• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

トランプ、トヨタがメキシコで建設するカローラに高額関税を課すとツイート。トランプは金融機関等既成勢力批判で当選。しかしトランプ政権は史上で最も激しい富豪内閣。この中、トヨタが処理間違えると格好の標的。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

トランプ、トヨタがメキシコで建設するカローラに高額関税を課すとツイート。トランプは金融機関等既成勢力批判で当選。しかしトランプ政権は史上で最も激しい富豪内閣。この中、トヨタが処理間違えると格好の標的。

2017-01-06 20:06
  • 3

電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

1:トランプは極めて重要なツイートを行った。

「トヨタはメキシコ、バハで新工場を作り米国向けカローラを作るという。許されない(NO WAY!)、米国で工場建設するか、高額国境税を払うかだ」。

Toyota Motor said will build a new plant in Baja, Mexico, to build Corolla cars for U.S. NO WAY! Build plant in U.S. or pay big border tax

2:トヨタは2015年4月メキシコのグアナファット州にカローラを生産する工場を10億ドルで新設すると発表し、16年9月にメキシコ北部バハ・カリフォルニア州でピックアップトラックの生産を増すと発表した。

 バハについて事実誤認がある。

3:しかし、問題はメキシコで生産した自動車を北米自由貿易協定の枠内で、対米輸入をするのを

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
日本人は、指摘されている問題に対し、すり替えをしてしまう。トヨタの例は、的を得ている。

すでに雇用している13万6千人の米国に対する貢献と、新設するメキシコ工場の稼働を並列的に見て、13万6千人の雇用で、トランプ氏に脅しをかけているようにも見える。これが日本流の交渉の仕方である。
トランプ氏は、既雇用者と新規雇用者は別次元で考えている。トランプ氏の考え方を正確に把握しているとは思えない。この問題が大きくこじれる前に解決すると思うが、トヨタが、日本流の考え方に固執すると、基地問題と同じように、トヨタ工場を米国から排除する方向に動くことも予想される。日本、中国から受けている雇用に関する被害者意識はかなり高いと見ないと、判断を間違えることになるのでしょう。
3ヶ月前
×
米国や日本の先進国が金融と軍事に特化し、一般産業を自由放任にすれば、失業は恒常的になり、人々の生活は困窮することになる。トランプは経済の基本原理を弁えている。これでTPPの廃絶は間違いない。国民に全くその本質を教えることなくさっさと独裁断行した安倍政権のTPP批准は宙に浮こう。日本国民の多くにとって実に幸いなる傾向が労せずして生まれる。この路線でトランプに頑張って貰いたい。
3ヶ月前
×
この問題がまず米国との間で起きたのは大変良いことだ。
日本人は相手が米国なら冷静に対処できるから。

もしも習近平が、ベトナムで生産したものを,,,などと言い出したら
どうするか考える予行演習になる。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。