• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

マクガイヤーチャンネル 第138号 【科学で映画を楽しむ法 第5回「『大長編ドラえもん』と科学 藤子・F・不二雄とSF その5 『のび太と竜の騎士』】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マクガイヤーチャンネル 第138号 【科学で映画を楽しむ法 第5回「『大長編ドラえもん』と科学 藤子・F・不二雄とSF その5 『のび太と竜の騎士』】

2017-09-27 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マクガイヤーチャンネル 第138号 2017/9/27
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    前回の放送「最近のマクガイヤー 2017年9月号」は如何だったでしょうか?

    またもや虹野ういろうさんに出演して頂き、『エイリアン:コヴェナント』『ダンケルク』の話題で盛り上がりました。

    まさか大根仁の話があんなに評判が悪いとは思いませんでしたが、自分は好きなので、これからも話題にしていくつもりです。




    マクガイヤーチャンネルの今後の予定は以下のようになっております。


    ○10月7日(土)20時~

    「がんと免疫療法とがんサバイバー」

    現在、日本人の死因第一位は悪性新生物――すなわちがんです。

    がんの治療法としては、これまで手術、放射線療法、化学療法が3本柱とされてきました。

    近年、新たな柱として注目されているのががん免疫療法です。免疫療法といえば、怪しい治療法がまかり通っていましたが、免疫チェックポイント阻害剤の劇的な効果がイメージを一身しました。

    そこで、がんと免疫療法の歴史とメカニズムについて2時間じっくり解説する放送を行ないます。

    渡辺謙、宮迫博之といったがんサバイバーはなぜ不倫するのか問題にも触れたいところです。



    ○10月21日(土)20時~

    「最近のマクガイヤー 2017年10月号」

    いつも通り、最近面白かった映画や漫画について、まったりとひとり喋りでお送りします。

    詳細未定



    ○11月前半(日程未定)20時~

    「ジャスティス・リーグのひみつ」

    11月23日よりDCエクステンデッドユニバース(DCEU)の新作であり、期待の大作映画でもある『ジャスティス・リーグ』が公開されます。

    しかしこのDCEU、前作である『ワンダーウーマン』はヒットしたものの。ライバルであるMCUに比べて勢いがありません。それどころか、テレビドラマやカートゥーンでのDCコミックス映像化作品に比べても元気がありません。

    そこでこれまでのDCコミック諸作品を振り返りつつ、映画『ジャスティスリーグ』やDCEUの今後について占いたいと思います。

    果たしてグリーンランタンや、マーシャン・マンハンターや、はたまたブノワビーストは出るのか?

    ブースター・ゴールドやプラスティックマンの登場まで、暗い夜と光線技アクションシーンの我慢を強いられるのか?

    ジョス・ウェドンは独占禁止法に違反しないのか

    ……等々、ジャック・カービーやニューゴッズの話題も交えつつ、様々なトピックで盛り上がりたいと思います。




    さて、今回のブロマガですが、科学で映画を楽しむ法 第5回として書いている「『大長編ドラえもん』と科学」その5として、『のび太と竜の騎士』の解説になります。

    (基本的に、藤子・F・不二雄が100%コントロールしていると思しき原作漫画版についての解説になります)。


    ●マンネリズムとの戦い

    『のび太と竜の騎士』は『大長編ドラえもん』シリーズにおける8作目の作品となります。8作目といえば、どんなに優れた作品シリーズでも、そろそろマンネリズムが影をみせはじめる頃です。本作も、モチーフの一つである「恐竜」は1作目の『のび太の恐竜』とかぶっています。

    ですが、本作は8作目にしてシリーズに新しい要素や展開を入れた結果、新しい地平を切り開いた作品といえます。


    本作は、迷い込んだ地底世界で独自の文明を築いていた恐竜人たちと出会い、なにか企んでいそうな恐竜人の秘密を探ろうとするものの……という、中盤まではこれまでのシリーズと似たような展開をみせますが、決定的に異なる(しかしながら前作『鉄人兵団』を発展させたような)結末を迎えるのです。



    ●導入部におけるスネ夫の活躍

    大長編ドラはどの作品も導入部が優れていることで知られていますが、本作はその白眉といっていいでしょう。


    空き地にて、現在もどこかに恐竜が生き残っているかどうかについて語り合っている4人。議論しているのはのび太とスネ夫の二人で、ジャイアンとしずかちゃんはあくまでも中立の立場で、議論の内容次第でどちらに賛同しようか決めようとしているところが、どこまでも理知的な藤子・F・不二雄作品らしいところです。

