3位という成績を取ることが出来ました。
個人的なアレですが、構築や立ち回りのアイデアやレート中に色々緊張を紛らわせてくれた沼通話面子に感謝を述べたいと思います。ありがとうございます。
シーズン2からは過去作のポケモンが追加される模様ですが、頑張って行きたいと思います。

シーズン1で対戦してくださった方々対戦ありがとうございました。
それではここで終わりたいと思います。
閲覧ありがとうございました!!



追伸 今月12日発売されたダンガンロンパV3面白いので皆さんやりましょう。
僕は金土日に35時間ぶっ通しでやってしまいました。後悔はしてないけど眠い。


質問等は以下のTwitterIDまで
@Lie_LCR2







広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。