• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

元内閣法制局長官・阪田雅裕氏は改憲私案を発表。我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生時には、武力行使をすることができる」。自衛隊を米軍に提供することを憲法で担保することを明記。まさに米国、安倍政権の狙いそのもの。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

元内閣法制局長官・阪田雅裕氏は改憲私案を発表。我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生時には、武力行使をすることができる」。自衛隊を米軍に提供することを憲法で担保することを明記。まさに米国、安倍政権の狙いそのもの。

2018-02-09 08:02
  • 22

元内閣法制局長官・阪田雅裕氏は、朝日新聞に憲法改正私案を発表した。本人は「この案を与党は受け入れることは難しいでしょう」と述べているが、まさに与党として必要とみなされるものを充足している。いわゆる「加憲」論者達への有力なプレゼントになる。

先ず彼の案を見てみたい。

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

4 前項の実力組織は、国が武力による攻撃をうけたときに、これを排除するために必要な最小限度のものに限り、武力行使をすることができる。

5 前項の規定にかかわらず、第三項の実力組織は、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他12件のコメントを表示
×
>>8
例えは少し品格を欠くが、米国のごく一部の好戦派の強面どもの情婦みたいな国が北朝鮮と同等の権利を持つ。冗談でしょう。「昔、軍部、今、ネオコン」たる日本の実情を良しとする親米右翼は今のままでいけば、日本を二度目の破滅に向かわせることになることが分からない愚か者と言うべきか。
6ヶ月前
×
>>12
しがみついてはいませんよ。米国の軍事的暴走にブレーキを掛ける制動器具として重宝に思っているのです。勿論、地位協定には大いに不満です。安保条約は私が首相になれば破棄します。軍事基地も撤退して貰います。フィリッピンがやったみたいにね。
6ヶ月前
×
>>13
愚か者は、あなたたち反米勢力を言うのでしょう。反ネオコンでありながら、憲法護持という。全くおかしなことことを言う人たちだ。ネオコンは憲法で日本を縛り付け、自分たちが買ってほしい兵器を、思い通りの値段で売りつけているのですよ。
反ネオコンなら、憲法改正して、日本が欲しい兵器を、性能と価格合わせして購入すべきものでしょう。論理破綻していることもわからず、ネオコンを批判している。
6ヶ月前
×
>>13
どうしてあなたは、「あなたと話したくない」というわたしの明言を無視してわたしに話しかけるのですか?
嫌だとはっきりと言葉に出している人の気持ちすらわからない、あなたのような低劣な人格が、沖縄人の気持ちがわかるのはずがないとおもうのですけど?

それに、日本や米国がいくらひどい国でも、だからといって自動的に北朝鮮が良い国になったりしないんですよ。たったそれだけの真実がわかりませんか?
6ヶ月前
×
>>16
なんだか、あなたの言い分は滅茶苦茶ですよ。北朝鮮が良い国なんて言ってませんよ。「低劣」とか感情的な文言しか言えない。もっと勉強しなさい。米国の歴史、東アジアの歴史を勉強しなさい。
6ヶ月前
×
>>15
憲法護持がネオコンの痛いところだ。そんな簡単な論理が分らないあなたは一体何者ですか。
6ヶ月前
×
>>18
孫崎さんも、ここで、ネオコンは憲法護持の方が好ましいといっていますよ。都合の悪いことは、何も見ていないのですね。全くあなたは、愚かな人としかいようがない。私は、日本人一庶民ですよ。何か不都合がありますか。
6ヶ月前
×
>>17
めちゃくちゃなことに言い返したら、めちゃくちゃなことになるのかもしれませんね。
とにかく、心からのお願いですからわたしにかかわらないでください。
6ヶ月前
×
>>15
呆れた、
日本国憲法のどこに、兵器は米国からしか買ってはいけないと
拘束する条項があるのですか。
6ヶ月前
×
>>21
「呆れた」は、同じ心境なのです。あたりまえのことで、物事を見る視点の立ち位置が違えば、お互いに異世界のことのように思えるのです。あなたを含めて、反撃というか、追求というか、私を追い詰めようと必死に攻撃しようとするのはよくわかります。思いはわかりますが、視点が異なりますから、いつまでたっても交わることがありません。平行線を歩むだけです。
意気込んで追求しようとする気持ちをわからないでもありませんが、憲法ってどういうものか読んでいると思いますが、骨格を規定しているものであり、細かいところを規定するものではありません。入口が全く違っているので、すれ違うだけで、参考になりませんが、私の視点でいえば、次のようになります。

日米同盟を深化させ、日米安保を日常的に運営していけば、兵器の購入は日常的行動になりますが、2+2などで軍備軍事方針が合意された中で行われることになり、主要兵器などは,機密性を確保するため、米国製を購入することになるのは当たり前のことです。ロシアの兵器は、製造技術、品質基準などを含め購入しても違った対処が必要になるし、まして補修とか補修部品の購入で、スムーズに進むことは考えられない。民生品を購入するように気軽にできるものではありません。米国との一体的防衛であれば,機密保持は至上命題です。
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。