    広い地球にはどこかにまだ恐竜が生き残っているはず、と主張するのび太に対して、スネ夫が繰り出す反論がキレキレです。


    まず、ネス湖のネッシーやアフリカのモケーレ・ムベンベ等のUMAを例に挙げるも、科学者を中心とした探検調査がこれまで行なわれてきたことを例に出します。

    adf462c2f4271d46aaf87497465374268b08d770

    「ざんねんながら、ちゃんとした調査でちゃんとしたしょうこがみつかったことは、ただの一度もないんだよね」

    「そんなでっかい怪物たちが世界のあちこちで何千万年もの間生きつづけてきたとすれば……骨の一本や二本みつかるのがあたり前だろ

    それがどうだ、みつかるのは化石ばっかり! それも六千五百万年以前のものに限られているとなれば……

    こりゃやっぱり一匹のこらず絶滅したと考えるしかないんじゃないかな」

    思わず同意してしまうジャイアンとしずかちゃん。


    つまり、スネ夫が言っているのは「ファクトもエビデンスもない」の一言につきます。

    科学的なエビデンスがなければなにもはじまらない――これは、科学における基礎的な考え方の一つです。

    ファクトとエビデンスが無ければ、都知事どころかスネ夫も、ジャイアンも、しずかちゃんも説得・納得させられない――という、あたり前のことを示しているのです。


    この種の解説は、これまでの作品であれば出木杉くんやドラえもんが担当していました。

    しかし、本作ではスネ夫が担当していることに意味があります。ドヤ顔で恐竜の絶滅を語ったスネ夫ですが、なんと幻影とも実在ともつかぬ恐竜の影を目撃してしまうのです。それも二度も。

    54bc4ed29dc323a1d206b9d9862648dad7d2e33b

    しかもこの影、いかにもネッシーやモケーレ・ムベンベを想像してくれという形なのが、気が利いています。

    すっかり疑念にかられたスネ夫は、どうにかして恐竜の影の正体をつきとめようとし、これが地底の恐竜人文明発見の契機となります。日常生活から非日常世界への移行を自然な流れと少ないページ数で達成する、完璧な導入部です。


    惜しむらくは、後半スネ夫が全く活躍しなくなることです。

    スネ夫が最後の大バトルを終結させるきっかけを思いつくとか、誤解の解消にこだわる一言を発するとか、なにか活躍の場があれば、夢も希望も無かったイヤなオトナコドモのスネ夫が成長する物語が成立し、もう一段上のレベルの作品になったかもしれません。



    ●地底旅行とクラフト要素の愉しさ

    本作の地底探索には、一応元ネタがあります。


    ジュール・ヴェルヌが1864年に発表した『地底旅行』です。

    ・地底世界に独自の光源を持つ大空洞があること

    ・地底世界に恐竜が生き残っていること

    ・地下の熱に苦しむ描写があるところ

    ……などが共通しています。

    「一応」と書いたのは、共通点はこれくらいしかないからです。


    むしろ、

    7b1a83d9f06de721c1aa994e748901301fcbcae5

    「地底にはこんな大空洞があちこちにあって、それが地上の大陸にあたるんだ!!」

    「ええっ、ウッソー!!

    地球の表面はうすいプレートで包まれてて、その下は岩をも溶かすマントルなのよ。

    とても地底大陸なんて……」

    「うすいといっても七十~百キロの厚さはあるんだ。

    地底大陸があってもふしぎはない」


    ……と、プレートテクトニクス理論との整合性をつける会話までさせて、100年以上前のSFのアップ・トゥ・デートまで図ろうとしているところが、藤子・F・不二雄の凄いところです。


    面白いのは、地底大陸発見の景気となったのが、地底の空洞を利用して自分たちが自由にできる秘密基地を作ろうとしたことです。

    「岩細工セット」で、岩を粘土のように加工し、洞窟をきちんとした部屋にしつらえる愉しさといったらありません。ジオラマ製作やクラフトゲームを現実でやるような愉しさがあります。

    この種の愉しさは大長編ドラの他の作品やSF短編でも時折顔を覗かせ、『雲の王国』で全開になります。後述する『創世記』テーマとも関連しまくります。

    もし藤子・F・不二雄が今でも存命だったら、きっと『マインクラフト』にハマったと想像してしまうのは、自分だけではないでしょう。



    ●恐竜人間ディノサウロイドとは

    もう一つの元ネタは、「恐竜人間」ことディノサウロイドです。


    「もしも恐竜が絶滅せずに進化し続けていたら、人間に良く似た姿に進化(収斂進化)するのでは?」という仮定の下に、カナダの古生物学者デイル・ラッセルによって提唱されたのがディノサウロイドです。


