• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

マクガイヤーチャンネル 第111号 【『キングコング:髑髏島の巨神』みました】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マクガイヤーチャンネル 第111号 【『キングコング:髑髏島の巨神』みました】

2017-03-20 07:00
  • 2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マクガイヤーチャンネル 第111号 2017/3/20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。調子にのって昼からビールなんて飲んでるマクガイヤーです。

やっぱり連休って最高ですね。



マクガイヤーチャンネルの今後の予定は以下のようになっております。



○3月25日(土)20時~

「最近のマクガイヤー 2017年3月号」

いつも通り、最近面白かった映画や漫画について、まったりとひとり喋りでお送りします。

・最近の実物大ガンダム

・追悼 渡瀬恒彦

『キングコング:髑髏島の巨神』

『哭声/コクソン』

『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』

『モアナと伝説の海』

『パッセンジャー』

『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』

『映画 プリキュアドリームスターズ!』

『ホライゾン ゼロ・ドーン』


その他、気になった映画や漫画についてお話しする予定です。



○4月1日(土)20時~

「実録SFヤクザ映画としての『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』」

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が4/2に最終回を迎えます。

この『オルフェンズ』、当初は『機動戦士ガンダム』の元ネタの一つだった『十五少年漂流記(あるいは『蝿の王』)』のアップデート版かと思われていましたが、どんどん東映実録ヤクザ映画のような趣となっていきました。ヤクザ映画もガンダムも大好きな自分としては見逃せない、そしてだからこそ一言も二言も言いたいガンダムになっております。『ガンダムAGE』とはえらい違いです!

そこで、実録SFヤクザ映画としての『オルフェンズ』について2時間みっちりお話するという放送を致します。是非ともAmazonプライムなどで最終回直前まで視聴した上でお楽しみください。



○4月29日(土)20時~

「最近のマクガイヤー 2017年4月号」

いつも通り、最近面白かった映画や漫画について、まったりとひとり喋りでお送りします。

詳細未定



お楽しみに!



さて、今回のブロマガですが、『キングコング:髑髏島の巨神』についてです。


前回のニコ生放送ではピーター・ジャクソン監督版の『キング・コング(2005)』『闇の奥』について解説しました。

3/25より公開される『キングコング:髑髏島の巨神』は『地獄の黙示録』にオマージュを捧げた映画だそうです。『地獄の黙示録』は『闇の奥』を原作とした映画であることもあり、両方とも「コング」+『闇の奥』ということで、こりゃ期待が持てますね!――という締めで終わったのですが、その後、運よく試写会で観ることができました。

せっかくですので、『シン・ゴジラ』の時(http://ch.nicovideo.jp/macgyer/blomaga/ar1073711)と同じように、我が敬愛するブロマガ読者さんだけに映画の内容について簡単にお知らせしようと思います。特別ですよ!

絶対にネタバレしないように書きますが……信じるか信じないかはあなた次第です!



まず、1973年初頭という時代設定がたまりません。ちょうど米軍がベトナムから撤退を始めている年です。

主人公ジェームズ・コンラッド大尉を演じるトム・ヒドルストンは『コール オブ デューティ ブラックオプス』の主人公も所属していたMACV-S.O.G――南ベトナム軍事援助司令部 研究/観察グループ(Studies and Observations Group)、という名の特殊任務部隊(Special Operation Group)――に所属し、要人暗殺の秘密作戦に従事してきました。「コンラッド」の名前は、当然『闇の奥』の著者からの引用です。

彼にとって、ベトナムは己の全てを投じた場所でした。一度本土に帰還するも、戦争後遺症が原因で妻と離婚、居場所を探すように、またベトナムに戻ってきたのです。

それが、今更撤退するなんて……外面では受け入れていますが、内心では納得できていません。どんなに泥沼な戦争でも、どんなに米兵が死んでも、そんなん覚悟の上じゃないんかね? いや、共産主義を叩き潰すために、アメリカの栄光のために、最後の一人まで戦うんじゃなかったんかね? まだ左足も両足も残っとるのに!……とすずさんのようなことを考えています。

しかし軍属である限り、上官からの命令には逆らえません。部下と共に渋々と撤退準備を進めていると、MACV本部に呼び出されます。元グリーンベレー隊長であり、軍事顧問団時代の教官であったパッカード大佐(サミュエル・L・ジャクソン)の捜索、という名の暗殺指令を命じられます。


