Macでの生放送設定(Elgato Game Capture HD)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Macでの生放送設定(Elgato Game Capture HD)

2016-05-30 23:41

    はじめに

    こんなタイトルの記事を投稿しましたが、この機器(Elgato Game Capture HD/HD60)は配信には向いていません。特にMacには。理由は次の3つです。
    • ハードウェアエンコードするタイプなので、Mac/PCに取り込まれるまでに遅延がある
    • キャプチャ映像を直接配信ソフト(OBSなど)に取り込めない←これはMacのみ起こる問題
    • ↑の理由から専用アプリを起動しておかないといけないのだが、このソフトが重い
    実況動画を録画するとか、録画目的なら問題ありません。
    今から配信(生放送)目的で購入を検討している人は止めたほうがいいです。
    もうちょっとお金を貯めてBlackmagic Design Intensity Shuttle for USB 3.0 と Yamaha AG06(またはAG03)を選択した方がストレスなく配信できると思います。

    既に買った人向け

    とりあえず図を置いておく


    Game Capture HDのゲーム映像をウインドウキャプチャする方法は2つある。
    1. 普通にウインドウキャプチャして、クロップフィルタで邪魔な部分をクロップする。
    2. 普通にウインドウキャプチャした後、Game Capture HDのウインドウをMission Control を使って別のデスクトップに移動させ、フルスクリーンさせる。
    方法1が簡単だと思う。

    問題

    Game Capture HDからキャプチャされる音(遅延後のゲーム音)が聴こえてきます。
    ミュートにしたい所ですが、コメント読み上げやMacからBGMを聴く場合にはどうしても混ざってしまします。

    回避方法は一応あります。ややこしくて、混乱するのであまりお勧めできませんが・・。

    上の図のようにシステム音声をSoundflower1にする。
    これでGame Capture HDの音はSoundflower1に流れます。

    コメビュにCharlestonを使い、読み上げ音声出力をSoundflower3にする。
    これで読み上げ音声はSoundflower3に流れます。

    BGMを流したい時はiTunesなどではなくVLCというソフトを使う。VLCのオーディオデバイス設定でSoundflower3を指定する。
    これでBGMはSoundflower3に流れます。

    LadioCastでSoundflower1はSoundflower2だけに流れるようにする。
    Soundflower3はヘッドホンとSoundflower2に流れるようにする。



    これで余計なGame Capture HDの音を聴かなくて済みますが、Charlestonが読み上げる音声とVLC以外の音(ブラウザで再生する動画の音とか)も聞こえないので注意です。

    あーややこしい
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。