• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

森友問題の本質は安倍首相の関与でしょう。英国紙ガーディアンは12日「安倍夫人がえこ贔屓スキャンダルに関連し、安倍晋三の政治的将来は疑問」日本のメディアは何故これを正面に据えぬのか。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

森友問題の本質は安倍首相の関与でしょう。英国紙ガーディアンは12日「安倍夫人がえこ贔屓スキャンダルに関連し、安倍晋三の政治的将来は疑問」日本のメディアは何故これを正面に据えぬのか。

2018-03-13 17:17
  • 7

 英国紙ガーディアンは12日「安倍夫人がえこ贔屓スキャンダルに関連し、安倍晋三の政治的将来は疑問(Japan: Shinzo Abe's political future in doubt as wife linked to cronyism scandal)との論評を掲載。その要点

・財務大臣が安倍夫妻への言及の記録の改ざんしたことを認めてから、スキャンダルは異常な熱狂を帯びている。

安倍首相は全政府に対する信頼を損ねる、お詫びすると述べた。

安倍首相は公共の土地が右翼学校に廉価で売却することに、自分ないし夫人が関与していれば辞職すると述べている。

財務大臣は公的文書が改ざんされたことを認めた。

原本には、安倍夫人が「いい土地ですから、前に進めてください。」と記載されていたが国会提出文書から削除された。

更に原本では安倍首相の日本会議への支持が記載されている。

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
まったく、その通りです!
5ヶ月前
×
安倍さんは、「私の奥さんが関与していたら、私辞めます」と言いました。しかし、そうならない。そして、憲法を戦争憲法にに換え、北朝鮮を限りなく攻めようとしている。やはり、精神的疾患を疑うべきですよ。普通じゃない。マスコミも壊れて居る。自民党も壊れて居る。国の形も壊れて居る。これらを治すのにはコストが掛るよ。
5ヶ月前
×
森友問題は、安倍首相による政治の私物化である。
嘘をついていたのは籠池理事長ではなく、安倍晋三だったのだから、検察は小沢一郎の時のように、速やかに安倍晋三を逮捕すべきだ。
そして、すでに200日以上も拘束されている篭池氏を釈放しなくてはならない。
5ヶ月前
×
元国家公務員としての矜持と責任感をもたれている孫崎さんが、堂々と言論で悪の権力に批判をなげかける。
他に、民衆には悪に対抗する手段がない、いつのまにかそういう国家社会になっている、あるいは、されてしまっている。
言論しかない。細い道だが、これをあきらめたらおしまいだ。
実際、孫崎さんがくりかえし朝日新聞の安倍寄りの姿勢を批判し続けてきたことが、今回の朝日のスクープに結びついた可能性だって考えられる。批判し続けること、あるいは、黙らないこと。何よりも騙されないこと。暴力を憎むこと。それが人間の条件だ。悪は人間性を打ち砕くべく、あちこちに待ちかまえている。悪は、きわめて理性的に暴力を実行する。その姿を毎日、TVが映し出し、青年もこれを観ている。悪が勝ち誇り、庶民を騙し、そっくりかえる姿に憧れを覚える者もいれば、悪の使いぱしりが結局は切り捨てられるのを観て、恐ろしさにうちふるえる者もあろう。
5ヶ月前
×
日本の問題は、日本人の問題であるが、これほど日本人以上に興味を示し、日本の一般紙が正面に据えないという日本の国内問題を深く取り上げる英国ガーディアン紙とは、どういう新聞なのか。調べてみると、労働党系(中道左派、リベラル)に分類され、2005年34万部、2011年26万部、2017年15万部というように、読者が激減している。英国で読者が激減し、政治的混乱を利用して日本の読者を増やそうとしているのであろうか。日本でも、赤旗の読者が高齢者に偏り、減少傾向にあるが、英国も同じ現象が出ているということなのでしょう。
5ヶ月前
×
>>5
なるほど、だからなに?
今日の話題は紙メディアの衰退の話なのかな。

ガーディアンと赤旗を同じまな板に乗せるなんて
あなた、だいじょうぶですか。
5ヶ月前
×
>>6
ご心配ありがとう。元気ですよ。
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。