• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

日朝国交正常化推進議員連盟有識者ヒアリング骨子「何故、完全で検証可能、不可逆的な非核化(CVID)が米朝首脳会談の基本姿勢にならなかったのか。トランプは核廃絶を目指したわけでない。開催圧倒的支持の世論に対応
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日朝国交正常化推進議員連盟有識者ヒアリング骨子「何故、完全で検証可能、不可逆的な非核化(CVID)が米朝首脳会談の基本姿勢にならなかったのか。トランプは核廃絶を目指したわけでない。開催圧倒的支持の世論に対応

2018-07-12 07:34
  • 5

(1) 今日トランプ政権の安全保障関係の色分け。

 会談に積極派―ポンピオ国務長官

 会談に消極的―ペンス副大統領、ボルトン国家安全保障担当補佐官

 中間派 -マティス国防長官

 会談に積極的と言われるポンピオ国務長官ですら、「完全で検証可能、不可逆的な非核化(CVID)」が受け入れられる唯一の結果だ」と主張

(2)米朝首脳共同声明。

「 トランプ大統領は北朝鮮に安全の保証を与えることを約束し、金委員長は朝鮮半島の完全非核化への確固で揺るぎのない約束を再確認した。

トランプ大統領と金委員長は次のことを言明する。

① 米国と北朝鮮は、両国民が平和と繁栄を切望していることに応じ、新たな米朝関係を確立すると約束する

 ⓶ 米国と北朝鮮は、朝鮮半島において持続的で安定した平和体制を築くため共に努力する

2018年4月27日の「板門店宣言」を再確認し、北

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
孫崎享のつぶやき
更新頻度: 不定期
最終更新日:2018-07-17 08:37
チャンネル月額: ¥108 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

×
外交官は、諸情勢の分析方法と分析力が絶対的必要条件ということでしょうか。

また、トランプ大統領のように、政治家は、イデオロギーでなく、また、経済的利益でなく、民意の吸収がすべてであり、民意をつかむことによって自ずから、政治的信念が明確化されていくのでしょう。

諸情勢をよく観察し、諸情勢を体として、思考回路を巡らせていく必要性を実感できる。読者に迎合しないこのようなご投稿によって、孫崎さんの本来的分析方法と分析力を考察していくべきなのでしょう。
1週間前
×
米国支配層の敵は歴史的にころころ変わってきている。

フランクリン・ルーズベルトの時代は国内の共産主義者だった。組合指導者にはユダヤ人が多くロックフェラーやフォード氏らは暴力を用い弾圧した。ユダヤ人は赤だと非難されていた。ルーズベルト大統領は社会不安を克服するためにニューデイール政策を敢行した。

ジョン・ケネデイーの時代は国内の平和主義者、反戦主義者が敵となった。今の米国の敵は国内には無く、海外に求められて久しい。敵として認知されているのはずばり「買収されない国」と言えよう。その証拠として、ウオルフォウイッツドクトリンがある。ブッシュ以降の歴代大統領はそのドクトリンに従っている。

ポンペオはCIA出身だから専門的に買収に携わって来ている。北朝鮮と協議をし、何とか潜り込み、北朝鮮指導層を買収し手なずけたいに違いない。ポンペオは金正恩に「ベトナムみたいになれ」と言っているようだが、果してそうなるかは眉唾。

日本の新聞は決して書かないが、北朝鮮が狙っているのは朝鮮半島の連邦化だと私は睨んでいる。その構想をロシア、中国、米国に認めて欲しいということだ。その構想では韓米軍事条約の廃棄が条件となる。であれば、完全非核化は北朝鮮にとって全く問題ない筈だ。

問題は、強欲な覇権主義が米国の支配層の憲法だから、この構想の受け入れは難しいということだ。強欲な覇権主義が米国人民の意思により変更されない限り朝鮮半島の睨み合いは続くだろう。
1週間前
userPhoto
p_f
×
>「トランプは世論動向を見て行動する」

民意を汲んだ政策を採る-即ち理に適った民主的な側面もあることになる。
ただし、先日ご指摘の通り、大きく分断されている米国の片側だけ、つまり自らの支持層の「気分」重視。
「通常の頭を持つ」他国のリベラル派から見れば、この層は自己中で目先の損得しか考えていない。
結局、トランプは民主的な政治をする意志など別段持合わせていない。
しかし、日本に置き換えれば、トランプ「首相」なら民意に沿って原発も止める、米軍基地も無くす、等々の方向に舵を切るということだ。だが、問題はトランプ云々でなく、米国は主権を行使できる国だが日本はそれができない-アベが首相になって完全ケツ捲くり状態でそれが微動だにしなくなった。

>(2)軍産複合体の巻き返し

トランプが「世論本位」行動を進めるにしても、果たしてこの連中はそれを ただ指を咥えて見ているだけだろうか。
連中が干上がらないためには、何が何でも世界中で武力紛争/戦争を続ける必要がある。
必ず偽旗工作を画策し、「我々の説得も限界だ。もはや残された選択肢は軍事オプションだけだ」とかなんとか、あっさりアナウンスすることも十分アリだろう。

