• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

マクガイヤーチャンネル 第179号 【『ハン・ソロ』は面白いけれどちゃんと終わってない感じ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マクガイヤーチャンネル 第179号 【『ハン・ソロ』は面白いけれどちゃんと終わってない感じ】

2018-07-11 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マクガイヤーチャンネル 第179号 2018/7/11
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    おはようございます。マツダイラーです。

    先日の放送「最近のマクガイヤー 2018年7月号」」は如何だったでしょうか?

    一人でニコ生を行うのは久しぶりだったのですが、わりと喋りたいことを喋れて満足しております。

    『ブリグズビーベア』『カメラを止めるな』『オンリー・ザ・ブレイブ』は絶対観といた方が良いよ!

    あと、LDHにはマジでトム・クルーズ級のシネフィルがいると思いますよ。



    マクガイヤーチャンネルの今後の放送予定は以下のようになっております。



    ○7月28日(土)20時~「ゾイド大特集」

    2018年6月より、久しぶりの「ゾイド」新シリーズである「ゾイドワイルド」の展開がアナウンスされています。6/23頃から新しいキットが発売される共に、7/7より新アニメ『ゾイドワイルド』も放送されるそうです。

    ゾイドといえば昭和の一期と平成の二期それぞれで大人気を誇ったシリーズですが、いよいよ復活して三期目の歴史を紡ぐことができるのかどうか、メカボニカやスタリアスの頃から親しんでいた自分としては、気が気ではありません。

    そこで、これまでのゾイドの歴史を振り返ると共に、ゾイドの魅力について語る放送を行ないます。

    今回は主に昭和ゾイドについて語ることになります。

    ゲストとして、YouTube動画などで活躍しているじろす(https://twitter.com/jiros_zoids)さんに出て頂く予定です。

    虹野ういろう(https://twitter.com/Willow2nd)おじさんもきっとまた出てくれるよ!



    ○8月5日(日)20時~「ここがヘンだよ! 細田守と『未来のミライ』」

    7/20より細田守3年ぶりの長編アニメーション映画『未来のミライ』が公開されます。

    細田守といえば、「ポスト宮崎駿」と評されるアニメ監督の一人です。東映動画や日テレとのつながり、スタジオジブリへの「出向」、版権映画での「本家越え」、自身の製作会社の設立……等々、国民的アニメ映画監督候補としての「資格」にも事欠きません。

    そして同じく「ポスト宮崎駿」と評される新海誠と同様に、川村元気プロデューサーと組んで以降、作風に変化が生じた監督でもあります。

    そこで、これまでの細田守作品や細田作品の特徴を振り返りつつ、『未来のミライ』について解説する放送を行います。

    アシスタントとして編集者のしまさんが出演予定です。



    ○8月18日(土)20時~「俺たちも昆活しようぜ! 昆虫大特集」

    7/13~10/8まで上野の科学博物館で昆虫特別展も開催されます。

    夏といえば海に山に恐竜、そして昆虫! いま、昆虫が熱い!!

    ……というわけで、今年の夏のマクガイヤーチャンネルは昆虫を大特集する放送を行ないます。

    昆虫に詳しいお友達の佐々木剛さん(https://twitter.com/weaponshouwa)をお呼びして、昆虫の魅力について語り合う予定です。





    ○Facebookにてグループを作っています。

    観覧をご希望の際はこちらに参加をお願いします。

    https://www.facebook.com/groups/1719467311709301

    (Facebookでの活動履歴が少ない場合は参加を認証しない場合があります)