インドシナ半島から数百キロの洋上に、スカルアイランドと呼ばれる島がありました。航路や海流から外れており、常に白雲に覆われていることから、船や人工衛星による発見が遅れていましたが、地政学的には南北ベトナムの通信を秘密裏に傍受――盗聴できる絶好の位置にあります。

パッカード率いる小隊は、北ベトナム・ソ連間の通信を盗聴するレーダー基地建設任務のためスカルアイランドに上陸したのですが、通信が途絶えたそうなのです。

その後、幾つかのチームがパッカード捜索のために派遣されましたが、全員帰還せず、すべて失敗しました。当初はソ連軍コマンド部隊の関与も疑われましたが、真相は違いました。捜索チームの一人が手作りの筏で島から逃げ出し、輸送船に拾われ、帰還したのです。

島ではよほどのことがあったのでしょう。生存者からの聞き取り調査はPTSDによるフラッシュバックにより難航を極めましたが、彼の話によると、暴走したパッカードはスカルアイランドで原子狩猟生活を送っている原住民を近代装備による武力で服従させ、ジャングルの中で王のように振舞っているそうなのです。


インドシナでの白人酋長の誕生は、ソンミ村虐殺以上の大スキャンダルです。そして、米軍が撤退しきったら、スカルアイランドへの渡航は困難になります。秘密裡にパッカードを暗殺できるチャンスは、これが最後になるのでしょう。

“Terminate with extreme prejudice”

英語の法律用語で”without prejudice”というのがあります。「不利益にならないように」という意味ですが、これをもじった台詞をCIAのエージェントがつぶやく場面は、名シーンとして語り継がれるでしょう。

つまり、ジェームズ大尉に下されたのは、法律の枠外で始末(terminate)してくれ――パッカード大佐の暗殺命令でした。


気は優しくて力持ちなトビー・ケペル、紅一点の戦争カメラマンにして女スパイであるブリー・ラーソン、若くて経験は浅いものの有能さと賢明さに溢れたトーマス・マン通信兵などから成る部下と共に、コンラッドはスカルアイランドに潜入することになりました。

スカルアイランドへ向かう潜水艦の中で、コンラッドはパッカードの経歴を示す資料に目を通します。パッカードは19歳で士官学校を主席で卒業し、朝鮮戦争で活躍したものの、38歳で空挺部隊の訓練を受け、グリーンベレーに入隊しています。グリーンベレーの最高位は大佐です。この年齢で地獄の入隊試験を通過できることも驚きですが、真に驚くべきことは、出世よりも現場を選んだということに他なりません。

離婚してもベトナムの戦場に戻ってきたコンラッドは、自分と共通するもの――戦場という怪物に魅入られた心――をパッカードに感じます。


しかし、深淵を覗くものは深淵に覗かれる、怪物を覗くものは怪物に覗かれるのです。


スカルアイランドでパッカード一行を待っていたのは、原始狩猟生活というよりほとんどゾンビのような生活を送る原住民と、絶滅を免れたと思しき大型爬虫類や節足動物たち、そしてそのゾンビに信仰されている巨大な類人猿――キングコングでした。

ガラパゴス諸島やマダガスカル島、タスマニア島など、外界から隔絶した島に独自の生態系が成立するというのはよくみられる現象です。その場合、島で循環するエネルギーの総量が限られることから、島に棲む動物は小型化します。しかし、このスカルアイランドでは、10メートルを越えるクモが人間を跨ぎ、20メートルを越える爬虫類が人間を襲い、30メートルを越えるゴリラが人間に生贄を捧げられているのです。明らかに自然の摂理も神の摂理も逸脱しています。その意味で、ここは怪獣の島でした。


コンラッドの部隊はベトナムで高い任務達成率を誇りましたが、まるで怪獣のような巨大グモや巨大トカゲは相手が悪すぎました。パッカード捜索のため島の中心部に進むも、一人、また一人と死亡し、救援を依頼しようとするも、島を覆う厚い白雲により通信ができません。


『エヴァ』のサキエルや『千と千尋』のカオナシや『ポケモン』のカラカラに似たような頭部を持ちつつ、そのどれにも似ていない怪獣――スカルクローラーに襲われた一行は、武装化され組織化された原住民を率いるパッカードに助けられます。

通信が途絶し、装備も喪失した中、なんとかコングに対抗しようとしたパッカードは、ゾンビのような原住民を組織化し、軍事訓練を施すために王のように振る舞っていたのです。

なにしろゾンビなので、普通の方法ではコミュニケーションがとれません。反抗する原住民を組織化するため、時には手首を切り落としたり、首を切って処刑したりすることで恐怖を与え、恐怖で支配しているのでした。これに反抗しようとするものは、たとえ米国人でも皆殺しです。