    ・体の大きさに比較して大きな脳を持つこと

    ・物をつかんだり握ったりすることができそうな器用な指を持っていること

    ・更に立体視可能な眼を持つこと

    ・二足歩行可能な獣脚類であること

    このような特徴を持つトロオドンやオルニトミムスのような小型肉食恐竜の子孫は、絶滅しなかったらまるで人間のような姿に進化していたのではないかと、ラッセルは考えました。


    発表時はそれほど注目を浴びたわけではないのですが、数年後に発表した等身大模型は世界的なニュースとなりました。

    ac293c99fc9b35e36db45ac16f3af8e8b9c9e6f6

    人類とは別の知的種族の姿として、インパクト抜群だったのです。

    当時は『ジュラシック・パーク』の発表前であり、ヴェロキラプトルのような小型肉食恐竜が知能溢れた動物であったというイメージが一般大衆になかったことも、「恐竜人間」のインパクトに貢献したかもしれません。


    ただこの復元模型、当時も今も様々な批判に晒されています。

    まず、トロオドンに無いはずの鎖骨があります。

    それどころか、卵生の爬虫類なのに臍があるのです。

    更に、人間のような直立二足歩行が進化の頂点とは限らないこと、トロオドンのような小型肉食恐竜は二足歩行する動物として完成されすぎていたということも挙げられます。

    もし恐竜が絶滅せずに文明を持つ知的生命体になったとしても、めちゃめちゃ頭がよくて道具も使えるヴェロキラプトルのような姿の方が、可能性が大きいかもしれません。更に、現在では恐竜の多くが羽毛を持っていたと考えられていますので、体毛にも覆われていることでしょう。



    ●ネタは週刊誌

    ディノサウロイドの模型の写真は一般ニュースとなり、世界配信されました。

    新聞記事どころか、週刊誌にすら写真が載っていたことを記憶しています。


    『藤子スタジオアシスタント日記』という漫画があります。藤子プロのアシスタントを務めていたえびはら武司によるエッセイ漫画です。

    この『名作秘話編』に、藤子・F・不二雄が一度だけ開催したマンガ教室の描写があります。

    ここで藤子・F・不二雄は、「この前描いた『ドラえもん』の話をする」ということで、「人間製造機」の回をどのように発想したかという話をします。

    ca7fa3ead3c95ee418352f57a928729a17be85e3

    「この週刊誌がヒントになっていたんだ」

    「?」

    「健康についてのページで人間の身体の成分がたまたま書いてあって

    身近な品物で材料ができないか? と考えてみて

    多少強引ではあるけど…」

    (中略)

    「マンガに出てくる赤ちゃん…

    これは……」

    「映画『悪魔の赤ちゃん』

    「あれもヒントなんだ」

    「週刊誌のネタをヒントに話を広げて行って…

    流行のものを上手くミックスするのがコツなんだ」


    つまり、藤子・F・不二雄は映画や小説だけでなく、週刊誌に乗っている話題を貪欲に自作にとりこんでいたのです。

    おそらく、本作に人類とは全く別の文明として恐竜人類を登場させたのも、一般ニュースでディノサウロイドを目にしたからでしょう。



    ●彗星衝突説と隕石衝突説

    本作の恐竜人類は、記憶の消去、次元転換、タイムトラベルを可能とする、地上人類よりはるかに進んだ文明を持つ知的種族として描かれています。

    彼らの最終目標は、タイムマシンで6500万年前に戻り、恐竜絶滅の原因を探り、回避することでした。

    つまり、ある意味で地上人類の敵なのです。


    しかし、恐竜人類は最初から最後まで、理知的な種族として描かれます。

    彼らは地上人類より優れた科学力を持っていますが、地上に進攻したり、侵略したりしようとはしません。6500万年前に戻り、恐竜絶滅を回避しようとするのも、恐竜絶滅は単なる自然現象ではなく、悪魔のような強大な力を持った宇宙からの侵略者が来襲したためと考えたからです。

    おっかない軍団長も、腹に一物持っていそうな祭司長も、実際は理知的で、悪人ではないことが最後には分かります。


    ゲストキャラクターとしてのび太たちと接するバンホーはどこまでも紳士的であり、不法侵入者であるのび太たち「子供」に最大限の配慮を行なう「大人」として描かれます。誤解からのび太たちと敵対することになっても、紳士的な態度を崩しません。

    バンホーの名は、騎士小説『アイヴァンホー』が元ネタでしょう。バンホーの妹ローの名前も、『アイヴァンホー』のヒロインであるロウイーナ姫からとられていると思われます。


    恐竜人たちものび太たちも、お互いをお互いの先祖の絶滅を図っていると誤解したことから、6500万年前の世界で大バトルが行われます。死人がでないように手加減をするのが微笑ましいのですが、竜の騎士団の物量とドラえもんのひみつ道具は戦力として拮抗し、ほとんどこう着状態に陥ります。