    ○コミケで頒布した『大長編ドラえもん』解説本ですが、↓で通販しております。ご利用下さい。

    https://yamadareiji.thebase.in/items/9429081





    さて今回のブロマガですが、ニコ生で喋った映画『ハン・ソロ』についてまとめのような文章を書かせて下さい。


    ●『ハン・ソロ』とは

    いきなり自分の話で恐縮なのですが、子供の頃憧れていたヒーローが3人います。

    マクガイバーとジャスピオンとコブラです。

    それぞれ『冒険野郎マクガイバー』『巨獣特捜ジャスピオン』『コブラ』の主人公なわけですが、ジャスピオンとコブラには共通点があります。どちらも宇宙海賊――ぶっちゃけハン・ソロをモデル(の一つ)にしているキャラクターです。組織に属さないアウトローで、(女性の)相棒がいて、宇宙船を駆って宇宙を駆け巡りつつ、軽口を叩きながら時に義賊的な行動をするところなど、そっくりです。時代劇や西部劇要素を含んだスペオペという点も共通しています。

    故に、『ハン・ソロ』を主役としたスピンオフ映画に、期待を通り越して当然という思いを抱いていました。そりゃ、今後100年「スター・ウォーズ」というコンテンツで商売していくなら作るでしょうよという感じです。しかも奇跡のように面白かった『21ジャンプストリート』『LEGOムービー』のフィル・ロード&クリス・ミラーが監督するというではありませんか。若きハン・ソロの三部作として作ったってええんやで!


    ……その後、監督交代の報に失望したものの、実際に鑑賞してみると、自分は大いに愉しみました。色々とおかしなところのあった『ローグ・ワン』より面白かったし、おっさん接待映画のような『フォースの覚醒』より満足しました。



    ●ハン・ソロのオリジンストーリーに必要なものは全部ある

    『ハン・ソロ』は、田舎の中途半端なヤンキーみたいな若者が「ハン・ソロ」と呼ばれる一流のアウトローになるまでを描く――ハン・ソロのオリジン・ストーリーとして作られています。

    だから、皆が「ハン・ソロのオリジン・ストーリー」に求めるものは全部あります。


    ・ハンがファルコン号をどのように手に入れたか

    ・ハンとチューバッカがどのようなきっかけで相棒となったか

    ・パーセクは距離の単位なのに「ケッセルランを12パーセク」とはどういった意味か

    ・ハンの銃はハンドガンなのにスコープがついているのは何故か

    ……等々がしっかり描かれます。ハンとチューバッカが二人とも裸になり、一緒にシャワーを浴びるシーンは、やはりこの二人は性(や種族)を越えた相棒なのだなという象徴的なシーンです。


    また、

    ・エピソード8でも出てきたファジーダイス

    ・狭い隙間を宇宙船を縦にしてすり抜ける描写

    ・”I know”や” I Have A Good Feeling About This”に代表される名台詞

    もきっちり出てきます。


    デジャリックホロチェスからモンスターが2体失われる描写や、オーラ・シングやテラス・カシへの言及は、マニアなら号泣といったところでしょう。


    これらは、オリジネイターであるルーカス以外が「スター・ウォーズ」作品を作るときに、「正統性」を担保する上で必要な要素だったりします。結局は公式による二次創作に限りなく近い作品なので、観客を納得させるための「正統性」が必要なのです。

    とはいうものの、デジャリックホロチェスの場面では「2手3手先を読め」とテーマに関わる台詞を吐かせたり、ファルコン号の船内でハンとキーラとがキスする部屋が『帝国の逆襲』でレイアとキスする部屋と同じだったりと、単なるファンサービスではなく映画の本質にきちんと絡めているものが多かったりします。

    更に、長年ファンをやきもきさせていた「ハンが先に撃った問題」に明確な解決を与えているシーンが、映画としてのクライマックスだったりします。

    ここいら辺、脚本を務めたカスダン親子に賛辞を送りたいところです。



    ●ハン・ソロよりもハン・ソロらしいベケット

    面白いのは、本作に出てくる若きハン・ソロはどことなくイノセントな部分を抱える若者で、我々がEP4~7で知っているハン・ソロ――皮肉屋で雑で時に無慈悲で時に情熱的なアウトローであるハン・ソロに近いのは、どちらかといえばウディ・ハレルソン演じるトバイアス・ベケットであるという点です。