「怪物を倒すためには、自分も怪物になる必要があるんだ」


そう強弁するパッカードに、コンラッドは返す言葉がありませんでした。

パッカードがやっていることは、冷戦下のアメリカがソ連に対抗するため、「自由と民主主義を守る」ために軍事教練を施し、南ベトナムを実効支配したことのミニチュアでした。アメリカ兵はゾンビのようなベトナム人の首や手こそ切り落とさなかったものの、ベトナム人をレイプし、虐殺しました。

自らが行ってきたことを歪んだ鏡像のような形で見せ付けられ、思い悩むパッカード。しかし、こんなことを許すわけにはいきません。ことの善悪はどうあれ、これが世界に知れ渡ったらプロパガンダ・ウォーに負け、冷戦に負けてしまうでしょう。

パッカードの寝る小屋にしのびこむコンラッド。たとえターゲットが歴戦の勇者といえど、これまで要人暗殺の任務を幾つもこなしてきたので、お手のもののはずでした。しかし、あと一息というとこでコンラッドは逡巡します。コンラッドの心を見透かしたようにパッカードは言い放ちます。


「君には私を殺す権利がある。

だが裁く資格はない」


静止する時間――しかし、それは破られます。

原住民の村がコングの襲撃を受けたのでした。小屋を潰され、パッカードもコンラッドも怪我を負います。

これまで苦しめられてきた人間たちの多くを傷つけ、殺すことができて、コングは満足そうに雄たけびをあげます。朝焼けの中、廃墟となった村を背景に咆哮するコング。その眼の奥には、戦争の狂気という名の怪物が確かに宿っていました。それは、今の今まで殺そうとしていたパッカードの眼と同じでした。そして、パッカードの眼に映りこむ自分の眼にも……

コングの怪物性と人間の怪物性の根源が同じであることに気づき、コンラッドは恐怖します。


しかし、一行はナパーム弾を装備したヘリ部隊に救出されます。日中のジャングル探索の途上、巨大グモに殺されたと思っていたトーマス・マン通信兵は実は生き延びていて、白雲に覆われていない海岸までたどり着き、救援要請の通信に成功したのです。


「朝に嗅ぐナパームの匂いは最高だ。

昔、12時間ぶっ続けで丘を爆撃したことがある。その跡を散歩したが死体一つ転がってなかった。

そこら中にガソリンの匂いがした。勝利の匂いが」


そう自慢げに語りながらナパーム爆撃を指揮するウィリアム大佐を演じるのは『フライト』『10 クローバーフィールド・レーン』での怪演も記憶に新しいジョン・グッドマンです。

怒りの咆哮をあげて、コングは自分の巣のある洞窟へと逃げ帰ります。


救援部隊が基地としているヘリコプター揚陸艦にて、コンラッドとウィリアムはパッカードを尋問します。

形而上学的なわけのわからない言葉を口にするだけで、意味の通ったことを何も言わないパッカードに業を煮やすウィリアム。しかし、ウィリアムには考えがありました。


「おまえの島を石器時代に戻してやる。

それで戦争は終わりだ」


徹底的なナパーム爆撃で島ごとパッカードによる犯罪の証拠を焼き捨てようというのです。なぜかひどく狼狽するパッカード。

隙をみて、ウィリアムを素手で殺すパッカード。「この戦争も、いつかは終わる」と呟きながら絶命するウィリアムの姿は名シーンでしょう。

パッカードはブリー・ラーソンを人質にヘリを強奪し、スカルアイランドへと戻ります。

追跡し、スカルアイランドでパッカードを捕まえるコンラッド。そこでパッカードが明かした真相は、驚くべきものでした。


なんとパッカードは<MONARCH>と呼ばれる秘密機関の一員でした。

広島・長崎への原爆投下以来、世界各地で巨大生物――怪獣が現れるようになり、これを調査・隠蔽・利用するためにマッカーサー元帥主導で極秘に<MONARCH>が設立されたのでした。

そして、パッカードがスカルアイランドに来た理由はレーダー基地設置のためなどではなく、この島に自然の摂理を無視した巨大生物が生息する理由を調査するためでした。スカルアイランドの地下には多量の放射性物質が埋蔵されており、その放射性物質を共生細菌の能力でエネルギーとして利用する蟲がおり、その蟲を他の生物が食べることで巨大生物の生態系が成り立っていることが推測されていました。スカルアイランドが発見されたのも航空機からの環境放射線モニタリング調査がきっかけでした。