    しかし、そこに彗星が衝突し、大津波が襲来します。恐竜絶滅の原因は、宇宙からの侵略者ではなく彗星衝突という自然現象だったのです。


    現在、恐竜絶滅の原因は隕石衝突だと考えられていますが、本作で説明される彗星衝突と巻き上げられた塵や煤による寒冷化は、隕石衝突による恐竜絶滅とほぼ同じメカニズムです。


    しかも、本作が発表されたのは、チクシュルーブ・クレーターが恐竜絶滅の原因とされる隕石が衝突して形成されたクレーターとして有名になる数年前でした。にも関わらず、彗星衝突の地を北米としているのです。北米は恐竜化石の産地として有名だったので、クライマックスの場所として選んだのでしょうが、結果的にかなり正しい描写になりました。



    ●創世記テーマと話し合いによる和解

    恐竜絶滅の原因が自然現象だったことを知り、恐竜人とのび太たちは和解します。

    これまで、大長編ドラえもんの最後には必ずバトルが用意されていました。『宇宙開拓史』『魔界大冒険』のような血沸き肉踊るバトルだったり、『海底鬼岩城』や『鉄人兵団』のような絶望的な最終戦争だったりといった違いはありますが、必ずのび太たちが敵をやっつけることでバトルに決着がつきました。

    ところが、本作は初めて話し合いで解決するのです。

    3b6aa92f8654a2a18d8b45232b9ced418b29be5e

    白旗を挙げたドラえもんは、彗星衝突で起こったこと・これから起こるであろうことを、「コンピュータによるシミュレーションホログラム」という、およそドラえもんらしからぬ道具で説明します。この「シミュレーションホログラム」、つまるところパソコンとパワポです。パワポで今起こったこと・これから起こるであろうことを説明し、和解の手立てとするのです。

    本作は、ファクトとエビデンスを探すことで始まりました。そして、眼前で起こったファクトとエビデンスを提示し、どのように解釈するかが解決の契機となるのです。なんと科学的なお話であることか。


    これは、1986年当時の世界情勢が、東西冷戦末期の最高潮にあったことと無縁ではありません。藤子・F・不二雄なりに、異なる文明同士の戦闘が、ファクトとエビデンスを提示し、話し合いで解決する物語を作りたかったからなのでしょう。


    それにしても、解決の果てに恐竜を救う方法が、世界の創世に結びつくところが藤子・F・不二雄の独自性です。


    本作は、ドラえもんがひみつ道具を使うことで恐竜の一部を生き残らせ、それが恐竜人たちの先祖になります。『鉄人兵団』と同じタイムパラドックスが発生する結末ですが、読後感は180度異なります。

    bc66f839ff86ee5a550218d1524bd212213ea5a9

    「まことにあなたがたは神のお使いにちがいない」

    と、さっきまで敵対していた恐竜人たちがドラえもんにひざまずくシーンは、ギャグの一つではありますが、象徴的なシーンでもあります。



    以後、藤子・F・不二雄は「話し合いでの解決」を模索しつつ、創世記テーマへの拘りを深めていくことになります。



    (次回に続く)



    番組オリジナルグッズも引き続き販売中です。

    マクガイヤーチャンネル物販部 : https://clubt.jp/shop/S0000051529.html

    37ea03a476773bdbd72a6dc6526b106c5ba1ff0b

    新製品乳首ポケストップ Tシャツ

    e0fccfcde8bb13e37b1682d85d0ac5df2f71550e

    同じく新製品スーサイド・スクワッド Tシャツ

    e7a0cfcec74399c2e75f9623ff39cdb22c2d6752

    思わずエナジードリンクが呑みたくなるヒロポンマグカップ

     

    ……等々、絶賛発売中!



    本メルマガもニコ生の番組内容も、TwitterやFacebookやブログ等で話題にして頂けると、宣伝になるのでとてもありがたいです。常識の範囲内で引用やコピペや文字起こしによる紹介もして頂いて構いません。でも、全文コピペや全文文字起こしは勘弁な!

    Dr.マクガイヤー
    Twitter : @AngusMacgyer
    ブログ : 冒険野郎マクガイヤー@はてな

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マクガイヤーチャンネル 第138号 2017/9/27
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:Dr.マクガイヤー
         平野建太

    発  行:株式会社タチワニ
    and
    Special Thanks To 読者のあなた
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Copyright(C) AngusMacgyer. All Rights Reserved. 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    マクガイヤーチャンネル
    更新頻度: 毎週水曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥324 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。