    オビ=ワンがルークの師匠であるように、本作でベケットはハンの師匠として振る舞います。つまり本作は、田舎のケツの青い若者が「ハン・ソロ」という一流アウトローになるという映画なのです。「ソロ」という名前を得るシーンが象徴的に描かれるあたり、作り手はこのことに自覚的です。


    チョッキにブーツにガンベルトという服装、トントみたいな相棒、密輸業者という職業……元々ハン・ソロというキャラクターは「宇宙のカウボーイ」が発想の原点にあります。

    ルーカスは「ハン・ソロは神話的にはカウボーイであり、ジョン・ウェインだ」と語っていますが、本作で作り手が参照したのはジョン・ウェインに代表される正統派西部劇ではなく、マカロニ・ウエスタンやマカロニ・ウエスタン以降のペキンパーに代表される憂愁と殺戮と黄昏の西部劇です。

    だから常に画面は暗く、砂や泥や埃だらけの荒野をさすらい、苦みばしった顔で銃を撃ちます。


    最も影響を受けているのは『怒りの荒野』でしょう。

    『怒りの荒野』では、娼婦の子という生い立ちとゴミ清掃人という職業により、周囲から蔑まれているジュリアーノ・ジェンマ演じる若者が、リー・ヴァン・クリーフ演じる凄腕ガンマンに弟子入りするのですが、「ガンマンとしての10のレッスン」「師匠との対決」と、本作と共通する点が多々あります。

    『怒りの荒野』はタランティーノが大好きな映画の一つでもあり、『ジャンゴ 繋がれざる者』でも音楽や「レッスン」が引用されていたりしますが、『ジャンゴ』も本作も「名前を獲得する主人公」という点が共通していたりします。



    ●ハン・ソロよりもオトナなキーラ

    もう一つ印象に残るのは、ヒロインとして登場するキーラでしょう。

    映画の冒頭、故郷であるコレリアで初登場したときのキーラは、幼馴染であるハン・ソロに頼りきっていて、いかにもおぼこい田舎娘のようにみえます。

    ところが三年後、離れ離れになったキーラと再開すると、明らかに別人なのです。妖しく、美しく、ハン・ソロを通り越して、人間として女として成長していたのでした。

    キーラはいかにも犯罪組織の顔役っぽいポール・ベタニー演じるドライデン・ヴォスの情婦のようにみえます。おそらく、ハン・ソロと離れていた三年の間にドライデン・ヴォスと何回もセックスしているでしょう。

    しかし、ドライデン・ヴォスに頼りきっているようにもみえません。ある程度自立しており、隙あらばドライデン・ヴォスを裏切って、組織を離れたいようにもみえます。

    しかしこの信用ならない感じは、ハン・ソロにとっても同じなのです。


    ここで、本作がマカロニ・ウエスタン以上にフィルム・ノワールを参照していることが分かります。それも、男同士の友情よりもファム・ファタールが象徴する暴力と欲望に人生を狂わされ、どんどん破滅していくアメリカン・フィルム・ノワールです。

    キーラは若きハン・ソロにとってのファム・ファタールであり、イノセントなハン・ソロが暴力と欲望と破滅のアウトローに引き込まれるきっかけなのです。



    ●フィルム・ノワールとしてきちんと終わっていない『ハン・ソロ』

    というわけで映画『ハン・ソロ』はマカロニ・ウエスタンとフィルム・ノワールの融合という、シネフィルが泣いて喜ぶ通好みの映画になっています。ローレンス・カスダンはウエスタンとフィルム・ノワールが大好きで、『シルバラード』『ワイアット・アープ』『白いドレスの女』のような、西部劇やフィルム・ノワールを現代に復活させようという意気込みの作品を監督しています。もっといえば、『ドリームキャッチャー』は、「子供時代への郷愁」や「エイリアン」というファムファタールにより暴力や欲望や破滅の世界に導かれるフィルム・ノワールの変形ともいえます。