そしてパッカードの調査により、推測は実証されました。中でも、コングはスカルクローラーや巨大グモなどとは違い、知性に富んだ怪獣であることが分かりました。パッカードがやっていたのは、原住民を組織化してコングに対抗することではなく、原住民を生贄に捧げることで手懐け、飼いならすことが可能かどうかの調査だったのです。

なぜ飼い慣らさなければならないのか。パッカードは、二つの映画を繋げる重要な台詞を吐きます。現在、<MONARCH>が最大の脅威としている「神」の名を持つ怪獣――<GODZILLA>に対抗するためには、スカルアイランドで「神」と崇められている怪獣――コングが必要なのでした。


コングの巨体はスカルイアランドの生命圏により維持されています。ナパーム爆撃によりスカルアイランドの生態系――生命圏が破壊されれば、<GODZILLA>に対抗できる手段は無くなってしまうのです。

あの怪物を飼い慣らすなんてことができるものか――そう反論するコンラッドに、パッカードは「可能かどうか確認するための生贄がここにある」とブリー・ラーソンを顎で指し示します。この時の、まるでこれから自分がレイプされることを知ったかのようなブリー・ラーソンの表情が最高です。


そこに、またもやコングが現れます。会話に熱中し、警戒を行った一行を急襲するコング。

「マザファッ……」

といい終わらないうちにコングに殺されるパッカードを演じるサミュエル・L・ジャクソンの姿に観客は拍手を送るでしょうが、ここは"The horror! The horror!"と叫んで欲しかったところです。


コングが属する巨大猿の一族はスカルアイランドで生態系の頂点にいたものの、繁殖効率の悪さから、年々数を減らしていきました。唯一残ったコングの家族である妻と息子も、先のナパーム攻撃で死んでしまいました。黒コゲになった原住民の死体の山の横に、いっそう大きな人型の死体――コングの妻と娘の死体をみつめ、咆哮するコング。 コングの怒りは頂点に達し、巨岩を投げることでスカルアイランドに近づいたヘリも揚陸艦も破壊してしまいます。船から脱出した米兵たちも、スカルアイランドの怪獣や生き残った原住民たちに次々と殺されていきます。まるで、ベトコンに殺される米兵のように。燃え盛る揚陸艦や、血まみれになりながら死んでいく米兵たちをみて、ドラミングするコング。


果たして、唯一生き残ったコンラッドとブリー・ラーソンの二人は。スカルアイランドから脱出することができるのか。

これは、実際に映画館に行って貴方が確認してみてください。



信じるか信じないかはあなた次第です!



番組オリジナルグッズも引き続き販売中です。

マクガイヤーチャンネル物販部 : https://clubt.jp/shop/S0000051529.html

e7a0cfcec74399c2e75f9623ff39cdb22c2d6752

思わずエナジードリンクが呑みたくなるヒロポンマグカップ

9ec4077d827cdbb9612dff5e4e5bfdc14c20520b

これからの寒い季節に着たい、乳首ポケストップトレーナー

d9b3ac075fd7afd84e5cb2932d61906f3005ff1c

『ローグ・ワン』公開に合わせて着たい、マクガイヤー・ウォーズ トレーナー

 


……等々、絶賛発売中!



本メルマガもニコ生の番組内容も、TwitterやFacebookやブログ等で話題にして頂けると、宣伝になるのでとてもありがたいです。常識の範囲内で引用やコピペや文字起こしによる紹介もして頂いて構いません。でも、全文コピペや全文文字起こしは勘弁な!

Dr.マクガイヤー
Twitter : @AngusMacgyer
ブログ : 冒険野郎マクガイヤー@はてな

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マクガイヤーチャンネル 第111号 2017/3/20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:Dr.マクガイヤー
     平野建太

発  行:株式会社タチワニ
and
Special Thanks To 読者のあなた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) AngusMacgyer. All Rights Reserved. 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ
有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします。
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
マクガイヤーチャンネル
更新頻度: 毎週月曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥324 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
パッカード大佐の履歴はカーツ大佐と同じですね。「朝に嗅ぐナパームの匂いは最高だ。」キルゴア中佐まんまです。ちょい期待です。
3ヶ月前
×
追記 マザーファッカーについて。「地獄の黙示録」の冒頭でThe DoorsのThe endという曲が流れますが、歌詞に“Mother, I want to, fuck you”とあります。ここら辺も踏んでいるのではないかと。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。