> 5:日本の選択

孫崎さんのご助言を謙虚に聞く耳は、アベ一味には もちろんのこと、今の外務省にも全く無い。
(天木直人氏メルマガ「週刊ポストが教えてくれた、やはり崩壊していた外務省組織」)
1週間前
×
米朝会談後、北朝鮮からの緊張は緩和しているのだろうか?
米韓軍事演習は少なくとも今回は中止になったが、北朝鮮はそれにこたえてなんら緩和に資する行動をとっていない。孫崎さんの議論のように、米国側が先に緊張をつくりだしているというのは、詐術でなければ極端に北朝鮮側にたった議論であり、常識的には今度は北朝鮮側からの行動が必要なところだ。

北朝鮮はみずからはなにも出さないで、米国からさらに求めているのであって、核を持つ前と変わらぬ、いつもの乞食国の姿がそこにある。

北朝鮮の核保持を認める論者(猪八戒教信者)は、いつも、北が核保持をすれば北にとってなにかいいことがあるような口ぶりだった。いま、米国は少なくとも暫定的には北朝鮮が核保持するのを認めているが、北にとってなにかいいことが実際におきただろうか?

もしかして、まだ核の量や質が足りないのだろうか。やはりICBMやSLBMの開発くらいは最低でも必要なのではないだろうか?以前ここで指摘したことがあるが、核兵器はもてば終わりではなく、持ってからさらに、維持や改良にまだまだ終わりなき道が続く。しかし米国がそれだけは許さないことがはっきりしたいま、おきていることは、「(いま程度の)核さえ持てば米国に対抗できる」という素朴な議論が否定されていることを表しているのではないだろうか。

(いま程度の)核がなければ何ができないか考えてみる。

連邦制樹立はもともと六者協議のなかでゆるやかにできていたはずだが、いまや南には親北政権が樹立されて(それ自体に濃厚な北の工作があるが)、南の国内を北にとってつごうよく変革しており、現時点では六者協議の枠組みすら不要で、南北が共同宣言すればすむ話。米国も実際には邪魔はできず、南が要求すれば米韓軍事条約も在韓米軍基地も無くすしかない。必要なのは南の決意であり、北の核ではない。

米国から北への斬首作戦やそれに類するピンポイントな攻撃の可能性は核がない場合増えようが、それも南が反対する限りは現実的ではない。なお、そもそも金王朝でないほうが北の人民は幸せだろう。つまり斬首作戦に対抗するのは金正恩の我欲にすぎない。

対中国として核を持つ意味は、北の核の裏の意味としてたしかにあったが、いまや金正恩は習近平のケツナメに転じた。中北関係は今後も波乱含みだとおもうが、北に核があるということ自体が、米中関係のコマに使われる可能性も高く、決して北にとって対中独立を意味しない。

結局、(いま程度の)北の核は、金正恩の我欲に加えて、日本を脅したり、無くす無くす詐欺をしたりで、日本からより多額のカネを出させるという意味くらいしかない。(あとは朝鮮人によくみられる夜郎自大感情を満たすのだろう)。北は、トランプだろうが産軍複合体だろうが、いずれにせよ米国のコントロールの下だ。

これでも北の核を肯定するヒトビトは、(反米感情が結果的に満たされるわけでもないのに)金正恩の我欲および日本が恐喝されることをよろこんで肯定しているのだから、アタマの腐った猪八戒教信者ということになる。

自分の未成年の娘が誘拐された親は、相手に娘の返還、謝罪、賠償、刑事罰を望むだろう。それが他人の娘で、誘拐したのが金王朝になったとたん、謝罪も賠償も刑事罰も問題にせず、返還がうまくいかないからといって自国政府を責め始める。こういう傾向のあるヒトビトは、猪八戒教信者のなかでも単なる信者ではなく、まことに高位信者というべきだ。
1週間前
×
朝鮮戦争のころには、中国も核をもっていなかったし、金日成は米国が核兵器を使うことが怖かっただろう。さらに、一時は韓国侵略が完遂できそうだったのに、補給基地としての日本のおかげで国連軍の反攻を許してしまった。

このふたつの問題を同時に解決できる手段として金日成は核兵器を欲しかったのであろう。

いま、兵器はおおきく進化し、たんに米国が北朝鮮をミサイルで攻撃するだけなら、空母も潜水艦もあるので補給基地としての日本は不要である。(米国にとっての日本の意味も朝鮮戦争当時とは変化している)。

北朝鮮は、かりに核を持てても、米国にまで届く核は米国は許さない。そのことが米朝会談ではっきりしたのではないか。そうだとすれば、北朝鮮が(いま程度の)核を、人民の民生も福祉も犠牲にしてもつ意味とはなにか。

孫崎さんは、はっきりと答えなければならない。孫崎さんも容認してきたひとりなのだから、その責任があるだろう。
1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。