    ですが、そう考えると、本作の弱点というか少し物足りなく思ってしまう原因も分かります。


    一つは、画面が明るすぎることです。


    f4f66b3464e580522574aa40395106e397d3d0a4

    だって、フィルム・ノワールって、こんな感じ↑の極端なコントラストのついた黒い部分の多いモノクロ映画だから「ノワール」という名前がついたわけじゃないですか。


    09038966f0d2de29f6dea672358180f9c5619f62

    これは、モノクロ時代の西部劇やマカロニ・ウエスタンも同じです。

    色んな人が「画面が暗すぎる」といっているのですが、フィルム・ノワールということを考えると明るすぎると思いますね。『マッドマックス 怒りのデスロード』のような、白黒にしても遜色無い画面設計で撮るべきだったのではないでしょうか。

    そのような映画に、大金をかけて製作された「スター・ウォーズ」の新作にふさわしいほどの客が入るかどうかは別問題ですが。



    もう一つは、ハン・キーラ・ドライデンの三角関係をきちんと描く気がないところです。

    本作は終盤で力技にすぎるというか、おかしな展開が二つほどみられます。


    以下ネタバレ。





    たとえば、コアクシウムを奪ったベケットが、チューバッカを連れてドライデンの宇宙船から逃げ出します。

    この時、チューバッカは何故暴れて、ハンのために戦わないのでしょうか?

    これまでの「スター・ウォーズ」シリーズでは、自らの命の危険を顧みず、ハンのために暴れていたために、ちょっと不自然です。

    この理由は、どう考えても最後にハンとベケットの師弟対決を持ってきたかったからでしょうが、もうちょっとやりようがあったのではないかと思います。


    二つ目は、ドライデンを倒した後、キーラの促すままハンが先に船を降りたことです。

    ここで、キーラという女性の心中にはこの三年間で魔物が棲み、決定的に変わってしまったのだということが、ハンにも観客にもはっきりと分かります。これこそフィルム・ノワールであり、ファム・ファタールです。

    この後、ハンが再度キーラに会い、不幸な事故かなにかが起こって破滅的な結果を迎えなければなりません。具体的に書けば、ハンが死ぬとシリーズとして繋がらないので(フィルム・ノワールとしてはこちらの方が自然ですが)、キーラが死ななければなりません。

    しかし、映画はこのまま終わってしまうのです。えー! これで良いのか!?


    ベケットやキーラが死ぬことで、ハンの中の何かが死に、何かが生まれる――その結果、名も無き若者が「ハン・ソロ」というアウトローになる。本作は、そのような話だったはずです。

    しかし、ベケットの死は描かれても、キーラの死は描かれないのです。ダース・モールとか出してファンサービスしてる場合じゃないぞ! と思いました。

    ハンにとって大事な人が死ぬという展開を繰り返したくなかったのかもしれませんし、続編への布石かもしれません。ハンとキーラの決定的な不和や破滅は、観客の想像に任せることでお洒落に格調高く終わらせたかったのかもしれません。

    でも、エミリア・クラークが好演しているだけに、自分は残念に思いました。



    ●マイノリティとしてのL3-37とクラウドライダーズ

    一方で、本作には21世紀の映画らしい新しさもあります。

    自分がはっとしたのは、「スター・ウォーズ」世界のマイノリティをしっかりと描いていることでした。


    コアクシウム鉱山のある惑星ケッセルにて、ドロイドであるL3-37は奴隷として使役されているドロイドたちの制御ボルトをはずし、ドロイドたちを解放します。ここでL3-37はドロイド解放運動のリーダーとして目覚めるわけです。

    これは、明らかに黒人解放運動や女性解放運動のメタファーですが、「スター・ウォーズ」というコンテンツの中で描写されることに意味があります。


    自分は小学校低学年のころ、アメリカに住んでいたのですが、授業の合間に先生がこんな問いかけをしたことを覚えています。

    「もし君たちのクラスに肌が緑色の友達が転校してきたらどうする?」

    自分が住んでいたサンディエゴはリベラルな土地だったので、クラスの中には黒人が何人かいました。メキシコが近いので、メキシコ系というかヒスパニックもいました。当時、ベトナム戦争終結から10年経っていなかったので、ラオスからの難民に代表されるアジア人も自分以外に数人いました。

