• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米「核廃棄まで圧力」 段階緩和拒む方針 「過去の対応、誤り」。米国は「完全、不可逆的で検証可能な非核化」を求める。これは北朝鮮の安全には深刻、簡単に手放せない。見返りに米国が北朝鮮を攻撃しない保証を出しうるか。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米「核廃棄まで圧力」 段階緩和拒む方針 「過去の対応、誤り」。米国は「完全、不可逆的で検証可能な非核化」を求める。これは北朝鮮の安全には深刻、簡単に手放せない。見返りに米国が北朝鮮を攻撃しない保証を出しうるか。

2018-04-24 09:49
  • 17

A:事実関係

米「核廃棄まで圧力」 段階緩和拒む方針 「過去の対応、誤り」 対北朝鮮(朝日)

トランプ米政権は22日、北朝鮮が宣言した核実験とミサイル試射の中止だけでは、経済制裁緩和などの見返りを与えない方針で米朝首脳会談に臨む考えを明らかにした。カナダのトロントで始まった主要7カ国(G7)外相会合にあわせ米政府高官は、核開発の凍結や宣言だけで段階的に見返りを与える過去のやり方は誤りだったと強調。北朝鮮が実態のある核は息を守るまで「最大限の圧力をかけ続ける」と語った。

22日のG’外相会議の席上、サリバン国務長官代行ら米側は先ず、北朝鮮が20日に示した核実験とミサイル発射の中止を「歓迎する」意向を示した。一方で、「過去の同じ過ちを繰り返さない」と指摘した上で、「我々はまず最初に北朝鮮の実体ある非核化を求めている」と強調した、

過去の米政権は、核危機の緊張を回避するため、

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他7件のコメントを表示
×
>>4
わたしも最近まではあなたのおっしやる最終的解決、
今のまんま、に落ち着くのだろうと思っていましたが
現在は少し違う見方になってきました。

キムジョンウンの中国訪問。
それに対してこれまで北に冷淡だった習近平の熱烈歓迎。

完全に風はキムジョンウンに吹いています。
以前はわたしは米国にとどくICBMの凍結が取引材料になると
思っていましたが、北はそれすら手放さず米国との平和協定を
得るかもしれません。

それは日本にとっても好都合です。
日本にとどく核ミサイルを持っているならば、かならず
米国にもとどくミサイルを持っていてもらわなければ日本の
安全は、米国の戦争屋どもに「北朝鮮」との戦争に伴うコストだと
計算されかねません。

「小学生」は日本が数百万の死者を出して自分も死んでもかまわない
ようなことを言っていましたが、彼が日本人かどうかは疑わしい
と思いますね。


2ヶ月前
×
>>8
なしさんには小学生でしょうが、私には幼稚園児なんです。あなたの「北朝鮮との戦争に伴うコスト」は素晴らしいキャッチコピーです。馬鹿な東欧諸国が、いくらプーチンさんが「てめーら、米国のコストだよ」と言われても、その支配層はお金と猥褻に目が眩んで聞こえないふりしてます。中国も北朝鮮も紳士だから日本にはそこまでは言いません。もうそろそろ言ってもいいんだろうと思いますが。日本のメデイアが正しく翻訳するかは分かりません。
2ヶ月前
×
>>9
ちょっと先日ウクライナの盗まれた金の話を書きましたが
わたしは政権の座を盗んだウクライナの売国奴政治家の
了解があったに違いないと睨んでいます。

祖国のなけなしの富と引き換えに米国から政権につけてもらった
あげくたんまりキックバックをもらったことでしょう。
2ヶ月前
×
>>10
私もそう思っています。東欧諸国は米国の州になってしまっています。日本も東欧諸国と全く同じstatusだと思います。州政府には金塊は必要ありません。
2ヶ月前
×
>>3
米英仏のシリア攻撃に対する、ロシア連邦とボリビアが
提出した攻撃非難の国連決議案は否決。
賛成したのは3カ国。

内訳は提出国のロシア連邦、ボリビアに加えて中国。

中国という国は、米国やその取り巻きが悪事をはたらいても
自国に関係なければ、通常棄権することが多い。
米英仏は衝撃を受けたと思われる。

ご参考までに。
2ヶ月前
×
>>12
それがどうしたの。シリアの問題を議論すれば、さまざまに議論ができる。国際社会の大問題です。孫崎さんが何故一切取り上げないかに視点を置くべきでしょう。今回は2か国ではあまりもかわいそうだから、大国中国がロシアに名義貸ししたぐらいのものでしょう。ショックとは程遠い。
2ヶ月前
×
>>13
これをショックとは程遠いなどと言っていてはいけません。
小さな、目立たない報道でしたが、したがってこのことに
コメントする識者など皆無ですが、重大な情報は活字の
大きさや文字数とは無関係の場合もよくあります。

中国の米英仏非難決議への賛成は今後のシリア情勢に大きな
影響を持つと思います。

わたしの個人的な見解ですが、米英仏は、これが最後とは
限らないぞ、と高圧的な発言をしていますが、しかし

これが最後でしょう。
少なくとも英仏は。

米国はなぜ今回一人でやらず英仏を巻き込んだのか。
言うまでもなく、国際法的にも道義的にも問題大有りの
行動ですから、一緒にやってね、となったわけです。

ショックとは程遠いなどと本気ではないでしょうね。

絶対避けたい米英仏vs.中露の構図ができてしまったのに。
2ヶ月前
×
そもそもロシア連邦は否決されることがわかりきっている
米英仏非難決議をなぜ出したのか。
赤っ恥をかくのが趣味なのか。

言うまでもなく中国賛成の衝撃を米英仏とその取り巻きに
突きつけ、衝撃を与えるためです。
2ヶ月前
×
>>15
どのように解釈しようとあなたの自由です。根本的に世の中を見る目が違いますから、私に突き付けても無意味です。間違えないでいただきたいのは、あなたが言っていることが間違いということではありません。
2ヶ月前
×
>>16
残念な人ですね。
3で書いたあなたのコメントは中国はこの問題でロシア連邦
及びシリアの側に立ったということをあなたがまだご存じないことを
強く示唆していたので、とても小さな報道をたまたま目に留めた
私が教えて差し上げたつもりだったのですが。

有益だったと言ってもらえるものとばかり...

残念な人だ...
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。