    そういったことを踏まえての「肌が緑色の友達」という言葉だったわけです。つまり、先生は普遍性のある問いかけをしたかったわけですね。


    SFは、このような普遍性を最大限活用できるジャンルです。これまで「スター・ウォーズ」は、単に宇宙を舞台にした時代劇や西部劇や戦争映画や海賊映画だったかもしれませんが、本作におけるドロイド解放運動家としてのL3-37は、とうとう「スター・ウォーズ」が一流のSFになった証かもしれません。



    もう一つは、クラウド・ライダーズの正体です。

    冒頭で敵として登場したエンフィス・ネスト率いるクラウド・ライダーズですが、終盤でマスクを脱ぎ、正体を明かします。彼らは犯罪組織ではなく、帝国に対する反乱軍として活動していたのでした。

    ここで、急な展開に戸惑う観客もいたかもしれません。冒頭で正体を明かしていればベケットの仲間たちが死ぬ必要なかったのにー、と思う方もいるかもしれません。

    ですが、この展開は『ワイルドバンチ』の終盤、主人公たちがメキシコ革命派に協力することを参照していると考えれば、納得だったりします。


    8429435da5ce25e94a345c0dd00d691fa8cea93d

    エンフィス・ネストを演じるエリン・ケリーマンが、ソバカスだらけの非白人(のようにみえる)ことも重要です。エミリア・クラークやデイジー・リドリーのような、誰でも理解できる白人の美人であってはならないわけです。


    1ed123ae1174778889609b53ccf49905bfcbd364

    おまけに、副官としてワーウィック・デイヴィス演じるウィーゼルまでいます。EP1と同じキャラとしての出演で、同じロン・ハワード監督である『ウィロー』の主人公だったわけですが、カメオ出演にしては印象的です。


    つまり、L3-37やクラウド・ライダーズが象徴するのは普遍的なマイノリティなわけです。これまでも「スター・ウォーズ」では非ヒューマノイドのエイリアンという形でマイノリティを描いてきましたが、ここまで物語に寄与する形で描かれたのは初めてではないでしょうか。

    あ、『クローン・ウォーズ』『反乱者たち』は除いての話ですよ!



    番組オリジナルグッズも引き続き販売中です。

    マクガイヤーチャンネル物販部 : https://clubt.jp/shop/S0000051529.html

    49289cf531ef944c6ed2dc94de51936d65a275fc

    新製品乳首ポケストップ Tシャツ

    bc4467bf8267daf7da5c36d5bd12bf575202de61

    同じく新製品スーサイド・スクワッド Tシャツ

    ce1a585973bcaa96ebce8708696e174421d0e0ac

    思わずエナジードリンクが呑みたくなるヒロポンマグカップ

     

    ……等々、絶賛発売中!



    本メルマガもニコ生の番組内容も、TwitterやFacebookやブログ等で話題にして頂けると、宣伝になるのでとてもありがたいです。常識の範囲内で引用やコピペや文字起こしによる紹介もして頂いて構いません。でも、全文コピペや全文文字起こしは勘弁な!

    Dr.マクガイヤー
    Twitter : @AngusMacgyer
    ブログ : 冒険野郎マクガイヤー@はてな
    Facebookグループ : https://www.facebook.com/groups/1719467311709301/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マクガイヤーチャンネル 第179号 2018/7/11
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:Dr.マクガイヤー
         平野建太

    発  行:合同会社Tetragon
    and
    Special Thanks To 読者のあなた
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Copyright(C) AngusMacgyer. All Rights Reserved. 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    マクガイヤーチャンネル
    更新頻度: 毎週水曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥324 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。